えるゴミをエタノールに変える、積水化学の新技術に熱視線

えるゴミをエタノールに変える、積水化学の新技術に熱視線
2019年内の本格稼働を目指す、積水化学の「ごみをエタノール化する技術」を投入したパイロット・プラント。現在は実証を繰り返す段階で、約1000分の1の設備規模で動かす。地方自治体の担当者は、このサイズで導入を検討する Photo by Hitoshi Iketomi. 燃えるごみなら何でも化学製品の主原料の1つであるエタノール ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
セルロースからバイオエタノール 米国で事業化活発化
米国では、糖やでんぷんに次ぎ、植物の繊維質「セルロース」を原料にバイオエタノールを生産する動きが活発だ。バイオエタノールの製造過程で出るトウモロコシの粒の皮や胚芽といったセルロースの多い部分を、機能性の高い酵素でバイオエタノールの原料として利用。生産性の向上で、より高い利益を生み... (残り:520 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
米国でセルロースからバイオエタノールへの事業化活溌に
米国では、糖やでんぷんに次ぎ、植物の繊維質「セルロース」を原料にバイオエタノールを生産する動きが活発だ。バイオエタノールの製造過程で出るトウモロコシの粒の皮や胚芽といったセルロースの多い部分を、機能性の高い酵素でバイオエタノールの原料として利用。生産性の向上で、より高い利益を生み出す狙いがある。