〔マレーシア・パーム油〕続落=リンギ高などで(29日) minkabu PRESS


続落。リンギ高が重しとなったほか、トレーダーによると、序盤は前日のシカゴ商品取引所(CBOT)の大豆油安に追随した。高水準の在庫も弱材料視されたが、需要改善や生産減の見通しを受け、値を戻した。
 3月きりの清算値は0.7%安の2503リンギ。
 月間ベースは3.8%安。通年で20%近く下落した。(ロイターES時事)
[時事通信社]