えるゴミをエタノールに変える、積水化学の新技術に熱視線

えるゴミをエタノールに変える、積水化学の新技術に熱視線
2019年内の本格稼働を目指す、積水化学の「ごみをエタノール化する技術」を投入したパイロット・プラント。現在は実証を繰り返す段階で、約1000分の1の設備規模で動かす。地方自治体の担当者は、このサイズで導入を検討する Photo by Hitoshi Iketomi. 燃えるごみなら何でも化学製品の主原料の1つであるエタノール ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
セルロースからバイオエタノール 米国で事業化活発化
米国では、糖やでんぷんに次ぎ、植物の繊維質「セルロース」を原料にバイオエタノールを生産する動きが活発だ。バイオエタノールの製造過程で出るトウモロコシの粒の皮や胚芽といったセルロースの多い部分を、機能性の高い酵素でバイオエタノールの原料として利用。生産性の向上で、より高い利益を生み... (残り:520 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
米国でセルロースからバイオエタノールへの事業化活溌に
米国では、糖やでんぷんに次ぎ、植物の繊維質「セルロース」を原料にバイオエタノールを生産する動きが活発だ。バイオエタノールの製造過程で出るトウモロコシの粒の皮や胚芽といったセルロースの多い部分を、機能性の高い酵素でバイオエタノールの原料として利用。生産性の向上で、より高い利益を生み出す狙いがある。

バイオマス廃材で枕木、耐久性検証 智頭急行 毎日新聞

バイオマス廃材で枕木、耐久性検証 智頭急行
同県境港市の「日新バイオマス発電」が、産業廃棄物になる灰を有効活用しようと開発。理論上は列車が通っても安全性に問題はないといい、1年間の実験で耐久性を実証し、建築材として販売したい考えだ。 町内の駅で今月、従来の枕木の隙間(すきま)に6本を設置した。関係者らは安全な運行が続いて、事業が軌道に乗る ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
産廃再利用:バイオマス廃材で枕木、耐久性検証 智頭急行
バイオマス発電で出る木質チップの灰に骨材を混ぜて作ったコンクリートの枕木の強度を確かめる実験が、鳥取県智頭町の第三セクター・智頭急行で始まった。同県境港市の「日新バイオマス発電」が、産業廃棄物になる灰を有効活用しようと開発。1年間の実験で耐久性を実証し、建築材として販売したい考えだ。 この記事を ...

マレーシア・パーム油〕5日ぶり反落=輸出税再開が重し(23日) minkabu PRESS

https://minkabu.jp/news/1474585 5営業日ぶりに反落。生産増加や政府によるパーム油輸出税の再開決定が重しとなった。  6月きりの清算値は0.9%安の1トン=2428リンギ。  フィリップ・フューチャーズ(クアラルンプール)のデービッド・ウン氏は「政府が輸出税免除を延長しない方針だとする報道が下落要因となった」と指摘。バイヤーは主産地の隣国インドネシアに目を向ける可能性があるとの見方を示した。  さらに、「生産の増加も懸念されている。一般的に3月は2月よりも収穫サイクルが長い」と述べた。(ロイターES時事) [時事通信社]

バイオエタ事業化 今年度で実証事業終了 宮古毎日新聞 宮古島市が2012


老朽化の進んだ(製造)施設の更新費で多額の支出が見込まれ事業化は困難との結論に至った」と説明した。


 市によるバイオエタノール事業化の実証事業は12年度、環境省の実証実験終了に伴い下地字上地に建設されていたバイオエタノール製造施設を市が無償譲渡を受け、ガソリンに3%のバイオエタノールを混合させるE3燃料を主軸とした事業化を目指しスタート。日本アルコール産業が施設の指定管理者となりエタノールの製造を行ってきた。


 エタノール製造と合わせ、製造過程で発生する残渣液を使った農業用液肥の製造、販売にも取り組んできた。


中国=2020年、全国的にガソリンへのエタノール注入を導入へ エネルギーニュース エタノールは、通常のガソリンに比べて酸素を含んでいるため、大気


一定量のエタノールを含むガソリンを車両用に適用されることがある。その場合、「E」で表記される。例えば「E#93」、「#93」などで区別される。中国では10%のエタノールを含む「E10」ガソリンの消費が推奨されている。

 

 エタノールは、通常のガソリンに比べて酸素を含んでいるため、大気汚染や二酸化炭素の排出軽減が期待されている。ただエタノールの使用は、ガソリンの馬力を落とす。さらに、エタノールの使用はエンジンを腐食させるとの見方もある。それに加え、エタノールは外部環境から容易に湿気を取り込む。結果、ガソリンの水分の含有率が多くなる。これがガソリンのエタノール使用を妨げていそうだ。

 

 世界的に40カ国でバイオエタノールおよびエタノールを混合したガソリンが流通している。エタノールを含むガソリンの年間消費量は6億トン。全体のガソリン消費量の約60%に相当する。2016年だけでも、世界のエタノール生産量は7,500万トンに達している。一方、中国は2002年に燃料としてのエタノールの開発に取り組み始めたばかり。中国の燃料としてのエタノール消費量は2016年、2439,000トンと米国の18分の1、ブラジルの9分の1に留まる。

 

 中国政府は20179月、エタノールを含むガソリンの車両向けの全国的な使用開始を2020年に控え、エタノールの生産および消費計画を発表した。中国の11地区で現在、同国のガソリン消費量の20%に相当するエタノールを含むガソリンの使用をテストしている。

 

 エタノールを含むガソリンの消費が推奨される一方、メチル・テルティアリ・ブチル・エタール(MTBE)の需要は低迷する公算が大きい。中長期的にみて、中国のMTBE業界の発展を妨げてしまう可能性が高い。MTBE産業は華東(シェア59.83)、華南(10.75)が中心で、その他東北、北西、北部および中央部で散見される。

 


地産木材のみを使うバイオマス発電所、国内初のペレット工場も併設


ペレット製造から発電までのプロセスをパッケージ化した発電所となるため、燃料の安定供給に強みを持つという。さらに、発電設備として独ブルクハルト社製の木質バイオマス熱電併給システム10基、米アクセスエナジー社製の温水バイナリー発電システム1基を導入。これにより、発電による排熱をバイナリー発電やペレット製造時の乾燥工程で有効活用することが可能となり、工場全体の運用コストを低減した。

 
大生黒潮発電所での熱電併給イメージ(クリックで拡大) 出典:洸陽電機

 同発電所の発電出力は1940kW(キロワット)、年間稼働時間は約8000時間を想定し、年間発電量は一般家庭の約4000世帯分になるとする。燃料ペレットの原料となる原木の年間買取量は約1万9000トン(50%W.B.)。発電した電力は九州電力に全量を売電し同事業によるCO2削減効果は年間7478トンを見込む。


2018年度 エネルギー業界の基本政策の勘所をおさえる(4月11日)

━━
★2018年度 エネルギー業界の基本政策の勘所をおさえる(4月11日)

全79ページからなる現在の計画の方針・考え方のポイントを押さえ、
今後の展望予測について解説する業界経験の少ない方向けのセミナーです。
OFFJTとしても活用できます。
http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_175016_--_43237_--_1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境ビジネス、CO2排出量算定サービス「SCOPE1.2.3」を提供開始

季刊「環境ビジネス」を出版する日本ビジネス出版は、低炭素社会の実現に向けて、企業向けのCO2排出量算定サービス「SCOPE1.2.3」を提供する。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/017001.php?utm_source=mail&utm_medium=mail180322_d&utm_campaign=mail

------------------------------------------------------------------

■環境省、廃棄物焼却施設の熱利用に補助金 設備導入は補助率50%

環境省は、廃棄物から得られる余熱や発電した電気を地域で有効活用するための実現可能性調査や設備導入を行う事業者を募集する。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/014665.php?utm_source=mail&utm_medium=mail180322_d&utm_campaign=mail

------------------------------------------------------------------

■広島県、廃棄物処理・リサイクル施設の整備費補助金を公募

広島県は、源循環型社会への転換を進める上で効果が大きいと認められるリサイクル施設などの整備を支援する事業について、第1回公募を開始した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/016989.php?utm_source=mail&utm_medium=mail180322_d&utm_campaign=mail

------------------------------------------------------------------

■ワタミ、RE100に加盟 2040年までに事業用電力の100%を再エネに

ワタミは、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際イニシアチブ「RE100」に加盟した。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/016994.php?utm_source=mail&utm_medium=mail180322_d&utm_campaign=mail

------------------------------------------------------------------

■SMART工場などの成果活かす 岡山県、バイオマス関連の研究拠点維持

岡山県は、岡山発のバイオマスイノベーションを誘発する研究開発拠点の設置・運営を担う県内大学等を公募する。
→続きを読む http://www.kankyo-business.jp/news/014494.php?utm_source=mail&utm_medium=mail180322_d&utm_campaign=mail

マレーシア・パーム油〕3日続伸=インドネシア勝訴の報を好感(21日)


21日のマレーシア市場のパーム油相場は3営業日続伸。序盤の下げから切り返した。インドネシア当局が同国産バイオディーゼルに対する欧州連合(EU)の反ダンピング税をめぐる紛争で勝訴したとの報が相場を押し上げた。

 欧州司法裁判所(最高裁に相当)はEUに対し、インドネシアからのバイオ燃料の輸入に課している反ダンピング税の廃止を命じた。
 インドネシアはパーム油を原料とするバイオディーゼルの、世界有数の輸出国。
 パーム油6月きりの清算値は0.5%高の1トン=2448リンギ。
 シンガポールのパーム油先物トレーダーは「粗パーム油の輸出税が再び課される前の駆け込み需要があるかもしれない」と指摘。マレーシア当局による粗パーム油輸出税免除措置は4月7日に期限を迎える。(ロイターES時事)
[時事通信社]

洸陽電機 宮崎に木質バイオ発電所完成

https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201803/0011087302.shtml 地元企業などが出資する「くしま木質バイオマス」が運営主体で、 2016年5月から建設を進めていた。出力は1940キロワット。 一般家庭約4千世帯分の消費電力を賄う。  約1ヘクタールの用地に、ドイツ製の小型高効率木質バイオマス 熱電供給システム10基と、米国製の温水バイナリー発電システム1基を 備える。発電時に生じる熱は、バイナリー発電や燃料の乾燥に活用する。  燃料は地元周辺の木材に限定し、年約1万9千トンを買い取る。 発生した電気は九州電力に売却する。年間売電収入は5億円余りを見込む。 洸陽電機は、今後もバイオマス発電所を各地で建設したい考えだ。

エネルギーの有効活用が出来る廃棄物処理発電施設の整備・運営支援ミンダナオ島マラウィ市周辺の紛争 ...

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005826.html  本20日(現地時間同日),フィリピン共和国の首都マニラにおいて,我が方羽田浩二駐フィリピン大使と先方アラン・ピーター・カエタノ・フィリピン共和国外務大臣(H.E. Mr. Alan Peter S. Cayetano, Secretary for Foreign Affairs of the Republic of the Philippines)との間で,無償資金協力「ダバオ市エネルギー回収型廃棄物処理施設整備計画」及び「マラウィ市及び周辺地域における復旧・復興支援計画」(合計供与額70億1,300万円)に関する交換公文の署名及び書簡の交換が行われました。 2 対象案件の概要 (1)無償資金協力「ダバオ市エネルギー回収型廃棄物処理施設整備計画」(供与額50億1,300万円) ア 廃棄物収集・処理は,フィリピンの都市部における共通の課題となっており,世界最大級の行政面積と約160万人の人口を擁するフィリピン第三の都市であるダバオ市においては,経済成長と人口増加に伴い廃棄物排出量が増加しています。廃棄物は一部のリサイクルを除き全量が埋立処理或いは不法投棄されている中で,ダバオ市が唯一保有・管理している最終埋立地は残余年数2~3年と推定されており,今後のダバオ市の健全な社会・経済発展において,中長期的に持続可能な廃棄物処理システムの構築は喫緊の課題となっています。 イ この計画は,ダバオ市において,廃棄物処理発電施設(廃棄物焼却設備及び発電設備)を整備し運営することにより,廃棄物の適正措置及び廃棄物の持つエネルギーの有効活用(Waste to Energy)を図り,安全で衛生的な生活を実現し,フィリピンの社会基盤構築及び投資促進を通じた持続的経済成長に寄与するものです。この事業の実施により,2022年までには,現在,ダバオ市の最終処分場に搬入されている廃棄物量(540トン/日)の約7割を削減でき,最終処分場のキャパシティを3.6倍にするだけの効果が生まれることが見込まれます。 (2)無償資金協力「マラウィ市及び周辺地域における復旧・復興支援計画」(供与額20億円) ア ミンダナオ島の南西部に位置するムスリム・ミンダナオ自治区は,40年以上に及ぶ紛争の影響もあり,フィリピン国内で貧困率が最も高い地域です。フィリピン政府は,当該地域における平和定着及び開発を促進するために,包括的な和平推進政策を掲げ,取り組んでいるところです。かかる状況の下,2017年5月23日にフィリピン国軍及びフィリピン警察とイスラム過激派武装組織マウテ・グループとの武力衝突が,ムスリム・ミンダナオ自治区南ラナオ州の州都であるマラウィ市にて発生しました。10月23日にフィリピン政府より終結が宣言されるまで,5か月間にわたり戦闘は続き,マラウィ市は壊滅的な被害を受けました。国内避難民は一時期は約36万人にも上り,未だ多くの国内避難民が存在している状況であり,マラウィ市及びその周辺地域の一刻も早い復旧・復興が望まれています。 イ この計画は,マラウィ市及び周辺の紛争影響地域において,フィリピン政府が学校・道路・保健所等の修復及び建設を実施するための財政支援を行うことにより,マラウィ市及び周辺地域に対する基礎的サービスの提供を図り,同地域における平和と開発に寄与します。 3 これら2件は,2017年1月の日・フィリピン首脳会談で安倍総理大臣から表明した,ODA及び民間投資を含めた今後5年間で1兆円規模の支援の一環であるとともに,同年10月に日・フィリピン首脳会談の場で発表した「日フィリピン共同声明(PDF)別ウィンドウで開く」及び「ミンダナオの平和及び開発のための日本の支援(PDF)別ウィンドウで開く」の具体化の一つです。 [参考]フィリピン共和国基礎データ  フィリピン共和国は,面積約30万平方キロメートル(日本の約8割),人口約1億98万人(2015年,フィリピン国勢調査),人口一人当たりの国民総所得(GNI)は3,580米ドル(2016年,世界銀行)。

パーム農園の認証支援、EU向け輸出を視野

https://www.nna.jp/news/show/1740441 マレーシアのプランテーション産業・商品省は19日、国内全てのパーム油農園が 2019年末までに同国独自のパーム油環境認証「マレーシア・サステイナブル・ パーム・オイル(MSPO)認証」を取得するとの見通しを示した。 実現すれば、欧州連合(EU)へのパーム油輸出に支障は生じ

2022年度の「再エネ比率」を50%超に、太陽光だけで3割、鹿児島県が目標

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/032010900/  再エネ発電の2016年度末時点の導入実績と達成率は、太陽光が約1348.7MW(達成率134.9%)、風力が約263.8MW(同91.9%)、水力が261.7MW(同93.8%)、地熱が約61.7MW(同99.5%)、バイオマスが90.0MW(同101.1%)  その一方で、「2014年ビジョン」策定後、固定価格買取制度(FIT)の見直しなど再エネを取り巻く情勢が大きく変化しつつあることから、これらの状況を踏まえて新しい再エネ導入ビジョンを策定する。2018~22年度までの5年間を短期目標として具体的な目標値を設定した。  新ビジョンによると、2022年度の電力消費量を2015年度と同じと仮定した場合、同消費量に対する再エネの比率を53.5%(2015年比約1.9倍)に向上させる。太陽光の導入目標は、2016年度比2.20倍の2970MWと推定。FIT改正の影響を考慮し、年間導入量を2012~15年度末までの年間導入ペース(約300MW)の90%と見込んだ。  また、2022年度における太陽光の電力量は2015年度比2.6倍の316万8990MWhで、電力消費量全体に対する比率は29.0%と推計した。化石燃料の代替効果は、原油換算で29万4336kLに相当する。  この他にも、太陽光の導入に伴う土地造成や設置工事を地元業者が100%受注した場合の経済波及効果は、生産誘発額が2317億1800万円(うち雇用者所得誘発額は652億7700万円)、就業誘発数は2万3047人(うち雇用者誘発数は1万9954人)と試算した。  なお、太陽光以外の再エネ発電の2022年度導入目標は、風力が371MW(2016年度比1.41倍)、水力が277MW(同1.06倍)、地熱が71MW(同1.15倍)、バイオマスが288MW(同2.53倍)。また、海洋エネルギーの導入事例を数例作ることを目指す。  政府の決めた2030年における国全体のベストミックス(望ましい電源構成)で掲げた再エネ比率22~24%(太陽光だけの比率は7%)となっている。鹿児島県の再エネ比率目標は、県内の電力需要に対する県内立地の再エネ発電量の比率で、実際の需給バランス制約などを加味していないため、単純に比較できないものの、見かけ上、国のベストミックス目標を2015年度に達成し、2022年には2倍近い目標を持つことになる。

トヨタ、エタノール走行のHVブラジルなどで投入へ 日本経済新聞

ヨタ、エタノール走行のHVブラジルなどで投入へ
サトウキビを燃料としたバイオエタノールは環境への負荷が小さい一方、燃料として利用する場合、ガソリンに比べ燃費が悪くなる。トヨタは動力としてモーターと併用するHVの機構を活用し、長距離を走れるようにした。19日にサンパウロ市内で開いたイベントではHV「プリウス」をベースとした試作車を展示。「近い将来の市場投入 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
ハイブリッドのトヨタの真骨頂! トヨタ、世界初「フレックス燃料ハイブリッド車」の試作車をブラジルで公開
トヨタ自動車のブラジル生産・販売事業を担う事業体であるToyota do Brasil(以下、ブラジルトヨタ)は、ガソリンに加えてエタノールなどのアルコールを燃料として走行できるフレックス燃料車(Flexible-Fuel Vehicle : 以下、FFV)に、世界で初めてハイブリッドシステムを搭載した試作車(以下、ハイブリッドFFV)をブラジルの ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
トヨタ、ガソリンやアルコール燃料で走行する世界初「ハイブリッドFFV(Flexible-Fuel Vehicle)」
トヨタ自動車のブラジル生産・販売事業を担う事業体Toyota do Brasil(ブラジルトヨタ)は3月19日(現地時間)、ガソリンに加えてエタノールなどのアルコールを燃料として走行できる世界初のハイブリッド車の試作車「ハイブリッドFFV」を、ブラジルのサンパウロ市で初公開した。 ハイブリッドFFVは、トヨタが日本とブラジルで開発 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
  ウェブ  
  エタノールでも走るHV初試作 トヨタ、ブラジルで発売へ
エタノールでも走るHV初試作 トヨタ自動車は20日、エタノールなどのアルコール燃料と、ガソリンのどちらでも走れる「フレックス燃料車」のハイブリッド車(HV)を試作し、ブラジルで公開したと発表した。フレックス燃料車の試作HVは世界初...

2018-3-20


バイオマス
毎日更新  2018年3月20日
ニュース 
バイオガス発電、一貫支援 市民風力発電と帯広のコンサル新事業 計画から建設、運営 新電力も視野
道内外で風力発電事業を手がける市民風力発電(札幌)と、コンサルタント会社のバイオマスリサーチ(帯広)が、家畜ふん尿を活用したバイオガス発電所の建設から運営までを一貫して支援する新事業に取り組む。バイオガス発電は国の固定価格買い取り制度(FIT)の対象になったことで道内で導入量が伸びており、参入を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
水力由来の電力を活用、実証ビルのCO2排出をゼロに
エネットは、これまでLNG(液化天然ガス)火力発電をはじめ、水力発電やバイオマス発電といった再生可能エネルギーの調達に注力し、CO2排出係数の低い電気を全国の法人の顧客に供給してきた。現在は、FIT対象となっていない小水力発電などのCO2排出係数がゼロの電気を活用したグリーンメニューを限定的に提供して ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
独AUDI、e-dieselと並ぶ「e-gasoline」の開発に成功 「e-fuel」開発の一環
e-gasolineは、本質的に液体イソオクタン(C8H18)で、現在バイオマスから2段階のプロセスで製造される。第1段階で、ガス状のイソブテン(C4H8)を製造。第2のステップで、水素を加えることでイソブテンをイソオクタンに変換するという。この燃料には硫黄とベンゼンが含まれていないため、燃焼時に汚染物質が極めて少ない ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
『幅広くて深い』情報がビジネスに不可欠です
エネルギー分野では、1995年の風力発電事業への出資を皮切りに、ESCOなどの省エネルギーサービスを展開。2009年にはいち早く電力小売事業を開始、2011年には吾妻木質バイオマス発電所の営業運転をスタート、発電事業にも参入した。2012年には太陽光発電事業を開始し、その後も再生可能エネルギー事業を拡大

日本製紙、石巻雲雀野発電所のバイオマス混焼発電設備竣工式を挙行

http://www.eco-front.com/news_een9TyPGMQ.html 同発電所は、石炭と木質バイオマス(最大30%)を燃料として混焼できることが特長で、発電出力は149,000kW(発電端)となり、すでに3月1日から営業運転を開始している。 宮城県内を中心とした東北地方の未利用材を活用し、近年課題となっている国内森林の荒廃防止に貢献するほか、北米を中心にアジア地域からも木質ペレットを集荷し、木質バイオマス高配合を目指す。 日本製紙株式会社 プレスリリース http://www.nipponpapergroup.com/news/year/2018/ (関連記事)火入れ式(2017年9月1日付) http://www.nipponpapergroup.com/news/year/2017/

積水化学 日経バイオテクONLINE - 日経BP社 積水化学工業は、2018年3月16日、ごみからエタノールを製造するパイロットプラントを公開した。パイロットプラントは、埼玉県大里郡寄居町にあるオリックス資源循環(東京・港、花井薫一社長)が保有するごみ処理施設に設置されている。ごみを分別せずに原料として使い、微生物を利用してエタノールを製造する技

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/03/18/04008/

洸陽電機、宮崎県の木質バイオマス発電所で竣工式開催

http://www.eco-front.com/news_ed9XCj3bGC.html タイナビNS 宮崎県の木質バイオマス発電所が竣工 株式会社洸陽電機は3月15日、くしま木質バイオマス株式会社が串間市で建設を進めている「大生(おおばえ)黒潮発電所」の竣工式を開催すると発表した。なお、この設計・建設は、同社が請け負っている。 竣工式は、同発電所敷地内にて地元関係者および工事協力会社などが参加のもと、3月24日の11:00予定で開催される。 同発電所は、国内初のペレット工場併設型2,000kW未満の小規模発電所となり、地域産の木材だけで発電するという。 また発電所は、発電設備としてブルクハルト社(独)製の小型高効率木質バイオマス熱電併給システム10基と、アクセスエナジー社(米)製の温水バイナリー発電システム1基にて構成され、未利用の原木を年間約19,000t(50%WB)買い取ることとしている。 同所の発電量は1,940kWで、約8,000時間の稼働により年間発電量は一般家庭約4,000世帯の使用相当分を発電する。この電力は、再生可能エネルギー固定買取価格制度の適用のもと九州電力株式会社に全量を売電する。 全国各地へ展開可能なモデルを実現 なお、この事業の特色として、エネルギーと経済の循環を地域内で確立することとなり、地元企業と連携した建設工事や雇用創出および林業活性化により、地域活性化効果が見込まれる。 また、ペレット製造から発電までのプロセスをパッケージ化した発電所となり、原木が安定調達できることから、全国各地へ展開可能なモデルを実現するとしている。 さらに、ペレット製造工場を併設した2,000kW未満の小規模バイオマス発電所としては日本初となる。発電時に発生した排熱をペレット工場側で有効活用する仕組みとなっていて、工場全体としての運用コストを低減するとのこと。 株式会社洸陽電機 プレスリリース http://www.koyoelec.com/news/release/

マレーシア・パーム油〕反落=生産増見通し(16日)

https://s.minkabu.jp/news/1471351 反落。3月の生産増見通しに圧迫された。  在クアラルンプールのトレーダーは「生産は今月、増加する可能性がある」と指摘した。 3月は2月よりも営業日が多い上、季節要因から増加する傾向にある。  中心限月6月きりは1%安の2416リンギ(618.38ドル)。(ロイターES時事) [時事通信社]

バイオマス発電ローンファンド

バイオマス発電ローンファンド
今回の借り手は、事業者Aです。 事業者Aは、再生可能エネルギー事業開発事業者Cに対して、バイオマス発電所の開発資金のリファイナンスのために3億円の融資を行います。 事業者Cは本件発電所を開発する事業者H(SPC)を取得し、事業者Cが有するバイオマス発電事業に関するノウハウを活用して、事業者Hによる事業 ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
  SBISLバイオマスブリッジローンファンド3号
投資家の皆様よりご出資いただいた資金が、再生可能エネルギーの普及・拡大や社会全体の環境負荷低減への貢献による現在から未来への架け橋として有効活用されるべく、願いを込めております。 ファンドコンセプトのページでは、バイオマス発電の概要やメリットを紹介しております。 ファンドコンセプト ...

インドネシアが外国船規制

インドネシアが外国船規制
インドネシア政府が新たに設けた外国船規制が海運業界に波紋を広げている。主要産品である石炭とパーム油の輸出の際などに、自国の船会社の利用を義務付ける内容だ。準備の遅れで発効は当初予定の4月下旬から遅れる見込みだが、貨物船の選択に政府が介入しない「海運自由の原則」に反する保護政策に反発の声 ...
Google Plus      
 
 
絶滅の危機に瀕するオランウータン 世界が注目する保護活動を日本企業も支援
パーム油は、主に森林を切り開いた農園で栽培されるアブラヤシの実から取れる。調理油、口紅、絵の具、シャンプー、インスタント麺などありとあらゆる食品・生活用品の原料に使われている。WWFによれば、日本のスーパーで販売されている商品の約半数にパーム油が使われているほどだ。その需要は世界で右肩上がりに ...

1月のCPO輸出、需要減で前月比4%微増

https://www.nna.jp/news/show/1738022 1月のCPO輸出、需要減で前月比4%微増 インドネシア・パーム油業界連盟(GAPKI)によると、1月のパーム原油(CPO)とパーム油由来品(バイオディーゼルと油脂化学製品を除く)の輸出量は274万トンで、前月比4%の微増にとどまった。中国や欧州連合(EU)加盟国など輸出先国で需要が減少したためで、CPOの…

不二製油、アメリカに油脂新工場

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2817390015032018TJ2000/ 不二製油、アメリカに油脂新工場 日本経済新聞 不二製油グループ本社 15日、米ルイジアナ州にパーム油製品の製造販売会社を設立すると発表した。資本金は3500万ドル(約37億円)。7000万ドルを投じて新工場を作る。2020年3月に工場を稼働、米国でのパーム油の生産能力は従来の1.6倍になるという。22年に1億3000万ドルの売上高を目指す。 パーム油の用途は ... 不二製油/グループ会社が米国にFuji Oil New Orleansを設立-パーム油の需要増加に対応 物流ニュースリリース (プレスリリース) 不二製油/グループ会社が米国にFuji Oil New Orleansを設立-パーム油の需要増加に対応. 当社孫会社における新 ... が油脂製品の製造販売を行っておりますが、米国におけるパーム油の需要増加に対し、当社グループとして更に拡販を図るため、当社の連結子会社(孫会社)FUJIVEGETABLEOIL,INC.が全額出資 ...