2018-4-30

【eco最前線を聞く】メガソーラーで持続可能な経済後押し
しかし、事業環境はこの6年で激変。国による太陽光発電(出力10キロワット以上)の買い取り価格が2018年度には1キロワット当たり18円と、12年の制度開始時に比べると半分以下にまで下がったからだ。投資案件の採算性やバイオマスなど太陽光以外の再生エネに対する投資の方向性について、下村哲朗社長に聞いた。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
燦キャピタル、タイのバイオ燃料事業見直し
燦キャピタルマネージメント(大阪市)は27日、タイのバイオマ(生物資源)燃料製造事業の計画を見直すと発表した。事業パートナーだった日本のエネルギー商社が事業から撤退したためで、事業用地の活用のほか、用地売却も選択肢に入れて現地企業と協議する。バイオマス燃料の… 関連国・地域: タイ/日本. 関連業種: ...

2018-4-29

パーム油の国際価格が下落
揚げ油やマーガリンの製造に使うパーム油の国際価格が下落している。指標となるマレーシア市場の先物は日本時間27日午後の時間外取引で、1トンあたり2392リンギ前後(約6万6600円)。17年秋に付けた高値から約15%安い。 最大生産地のマレーシアは好天が続き、生産が順調に進んでいる。在庫水準も高く、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
4/27オープン「LUSH 神戸三宮店」の《オープン記念限定アイテム》をチェック!編集部が気になった ...
プラスチック容器や包装を使用せず、液体ソープと同じ原材料で作られたパーム油フリーの固形ハンドソープです。ゴミになるプラスチック包装や容器を使用しないので、環境への負荷を軽減することはもちろん、合成保存料を不要とすることで人への負荷も軽減。あえてポンプ式の形にすることで、「LUSH(ラッシュ)」の環境 ...

2018-4-28

パーム油、国際価格が下落 産地の在庫増加受け
在庫水準も高く、マレーシアパーム油庁によると3月の在庫は230万トンと需給均衡の目安となる200万トンを上回った。 一方、消費国のインドは自国の農家保護を目的に輸入税率を引き上げており、「供給が過剰になる」(伊藤忠商事傘下の調査会社、食料マネジメントサポートの服部秀城本部長)との見方が出ている。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
〔マレーシア・パーム油〕下落=需要鈍化で(26日)
26日のマレーシア市場のパーム油先物相場は下落して引けた。一時は、最近の取引レンジの下限に沈んだ。減退しつつある需要のため弱 ... のトレーダーは「弱い輸出需要への懸念」が相場を押し下げたと説明した。 調査会社各社が発表した4月1〜25日のマレーシア産パーム油輸出は前月同期比0.8〜2.5%減だった。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ミントティーの爽やかな香りのボディーケアが『カンパニー ド プロバンス エクストラピュア』から5/8新発売
マルセイユソープ ミントティー標準重量 25g 価格300円+税標準重量 100g 価格800円+税 きめ細かい泡立ちでしっとりと洗い上げてくれる「マルセイユソープ ミントティー」はパーム油とプロバンス産植物を主原料を使用。マルセイユの伝統的な製法で作られた植物性石けんです。 こちらも石油系界面活性剤、着色料、動物性 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
海外農地を狙う中国 農業分野での投資が6年で5倍に
地域は東南アジア、ロシア東部をターゲットとし、ASEAN(東南アジア諸国連合)では地域自由貿易協定により、パーム油米、砂糖、果物、木材などを中心に輸入していた。 しかし、最近では資本の豊富な中国企業が、北米、欧州、オセアニアのアグリビジネス企業を買収するという戦略をとっている。 たとえば、中国国内では ...