政府、アブラヤシ栽培地開発を規制へ NNA.ASIA インドネシア政府は19日、アブラヤシ農園(プランテーション)の新規開発の一時停止(モラトリアム)などを定めた大統領指示『2018年第8号』を公布した。


政府、アブラヤシ栽培地開発を規制へ
インドネシア政府は19日、アブラヤシ農園(プランテーションの新規開発の一時停止(モラトリアム)などを定めた大統領指示『2018年第8号』を公布した。

国産間伐材 発電利用200万トン突破 17年調査 バイオマス拡大 林野庁 日本農業新聞 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)や各地で木質バイオマス発電所が本格稼働したことが利用量の増加を後押しした。一方、木質バイオマス ...


国産間伐材 発電利用200万トン突破 17年調査 バイオマス拡大 林野庁
再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)や各地で木質バイオマス発電所が本格稼働したことが利用量の増加を後押しした。一方、木質バイオマス ...

バイオマスから油脂を生産する新種の酵母を発見

-油脂製造プロセスの効率化と低炭素社会の実現に貢献-

理化学研究所(理研)バイオリソース研究センター微生物材料開発室事業推進ユニットの高島昌子ユニットリーダー、大熊盛也室長、明治薬科大学微生物学研究室の杉田隆教授、龍谷大学農学部の島純教授、京都大学大学院農学研究科の谷村あゆみ特定研究員らの共同研究グループは、バイオマス[1]由来の発酵原料糖の主成分を成す2種類の糖から効率良く油脂を生産する新種の酵母を発見しました。

本研究成果は、油脂製造において石油からバイオマスへの原料の転換を進め、製造プロセスの効率化による消費エネルギーの削減に向けた研究を促進することで、低炭素社会の実現に貢献すると期待できます。 油脂は食品、医薬品、化成品の原料となることから、化学工業における基幹物質の一つです。現在、油脂の多くは石油から化学的に合成されていますが、温室効果ガス抑制の観点から、酵母などの生物を用いた新たな油脂生産プロセスの開発が求められています。今回、共同研究グループは、沖縄県西表島などの植物と土壌から分離した酵母から、バイオマス由来の発酵原料糖であるグルコース[2]キシロース[3]をほぼ同時に取り込み(グルコース抑制[4]がない)、油脂を効率良く生産する酵母3株を発見しました。この酵母は、系統解析や分類学的研究の結果、Cystobasidium属に属する新種であることが示されたため、「Cystobasidium iriomotense」と命名しました。

本研究成果は、米国のオンライン科学雑誌『PLOS ONE』(9月12日付け:日本時間9月13日)に掲載されました。

バイオマスから油脂を生産する新種の酵母を発見
本研究成果は、油脂製造において石油からバイオマスへの原料の転換を進め、製造プロセスの効率化による消費エネルギーの削減に向けた研究を促進すること ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バイオマスプラ出荷量50倍へ 30年目標
カナダ東部ハリファクスで開催中の主要7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合の関連イベントで、中川雅治環境相は20日、動植物由来の原料(バイオマス)で .

毎日更新 ⋅ 2018年9月21日 ニュース


バイオマス


<注目銘柄>=タクマ、バイオマス発電設備の受注拡大で業績向上
タクマ<6013.T>をプラント受注の好調を背景とした好業績・割安銘柄として見直したい。同社は、廃棄物処理施設、バイオマス発電設備、水処理・下水汚泥焼却 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日本トランスシティ 霞バイオマスセンター
【三重県四日市市】日本トランスシティ(四日市市霞2ノ1ノ1)は、(仮称)霞バイオマスセンターの新築を計画している。着工は11月中旬を予定。施工者は現在、選定 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
水力発電所を巡る 伊那市自然エネツアー始動
伊那市のNPO法人南アルプス研究会(小澤陽一代表)は20日、水力発電所や木質バイオマスなど市内に点在する自然エネルギー施設を巡るバスツアー「伊那市 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
浜松市 木質バイオマス活用へ事業計画を
浜松市は、木質バイオマスを活用したエネルギーの「地産地消」を具体化するため、事業スキームの検討と事業計画の策定に着手する。9月補正予算案に事業費 ...
Google PlusFacebookTwitter


毎日更新 ⋅ 2018年9月21日 ニュース


パーム油


〔マレーシア・パーム油〕3日続落=植物油相場安に追随(19日)
〔マレーシア・パーム油〕3日続落=植物油相場安に追随(19日). 時事通信社. 2018/09/20 07:12. 3営業日続落。他の植物油相場の下落につれたほか、生産国 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ミャンマーとの貿易に期待
ミャンマーのヤンゴンでこのほど、インドネシアとのビジネスマッチングが行われた。2017年の両国間の貿易額は10億ドル程度で、大きな伸びが期待される。
Google PlusFacebookTwitter

2018/09/20 07:12
 3営業日続落。他の植物油相場の下落につれたほか、生産国における在庫増見通しにも圧迫され、ほぼ2カ月ぶり安値を付けた。
 12月きりの清算値は、1.8%安のトン当たり2158リンギ(520.83ドル)。
 在クアラルンプールの先物トレーダーは「地合いは海外市場安により弱まった。在庫積み増し観測もあった」と述べ、シカゴ市場や中国・大連市場の植物油安について言及した。(ロイター時事)

毎日更新 ⋅ 2018年9月20日 ニュース


パーム油


雪印メグミルク、グループ調達方針制定 RSPOに加盟
... 活動に関連する社会課題に対応するため、新たなグループ調達方針の制定を発表した。7月10日にはRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)に加盟。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
真庭の天然素材入りせっけん販売 MATSURIKAが25日から
化粧品製造販売の「MATSURIKA」(真庭市本郷)は、地元の天然素材にこだわった4種類のせっけんを作り、25日から販売する。パーム油や化学物質は使わ ...
Google PlusFacebookTwitter


毎日更新 ⋅ 2018年9月19日 ニュース


バイオマス


1口5万円・年利回り7.0%・27日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISLバイオマスブリッジローン ...
SBISLバイオマスブリッジローンファンドは、バイオマス発電事業者向けの貸付事業で運用され、SBIソーシャルレンディングが玄海インベストメントアドバイザーと ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
木質バイオマスの利活用を基盤にした先進的なSDGsの取り組み
SDGsは、2015年9月の国連サミットにて「2030アジェンダ」に採択され、国際社会全体の開発目標として経済・社会・環境をめぐる広範な課題に取り組むこと ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
国際紙パ商事が上値慕い継続、バイオマス発電支援システム開発と土地売却益の2つの材料が後押し
同社は14日取引終了後、バイオマス発電所運転支援システムの開発を開始することを発表、これが物色人気を誘っている。また同日、福岡市博多区に保有する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
木材チップのエネルギー利用が加速、輸入チップは15.2倍に増加
林野庁は2017年の木質バイオマスエネルギーとして利用された木材チップの量(速報値)は、全体で前年比12.8%増の872.6万トンに達し、このうち間伐材・林地 ...
Google PlusFacebookTwitter


MarketReport.jp 「オレオケミカル脂肪酸の世界市場2017-2026」産業調査レポートを取扱開始 ニコニコニュース ... 分解)分析、タイプ別(オレイン酸、蒸留による脂肪酸、ステアリン酸、多不飽和性脂肪酸、カプロン酸、グリセリン、脂肪アルコール、油脂肪酸、パーム油脂肪酸、 ...

MarketReport.jp 「オレオケミカル脂肪酸の世界市場2017-2026」産業調査レポートを取扱開始
... 分解)分析、タイプ別(オレイン酸、蒸留による脂肪酸、ステアリン酸、多不飽和性脂肪酸、カプロン酸、グリセリン、脂肪アルコール、油脂肪酸、パーム油脂肪酸、 ...

航空機ジェット燃料を直接合成できるオンデマンド触媒の開発 科学技術振興機構 合成ガスは、天然ガス(シェールガス、メタンハイドレートを含む)、バイオマス、石炭、可燃性ゴミ、重質油などの広範な原料を熱分解して得られるため、工業的に ...


航空機ジェット燃料を直接合成できるオンデマンド触媒の開発
合成ガスは、天然ガス(シェールガス、メタンハイドレートを含む)、バイオマス、石炭、可燃性ゴミ、重質油などの広範な原料を熱分解して得られるため、工業的に ...

もうチープだとは言わせない!生活感の出ない紙皿、見つけました BIGLOBEニュース WASARAは、非木材である竹とさとうきびの搾りかすであるバガスを原料にした素材でつくられています。 糊や接着


もうチープだとは言わせない!生活感の出ない紙皿、見つけました
WASARAは、非木材である竹とさとうきびの搾りかすであるガスを原料にした素材でつくられています。 糊や接着

パーム油 毎日更新 ⋅ 2018年9月15日 ニュース




〔マレーシア・パーム油〕5日ぶり反発=テクニカル調整や需要改善で(13日)
クアラルンプールのトレーダーは、シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆油相場に言及し「海外市場はこの日は軟調であったため、ーム油の上値は限られるだろう」 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
Mycell、乳酸高配合の石鹸発売…クリニック院長と共同開発
敏感肌の人も安心して使えるよう、石けん素地には100%植物油脂(ヤシ油・パーム油・オリーブ油)を使用。パラベン・防腐剤・酸化防止剤・合成着色料・合成香料 ...
Google PlusFacebookTwitter


大王製紙、環境対策に力 売電用バイオマス発電所を新設 日本経済新聞 パルプを作る工程で出る廃液の樹脂成分を使い、売電用のバイオマス発電所を2020年7月に稼働。古紙を回収する過程で出る抽出成分を製紙工程に再び投入 ...

大王製紙、環境対策に力 売電用バイオマス発電所を新設
パルプを作る工程で出る廃液の樹脂成分を使い、売電用のバイオマ発電所を2020年7月に稼働。古紙を回収する過程で出る抽出成分を製紙工程に再び投入 ...

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、… NNA.ASIA 例えば政府は、サトウキビ農家の収入増加を支援するため、サトウキビを使ったエタノールの生産と、エタノールを使ったバイオ燃料の普及を推進している。

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、…
例えば政府は、サトウキビ農家の収入増加を支援するため、サトウキビを使ったエタノールの生産と、エタノールを使ったバイオ燃料の普及を推進している。

物流ニュース 物流ニュースリリース (プレスリリース) 環境にやさしい燃料として近年注目されているメタノールやエタノールを燃料として使用する船舶の普及に向けた環境を整備するため、その船舶の安全性を確保 ...

物流ニュース
環境にやさしい燃料として近年注目されているメタノールやエタノールを燃料として使用する船舶の普及に向けた環境を整備するため、その船舶の安全性を確保 ...

RSPO GROWER MEMBERS SAVE CO2 EQUIVALENT OF 300,000 CARS

300,000 Cars

A study commissioned by the RSPO Emission Reduction Working Group reveals that RSPO growers saved 2 million tonnes in GHG emissions from sustainable practices, while also achieving low-carbon new oil palm development.


https://www.rspo.org/news-and-events/news/rspo-grower-members-save-co2-equivalent-of-300000-cars?utm_source=E-Newsletter+Subscribers+from+RSPO+site&utm_campaign=15ba7bffaa-RSPO+e-Gazette+-+September+2018+%28Web%29&utm_medium=email&utm_term=0_50c368626b-15ba7bffaa-196740169

posted by Mark at 19:06RSPO