インドネシア パーム油価格

Posisi Harga Komoditas pada Penutupan Bursa & Pasar Fisik
Tgl. 29 November 2017 untuk penyerahan bulan Desember 2017

CBOT soy bean, @bushel USCents 992
Soy oil, @pound (lb) US Cents 34.03

EU mkt, palm oil crude, Ina/ Msia orig, cif Rott., @ton US$ –
RBD Olein, Msia orig, fob Msia, @ton US$ –
PKO, Ina/ Msia orig, cif Rott., @ton US$ –

Bursa Malaysia Derivatives (BMD), CPO @ton MYR 2,468 (-2)
Bursa Komoditi & Derivatif Indonesia (ICDX), CPO @ton IDR 8,760(-5)

Bursa Berjangka Jakarta (BBJ), RBD Olein @kg IDR 9,555 (-35)
KPB Nusantara, CPO, Delivered Mdn/Dmi, @kg IDR 7,944 (-6)

Sicom, fob @kg, TSR20 USCents 142.00, RSS3 USCents 156.50

Kurs tengah, @US$, MYR=4.086 (=Rp3,307.51), IDR=13,515.50

[1 bushel = 36 Li, 1 lb = 0,453592 kg]

海水冷却から空冷に変更 石巻・木質バイオマス発電所

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171129_13041.html 巻のバイオマス発電所は当初、取水した海水を使ってタービンを回す蒸気を冷やした後、取水時より水温が7度ほど高くなった海水を再び海に戻す計画だった。計画では、1日当たり34万トンの温排水が海に流される見込みだった。  温排水が漁場や養殖に与える影響について、漁業関係者から懸念する声が上がっていた。同社は「宮城県漁協と協議し、地域との共生を重視した」と話す。空冷方式では一般的な浄水の排水だけになるという。    県条例に基づき同社が11月29日に縦覧を始める環境影響評価(アセスメント)方法書によると、発電所建設地は県が分譲する工業用地を想定。燃料は輸入した木質ペレットとパームヤシ殻を使う。2019年1月に着工し、22年6月に運転開始の予定。全量を東北電力に販売する。

マレーシア・パーム油〕反落=他の植物油安に追随(27日)

https://minkabu.jp/news/1411176 週明け27日のマレーシア市場のパーム油先物相場は反落し、約4カ月ぶり安値を付けた。シカゴ商品取引所(CBOT)と中国・大連商品取引所の食用油相場安に追随した。  トレーダーらによると、生産の伸びが予想を上回ったことや、テクニカルな売りもパーム油相場を押し下げた。  2月きりの清算値は1.6%安の1トン=2589リンギ。一時は7月25日以来の安値となる2565リンギを付けた。

マレーシア・パーム油〕反発=原油高・リンギ安(24日)


24日のマレーシア市場のパーム油先物相場は反発して引けた。原油相場高とマレーシア・リンギ安に押し上げられた。
 2月きりの清算値は0.8%高の1トン=2630リンギ。今週を通じては3.1%安と、週間ベースで2カ月ぶりの大幅下落

FIT算定委員会、バイオマス発電に入札制、燃料に第三者認証


FSCなど第三者認証を求める

 バイオマス油脂(パーム油など)については、制度開始当初、想定しておらず、一般木材バイオマスに比べて「資本費が低く、燃料費が高い」というコスト構造の大きな違いがあることから、「別区分を設定すべき」とした。

 また、「一般木材等」区分の認定基準に規定されている「燃料の安定調達の確保」に関し、確認方法の見直し案が示された。変更点は、輸入材については、国内商社などとの安定調達契約書だけでなく、「現地燃料調達者との安定調達契約書を確認すること」、パーム油については木材同様、持続可能性(合法性)の確保の観点から「第三者認証による確認」が必要とし、これらの変更は既存案件にも適用すべきとの方向性が公表された(図3)。

図3●「燃料の安定調達の確保」「持続可能性」の確認手段
(出所:経済産業省)
[画像タップで拡大表示]

 木材に関してはFSC認証、パーム油に関しては、RSPOが例示された。こうした木材やパーム油の生産時における認証に加え、認証品が保管・物流・加工段階で他の未認証品と区別・管理されていることを確認するサプライチェーン認証の必要性も例示された。

 加えて、未稼働案件を防止する観点から、既存案件については、設備発注期限を認定日から2年、新規案件については認定日から4年を運転開始期限とする案が示された。また、石炭混焼バイオマス発電がFIT期間終了後に石炭専焼火力発電に転換することを防ぐ対策として、「バイオマス発電事業継続の確認」を行う案も提起された。

Posisi Harga Komoditas pada Penutupan Bursa & Pasar Fisik, 21 November 2017

Posisi Harga Komoditas pada Penutupan Bursa & Pasar Fisik
Tgl. 21 November 2017 untuk penyerahan bulan Desember 2017

CBOT soy bean, @bushel USCents 988.20
Soy oil, @pound (lb) US Cents 34.22

EU mkt, palm oil crude, Ina/ Msia orig, cif Rott., @ton 700 (0)
RBD Olein, Msia orig, fob Msia, @ton US$ 652.50 (0)
PKO, …
You may view the latest post at https://gapki.id/news/3620/posisi-harga-komoditas-pada-penutupan-bursa-pasar-fisik-21-november-2017

Sustainable Palm Oil – GAPKI : Moving Forward Sustainable Palm Oil

Palm oil is one of the most important vegetable oils in the world and plays a major role not only in food security, but also as the most important source of bio-energy (bio-fuel) source. 

Oil palms accounted for only six percent of global land use for cultivation but produced 33 per cent of global oils and fats …
You may view the latest post at https://gapki.id/news/3618/sustainable-palm-oil-gapki-moving-forward-sustainable-palm-oil