〔マレーシア・パーム油〕続落=リンギ高などで(29日) minkabu PRESS


続落。リンギ高が重しとなったほか、トレーダーによると、序盤は前日のシカゴ商品取引所(CBOT)の大豆油安に追随した。高水準の在庫も弱材料視されたが、需要改善や生産減の見通しを受け、値を戻した。
 3月きりの清算値は0.7%安の2503リンギ。
 月間ベースは3.8%安。通年で20%近く下落した。(ロイターES時事)
[時事通信社]

アクセスランキング 2017-12

合計 3,432 245
1./index.rdf
14.9%
512 15
2.トップページ
9.3%
319 65
3.カテゴリ:パーム油
1.3%
43 34
4.北海道電力、木質バイオマス発電参入 三…
1.0%
33 27
5. 住友林業が熊谷組と資本提携した理由 …
0.8%
29 24
6. P8-2-10 メタン発酵消化液・エタノール…
0.7%
25 17
7. 「都市油田」で資源大国に 積水化、ご…
0.7%
25 23
8.【買い】バイオマス発電が成長路線へ<951…
0.7%
25 22
9.大王製紙が愛媛県内にバイオマス発電設備…
0.7%
24 18
10.「平成28年木質バイオマスエネルギー利用…
0.7%
24 18
11.リセットされた英国版「熱の固定価格買取…
0.7%
24 19
12.戸狩工業団地の「木質バイオマス発電所」…
0.6%
21 18
13.ESG観点から見るパーム油のリスク、専門…
0.6%
21 17
14.地場発電、佐賀県のバイオマスに出資へ …
0.6%
21 17
15.FITの事業認定取得締切、他省庁協議が不…
0.6%
21 17
16.バイオマス専焼発電に178億円を融資DBJと…
0.6%
21 16
17.食料と競合しないバイオマスから液体燃料…
0.6%
21 16
18.バイオ燃料
0.6%
21 19
19.サステナブルという新しい贅沢。排ガスゼ…
0.6%
20 16
20.マレーシア・パーム油〕3日ぶり反発=5…
0.6%
20 16

国内バイオマス発電市場、9864億円に急拡大、輸入燃料が牽引 日経テクノロジーオンライン


バイオマス発電市場、バイオマス熱(蒸気)供給市場、バイオ燃料供給市場を合わせたバイオマスエネルギー市場(エネルギー供給量)は、2016年度の2930億円から2017年度には前年度比31.9%増の3864億円、2020年度に6576億円、2030年度に9864億円に拡大すると予測している。

2017-12-29


中部電力が火力発電所2カ所における発電機を廃止
NEDOがバイオマス・ワークショップの予定を告知. No.10. 日産と日本エコシステム、新型「日産リーフ」購入者に太陽光パネルを無料設置する共同キャンペーン開始. No.11. 日本液炭の水島工場でCO2回収装置が完成. No.12. オリックス、島根県のゴルフ場にメガソーラー発電所を建設. No.13. 三菱自動車の次世代型店舗が ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
  ウェブ  
 
バイオマス発電ローンファンド
【事業者A社向け 第9弾】バイオマス発電開発事業支援ローンへの投資(第6次募集)(1592). 概要. 今回の借り手は、事業者Aです。 事業者Aは、再生可能エネルギー事業開発事業者Cに対して、事業者Q(SPC)が開発するバイオマス発電所(100MW)の取得に向けた保証金の支払いのための資金として2.5億円の融資を行い ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
森林バイオマスの恵み 日本の森林の現状と再生 シリーズ21世紀のエネルギー13/松村幸彦 本・漫画や ...
【TSUTAYA オンラインショッピング】森林バイオマスの恵み 日本の森林の現状と再生 シリーズ21世紀のエネルギー13/松村幸彦 Tポイントが使える・貯まるTSUTAYA/ツタヤの通販サイト!本・漫画やDVD・CD・ゲーム、アニメまで人気の付録・特典やおすすめの新作・予約受付、ランキング・発売日情報まで盛りだくさん!
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

〔マレーシア・パーム油〕4日ぶり反落=在庫が高水準(28日)

〔マレーシア・パーム油〕4日ぶり反落=在庫が高水準(28日)
28日のマレーシア市場のパーム油先物相場は4営業日ぶり反落。豊富な供給が地合いを圧迫した。
他の食用油も、おおむね横ばいだった。 3月きりの清算値は0.7%安の2521リンギ(620.17ドル)。
週間では同日時点で2.9%上昇している。ただ、月間では3.2%下落し、年初来では20%近く値を下げている。

マレーシア・パーム油〕3日続伸=輸出増で(27日)

マレーシア・パーム油〕3日続伸=輸出増で(27日)
27日のマレーシア市場のパーム油先物相場は3営業日続伸。輸出増や、他の植物油相場の ... 貿易調査会社インターテック・テスティング・サービシズ(ITS)とソシエテ・ジェネラル・ド・シュルベイヤンス(SGS)によると、マレーシアの12月1〜25日までのパーム油輸出は前月比約1%増加した。(ロイターES時事) [時事通信社].

紙・パルプ製造業がバイオマスによる電力を電力会社へ / アジア ...

・「紙・パルプ産業のエネルギー事情2010年度版」日本製紙連合会 (2011年1月)
・兵庫パルプ工業㈱ホームページ(http://www.hyogopulp.co.jp/environment/05biomass.html
http://web.pref.hyogo.jp/af04/af04_000000023.html
・丹波新聞・愛媛新聞
・大王製紙㈱ホームページ(http://www.daio-paper.co.jp/
・「石油等消費動態統計年報」(経済産業省;http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekisyo/result-2.html

メタンガス化の技術:環境省

乾式・湿式メタン発酵槽の比較
  乾式メタン発酵槽 湿式メタン発酵槽
メリット
  • 排水処理量が少ない(湿式と比較)
  • 機械選別を導入することで、生ごみの分別収集を実施していない自治体でも利用可である
  • ガス発生量が多い(湿式と比較)
  • 設備費用が少ない(乾式と比較)
  • 稼動実績が多い
  • 規模・処理量のバリエーションが豊富
    (敷地面接の省スペースが可能、堅型も可能)
  • 残渣が少ない(下水処理場と連携させた場合)
処理量
  • 1槽あたり25~35t/dの処理量
  • 1槽あたり4~40t/dの処理量
建設面積/槽の大きさ
  • 1槽あたり6.4m×32m 程度
  • バリエーション豊富(例)2,210m2(処理能力20t/dの場合)、1,500m2(処理能力130t/dの場合)

豊橋市バイオマスタウン推進事業|バイオエネルギー事例視察

https://www.tsc.co.jp/cluster/baiomass/info/h21inspection-04.html

メタン発酵のメリットとデメリット

生の糞尿は、放っておくと悪臭を放つようになります。一方で、メタン発酵が終わった糞尿(消化液と呼びます)は、色は黒く見栄えは悪いですが、臭いはほとんど気になりません。ただしこの消化液は、窒素、リン酸、カリといった肥料成分を豊富に含んでおり、田畑への還元が望ましいのですが、田畑には撒ける時期と撒けない時期があり、そのために巨大な貯留タンクを用意することは非現実的であるなどの問題もあります。
 以下にメタン発酵のメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  1. 糞尿のエネルギーを燃料として有効利用できる(畜舎の暖房などに
    利用し電気・灯油代の削減がはかれる)。
  2. 悪臭がなくなる。
  3. 尿だけを処理する場合、直接浄化槽で処理するより、メタン発酵
    させてから処理した方が、浄化槽の規模は小さくて済む。

デメリット

  1. 余剰のメタンの引取先。発電し電力会社に売る方法もあるが、
    ヨーロッパに比べ売電単価が安く、収支が合わない。
  2. 散布できない時期の消化液の貯留槽がいる。または、浄化槽で
    処理し放流する必要がある。浄化には多額の薬品代がかかる。
  3. 消化液の利用に関して、耕種農家の認識が低く、理解が得られて
    いない。
  4. 消化液は堆肥に比べて水分を多く含むため重く、運搬・散布に
    余分なエネルギーが必要になる。
  5. 消化液の散布には広大な面積の田畑が必要。
  6. 施設建設費が高額。
  7. メンテナンスに手間がかかる。

2017-12-27

フォレストエナジー、和歌山県新宮市に木質バイオマス発電事業を計画
フォレストエナジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:沼 真吾、以下「フォレストエナジー」)は、和歌山県新宮市で新たに木質バイオマス発電事業を推進していることをお知らせします。本事業のために新たに設立した新宮フォレストエナジー合同会社が事業体となり、2018年春の着工、2019年夏の商業運転開始 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
カット野菜の大和川食産、野菜かすでバイオマス発電
カット野菜大手の大和川食産(大阪府東大阪市)は2018年1月から、ごぼうやニンジンなどの野菜かすを使うイオマス発電を始める。本社近くに約9億円を投じて発電施設をあわせた新工場を設けた。持ち帰り総菜の普及などでカット野菜の需要が伸びる一方で、廃棄物の処分費がかさんでいる。処理費を抑えるとともに余った ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
住重、国内最大・112MWのバイオマス混焼型の石炭火力を受注
住友重機械工業は12月22日、広島ガスと中国電力が設立した発電事業会社の海田バイオマスパワー(広島県海田町)から、バイオマス混焼型の石炭火力発電設備を受注したと発表した。運転開始は2021年3月の予定。 石炭を主体にバイオマス、天然ガス(助燃・バックアップ用)を混焼する。広島県内の林地残木などの未 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
【矢野経済研究所調査結果サマリー】バイオマスエネルギー市場に関する調査を実施(2017年) -FIT適用 ...
バイオマスエネルギーは、生物由来の有機性資源による再生可能エネルギーであり、原燃料(未利用木材、一般木材、建設資材廃棄物、パーム椰子殻、輸入材、下水汚泥、食品廃棄物、家畜排泄物等)、発電電力、熱(蒸気)、バイオ燃料(バイオエタノール、バイオディーゼル、バイオジェット燃料等)として市場に供給される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
環境先進都市への一歩記す
豊橋市では2017年、生物由来資源で発電するバイオマス利活用センターが本格稼働を開始。環境先進 ... 生物由来資源で発電 神野新田町の中島処理場に市が整備したバイオマス利活用センターが10月に本格稼働。 ... 生物由来資源(バイオマス)の発電に乗り出すにあたり、4月から市内で生ごみの分別収集が始まった。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
【注目銘柄】タケエイは年初来高値更新の展開、18年3月期2桁増収増益予想
タケエイ<2151>(東1)に注目したい。建設関連産業廃棄物の中間処理、再資源化、最終処分を主力として、木質バイオマス発電事業も展開している。18年3月期2桁増収増益予想である。株価は年初来高値更新の展開だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
  ウェブ  
 
バイオマス発電所の電源設備の保守・保全/運転員
バイオマス発電所の電源設備の保守・保全/運転員の転職・求人情報 6761498。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
営業リーダーポジション(バイオマス発電)
営業リーダーポジション(バイオマス発電)の転職・求人情報 6757511。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
森林バイオマスの恵み/日本エネルギー学会松村幸彦吉岡拓如
オンライン書店 Honya Club.com森林バイオマスの恵みのページです。