2,5-ジメチルフラン - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/2,5-%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3 バイオ燃料としての可能性 2,5-ジメチルフランはバイオ燃料としての利点と可能性を持っている。エネルギー密度がエタノールより約40%高く、ガソリンと同程度である。化学的に安定であり水とも混ざらないため、空気中の水分を吸収することもない。沸点がエタノールよりも14°C高いにもかかわらず、製造後に2,5-ジメチルフランを単離する際に必要なエネルギーは、エタノールの単離に必要なエネルギーの1/3で済む[3][8]。 2,5-ジメチルフランは果物や根菜類に含まれるフルクトースや、でんぷんやセルロースから製造されるグルコースといった、自然界に幅広く存在する化合物から効率的に製造可能であることが利点である。しかしながら2007年現在では、バイオ燃料といえばバイオエタノールやバイオディーゼルを指すことが一般的である。

アクセスランキング 2018-1

1./index.rdf
14.3%
651 17
2.トップページ
13.3%
609 141
3./archives/20171221-1.html
1.0%
44 19
4.インドネシア 2018パーム油及び石油産業…
0.9%
43 38
5.パーム油でバイオマスディーゼル発電 メ…
0.9%
41 33
6.レノバ、上期売上高・段階利益は順調に進…
0.8%
37 27
7.2018-1-13
0.7%
34 30
8.カテゴリ:ニュース
0.7%
33 31
9. 愛媛県初の木質バイオマス発電所 営業…
0.7%
30 25
10.バイオマス原料価格
0.6%
29 24
11.和歌山初「木質バイオマス発電所」、上富…
0.6%
29 27
12. バイオガス発電で食品リサイクル、廃…
0.6%
28 25
13.パーム油発電を考えられている企業様に …
0.6%
28 24
14.和歌山県西牟婁郡上富田町における木質バ…
0.6%
27 23
15. 国内バイオマス発電市場、9864億円に急…
0.6%
27 23
16.カテゴリ:パーム油
0.6%
27 22
17.2018年度のバイオマス入札、一般木材等で…
0.6%
26 21
18.〔マレーシア・パーム油〕続伸=一時6週…
0.5%
25 21
19.バイオマス原料価格
0.5%
25 16
20. ミドリムシ入りのバイオ燃料活用で第2…
0.5%
24 22

経産省の調達価格算定委員会が方針。FIT価格区分

https://www.denkishimbun.com/sp/24193  経済産業省・資源エネルギー庁は19日、2018年度以降のFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)買い取り価格などを決める調達価格等算定委員会(委員長=植田和弘・京都大学名誉教授) 前回会合で指摘のあったバイオマスの区分も整理した。現時点で導入事例はないものの、パーム油以外のバイオマス油脂やエタノールなどの燃料の全てを「バイオマス液体燃料区分」として一体的に扱うことを確認した。  18年度初めて実施されるバイオマス入札に関しては、入札量を20万キロワットに設定。内訳として、16年度末時点の導入量の割合が一般木質で93%、液体燃料で7%となっていることを踏まえ、それぞれ18万キロワット、2万キロワットとする案を事務局が提示した。次回以降、再度整理する。  この他、会合では買い取り価格の決定に向け、風力、地熱、中小水力のコストデータなどを提示。委員から大きな異論は出なかった。エネ庁ではこれまでの議論をまとめた上で、次回会合で電源ごとの買い取り価格の案を提示する方針。 電気新聞2018年1月22日

雑草からメタンガス生産 名城大が発電システム、20年めど実用化狙う 日刊工業新聞

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00459935 雑草由来のメタンガス生産システムは、材料の処理や分別が不要。このため、ほかのバイオマスエネルギー生産で必要になる固液分離装置や炭化装置などの大規模な設備を導入せずに構築でき、コストを低減できる。 バイオマス原料供給の安定性や、有害物質がほとんど発生しないなどのメリットも見込める。 さらにガスエンジンは、コージェネレーション(熱電併給)システムとしての活用も研究している。熱で湯を沸かして農業用ハウスに電気とともに供給してハウスの温度制御に活用、園芸作物などの栽培に生かす方針。 同センターは従来、稲わら1キログラムから濃度60―70%で310リットルのバイオメタンガスを生産し、発電する技術を確立しており、これを雑草にも応用した。適用範囲の拡大で普及促進につなげる。

法改正からまだ半年、バイオマスに制度変更?

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/031400074/012900013/?ST=energytech&rt=nocnt 資源エネルギー庁は突如、バイオマス発電に入札制度を導入する方針を打ち出しました。 【質問1】バイオマス発電に入札制度が導入されるというのは、決定事項なのですか。 【回答1】現時点(2018年1月末日)で正式に決まったものではありません。ですが、固定価格買取制度(FIT)の買取価格などを審議する資源エネルギー庁の調達価格等算定委員会では、「一般木材等バイオマス」について、2018年度から入札制度の対象とし、事業用太陽光発電と同様に入札によってFIT価格を決める方向に向かっています。  もう少し説明すると、既にFIT認定を受けている案件は、稼働・未稼働にかかわらず、入札の対象にはなりません。また、2017年度中(2018年3月31日)までにFIT認定を受けた案件も入札の対象外となります。既に申請中であっても、2017年中に認定を受けていない案件の場合は、FIT価格の入札にて落札する必要があります。  2017年12月の第34回調達価格等算定委員会における資料によると、パーム油といったバイオマス油脂を燃料とする案件については、規模にかかわらず全て入札制度の対象となります。また、バイオマス油脂以外の一般木材等バイオマスについては、1万kW以上の案件が入札制度の対象になる見通しです。  この規模要件からすると、最近よく見られる木質チップやPKS(パーム椰子殻)を海外から調達する案件については、そのほとんどが入札の対象となりそうです。 【質問2】バイオマス発電は地元調整などに時間のかかる、リードタイムの長い発電設備です。地元調整中にFIT価格が変わると途中で事業を断念せざるを得ないことがあるため、わざわざ改正FIT法で今後3年間のFIT価格をあらかじめ決めておくとしたはず。それなのに、2018年4月に入札制度を導入するというは、いくらなんでも唐突すぎませんか。 【回答2】FIT制度の行方を読み解くうえで、「国民負担」というキーワードの重みが増しています。その点でも、バイオマス発電のFIT制度の設計や運用に新たな変更があることは、一定程度、予想されていたことです。  特に、一般木材を燃料につかうバイオマス発電は、2016年度末にFIT認定のかなりの駆け込み申請がありました(「バイオマスの過剰認定は太陽光に次ぐバブル?」)。申請中のバイオマス発電がすべて運転開始に至ると、賦課金の水準が政府の想定を大きく超える事態となってしまいます。  政府は、過度な国民負担の増加は許容できないというスタンスに立っています。その点からも、バイオマス発電のFIT見直しは想定されていたことと言えるでしょう。  ただ、既に確定していた2017~2019年度のFIT価格を見直して、2018年4月から入札制度に切り替えるという現在の議論は、多くの関係者にとって予想を超えるものだったのではないでしょうか。  バイオマス発電については、2017年度だけでなく、2018年度と2019年度のFIT価格が既に定められていました。一般木材等バイオマスの場合、20MW以上の案件は21円/kWh、20MW未満の案件は24円/kWhという価格が確定したはずでした。  「リードタイムの長い再生可能エネルギー発電のFIT価格を複数年度に渡ってあらかじめ決めておく」という制度は、2017年4月施行の改正FIT法で導入されたばかり。わずか半年余りでFIT価格が見直しとなり、しかも入札制度を導入するという変更は、正直なところ驚きです。 【質問3】いったん確定したFIT価格を変更することは、法的には可能なのでしょうか。 【回答3】複数年度に渡って定められたFIT価格のうち、未開始の年度についてのFIT価格を変更することを直接想定した規定はありません。  現行のFIT法で、FIT価格の事後的な変更に関連する規定は2つあります。1つは、年度の途中で下半期のFIT価格をあらかじめ改定する「3条1項但書き」、もう1つが、既に認定を受けた案件のFIT価格を改定する「3条10項」です。  両者の要件は少し異なっています。前者は「我が国における再生可能エネルギー電気の供給の量の状況、再生可能エネルギー発電設備の設置に要する費用、物価その他の経済事情の変動等を勘案し、必要があると認めるとき」に改定を認めるとしています。そして後者は「物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要があると認めるとき」としています。  2つの規定の要件を比較すると、前者は経済事情の変動以外に「再エネの供給量の状況や発電設備の設置費用の変動」も考慮します。他方、後者では、これらの事情は考慮の対象に含まれません。「著しい」経済事情の変動やFIT価格の改定が「特に」必要であることが要件とされています。総じて、前者と比べて後者の方がFIT価格の改定の要件が厳格に設定されています。  今回、検討しているバイオマス発電のFIT価格変更は、「年度途中で下半期のFIT価格を変更する」というものではありませんので、前者の3条1項但書きは適用されません。ただし、「未開始の期間のFIT価格を変更する」という点では、3条1項但書きの場面と類似しています。逆に、認定を受けた案件のFIT価格の変更を想定した3条10項の適用場面とは趣を異にしています。  第32回の調達価格等算定委員会における事務局提出資料を見てみると、「再エネの供給状況等に当初想定していなかった変化が生じ、必要であると考えられれば」FIT価格を改めて設定することが可能という解釈が示されています。「再エネの供給状況等」という要素が含まれている点、及び必要性の要件について「特に」という限定が付されていないことからすると、3条10項の適用ではなく、3条1項但書きの類推適用によってFIT価格の改定を行おうとしているように読めます。 【質問4】今回、既に決まったFIT価格が変更されることになりそうですが、このことが既存案件に適用済みのFIT価格切り下げへとつながらないか心配です。 【回答4】今回のFIT価格の改定は、具体的な案件に既に適用されているFIT価格を変更する3条10項の規定に基づくものではなく、未開始の期間のFIT価格をあらかじめ変更する3条1項但書きに法的根拠を求めているようです。  だとすれば、今回のFIT価格の改定は、既存の案件に適用されているFIT価格に影響を与えるものではないといえるでしょう。  調達価格等算定委員会における議論は、近いうちに取りまとめられ、意見募集(パブリックコメント)にかけられるでしょう。この手続きを通して、今回のFIT価格の改定の法的な根拠についても明確にされるべきだと考えています。 【質問5】洋上風力発電にも入札制度の導入が検討されているようです。FITへの入札導入は今後も拡大するのでしょうか。 【回答5】2018年1月19日の調達価格等算定委員会は、洋上風力発電への入札導入方針を示しました。洋上風力発電は1件当たりの規模が数十MWから数百MWに上ります。導入が拡大すると、国民負担への影響が大きいことから、2020年度にも一部入札制度を導入するという方向で議論されています。  事業用太陽光発電のほか、バイオマス発電や洋上風力発電に入札制度の一部導入が実現すれば、規模の大きな発電プロジェクトは、陸上風力発電を除いて概ねカバーされることになりそうです。  では、このまま入札制度の対象が拡大していくかというと、話はそう簡単でありません。現在、エネルギー基本計画の改定議論が行われています。日本は2030年度に温室効果ガスを2013年度比13%削減という目標を定めていますが、パリ協定の枠組みの下、この中期的な温室効果ガス削減目標は引き続き改定が必要となります。さらに、2050年を念頭においた長期的な削減戦略も策定することになっています。これらの計画や目標は、再エネ導入政策に反映されます。  2020年度以降を考えると、入札制度の対象が単純に拡大するというよりは、FIT制度そのもの見直しがありうると考えておくべきでしょう。

〔マレーシア・パーム油〕反落=他の食用油の下げに追随(30日) minkabu PRESS



 反落。ここ4営業日中、3日下落した。食用油の下落になびいた。
 4月きりの清算値は1.1%安の1トン=2492リンギ。
 前日は1.4%高と、約1カ月ぶりに大幅上昇したが、1月月間で0.4%安と、3カ月連続の下落となった。
 マレーシア市場は祝日のため、31日と2月1日が休場となり、同2日に取引を再開する。
 クアラルンプールのトレーダーは「海外市場が軒並み下げており、パーム油は圧迫されている。ただ、生産減少予想を受け、下げ方は鈍い」と述べ、シカゴ商品取引所(CBOT)や大連商品取引所の大豆油など関連する食用油に言及した。
 パーム油生産は例年通り、今年第1四半期に減少すると予想されている。
 別のトレーダーは、貿易調査会社のパーム油輸出統計やマレーシアの祝日を控えてパーム油は慎重な商いになるかもしれないと語った。(ロイターES時事)
[時事通信社]

第3部 広がる循環(1)リファイナリー事業 木材で工業原料開発 山陽新聞

http://www.sanyonews.jp/article/660740/1/ 【杜とともに~バイオマスタウン真庭の挑戦】の最新記事 第3部 広がる循環(1)リファイナリー事業 木材で工業原料開発 第2部 木を生かす(6)山再生へ 宝つくる営みの好循環 第2部 木を生かす(5)突破口 新建材普及で地域再生 第2部 木を生かす(4)新建材CLT 普及進め山の再生を 第2部 木を生かす(3)燃料供給 山元から集荷を制御