アクセスランキング 2019−6

合計(全ページ) 100.0%3,740825
1/index.rdf 5.7%21517
2トップページ 4.7%174101
3バイオマス 毎日更新 ⋅ 2019年6月4日 … 0.8%3023
4アクセスランキング 2019-5 0.8%2922
5徳山事業所におけるバイオマス発電の事業… 0.7%2821
6バイオマス 毎日更新 ⋅ 2019年6月5日 ニ… 0.7%2822
7/index20.rdf 0.7%276
8DBJ、下関バイオマスエナジー合同会社へ… 0.7%2719
9ハップセン社長、パーム油市場を楽観視 N… 0.7%2620
10徳山事業所におけるバイオマス発電の事業… 0.7%2519
11バイオマス 毎日更新 ⋅ 2019年6月1日 ニ… 0.6%2419
12海洋ごみの防波堤、対馬 : プラスチック… 0.6%2418
13ひろしま西風新都 木質バイオマス発電事… 0.6%2420
14「森を破壊しない」ハンバーガーはなぜ必… 0.6%2317
15徳山事業所におけるバイオマス発電の事業… 0.6%2316
16バイオマスプラスチックとは CO2排出削減… 0.6%2321
17徳山事業所におけるバイオマス発電の事業… 0.6%2320
18エタノール 毎日更新 ⋅ 2019年6月5日 … 0.6%2216
19毎日更新 ⋅ 2019年5月31日 ニュース 0.6%2218
20米、農家支援へ高エタノールガソリン通年… 0.6%2116

サイムダービー、インドネシア農園子会社を売却 アジアエックス アブラヤシ農園大手のサイムダービー・プランテーションは25日、インドネシアで農園を運営する100%子会社のミトラ・オーストラル・セジャウテラ(MAS)

サイムダービー、インドネシア農園子会社を売却
アブラヤシ農園大手のサイムダービー・プランテーションは25日、インドネシアで農園を運営する100%子会社のミトラ・オーストラル・セジャウテラ(MAS)

バイオベースのブタノール市場アプリケーションと2018-2023への分析 SNAP! バイオベースのブタノール の市場のレポートは市場の主要な運転者、機会、挑戦、企業の傾向および影響の完全な洞察力を提供する。 バイオベースのブタノール

バイオベースのブタノール市場アプリケーションと2018-2023への分析
バイオベースのブタノールの市場のレポートは市場の主要な運転者、機会、挑戦、企業の傾向および影響の完全な洞察力を提供する。 バイオベースのブタノール

海外=世界100都市のGHGは10%、コペルスカールがエタノール予測

海外=世界100都市のGHGは10%、コペルスカールがエタノール予測
ブラジルのバイオ・リニューワブル国立研究所((LNBR)などの研究チームは6月半ば、グルコース収率を向上させる酵素を開発し、その成果を専門誌に発表した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
海外=世界100都市のGHGは10%、コペルスカールがエタノール予測
ブラジルではこのほか、製糖・アルコール事業のコングロマリットであるコペルスカールが6月17日、米国でバイオエタノールを15%混合したガソリン「E15」が通年 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
グローバルアミノエチルエタノールアミン市場状況2019-2025年までの業界の洞察、分析と予測
グローバルというタイトルが付けられた新しく発行されたレポートアミノエチルエタノールアミン市場2009-2025独特のセグメントを分析するために、一次および二

バイオマス発電市場アプリケーションと2018-2023への分析 SNAP!

バイオマス発電市場アプリケーションと2018-2023への分析
バイオマス発電:グローバルバイオマス発電市場研究報告書の重要な情報ビジネスユーザーの競合他社を市場に成長できます。 Globalバイオマス発電 market ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
グリーンリバーホールディングス、佐賀市でのバイオマス資源利活用型スマートアグリファクトリーが完成。7 ...
佐賀市は、2014年7月に「佐賀バイオマス産業都市構想」を策定し、環境の保全と経済的な発展が両立するまち「バイオマス産業都市さが」の実現を目指し ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
コメから作ったごみ袋に切り替えへ 南魚沼市 地元企業とタッグ
米どころの街は、ごみ袋もコメで作ります-。新潟県南魚沼市は地元企業とタッグを組み、市指定ごみ袋をコメ配合のバイオマスプラスチック製に切り替える
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
安藤ハザマ、再生エネのイーレックスと業務提携
イーレックスは1999年設立の新電力会社で、バイオマス発電を中心とした再生可能エネルギー事業に強みを持つ。現在2つの発電所でバイオマス発電をしている ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
クラレ 「カフェ・喫茶ショー」にバイオ由来バリア材などを出展
クラレとクラレトレーディング、クラレクラフレックスが「カフェ・喫茶」に関わる製品を紹介する。 出展製品は、バイオマス由来のバリア材「プランティック」とガスバリア ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Eneco Holdings株式会社、低価格・高濃度・大量生成可能な水素技術で燃料革命
輸入による化石燃料の燃焼から水素を取り出したり、廃棄物等(イオマス)の活用、太陽光発電などの再生可能エネルギーによる水素燃料生成など、試行錯誤が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
エネット、東北・中国・四国の3支店を新たに開設
エネットはNTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスの共同出資により設立された新電力会社。2000年の設立以降、液化天然ガス発電・太陽光・バイオマスど ..

eネ省、11月から軽油の最低基準をB10に NNA.ASIA

エネ省、11月から軽油の最低基準をB10に
タイのエネルギー省は、11月から軽油の最適基準商品をパーム油7%混合のバイオディーゼル燃料「B7」から10%混合の「B10」に切り替える計画だ。パーム油 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
G20参加国留学生ら京大で交流 「廃プラ大縄跳び」に挑戦
京大大学院で地球環境について学ぶインドネシア出身のアビヤン・アルファニさん(24)は「ドイツ人留学生とパーム油を巡る両国の関係を話す機会になった」と ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
サイムダービー、インドネシア農園子会社を売却
サイムダービー・プランテーションは、自動車や工業製品のコングロマリット(複合企業)であるサイムダービー(SIME)から2017年に分社化。パーム油事業に専念し ...

バイオマス発電、燃料争奪戦に 脱石炭で需要急増 日本経済新聞

バイオマス発電、燃料争奪戦に 脱石炭で需要急増
再生可能エネルギーの一翼を担うバイオマス発電で、燃料の国際的な争奪戦が激しさを増している。石炭火力を廃止する英国などが大量調達に動き、日本が買い ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「次世代森林産業展」長野で8月開幕 バイオマスエキスポも同時開催
次世代森林産業展2019(FORESTRISE)」は、2017年5月に初開催した林業・バイオマスをテーマにした「国際ウッドフェア」を大きく衣替えし、森林資源を基盤と ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
プラスチック製持ち帰り用ポリ袋を環境配慮素材に変更します
植物由来のバイオマスポリエチレンを使用した袋に変更し、環境への取り組みを ...バイオマスポリエチレンは、サトウキビを主原料とした素材であり、石油資源の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
今後のバイオマス暖房システム市場の2019年から 2025年には、世界的に繁栄されています- GreenVinci ...
インダストリアルの予測バイオマス暖房システム Market: Garnerの洞察力により、「グローバルバイオマス暖房システム市場規模、現状、および予測2019-2025 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
慢性閉塞性肺疾患(COPD)薬マーケティング戦略分析に2018と予測に2023
COPDの発症リスクを増加させ、喫煙、バイオマス燃料への暴露、大気汚染など、いくつかの生活習慣の要因があります。タバコの煙に加えて、そのような職業 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
前場のランキング【値下がり率】 (6月26日)
<7895> 中央化学 JQ -12.5 490バイオマスプラスチック関連. 4. <7585> かんなん丸 JQ -10.3 988. 5. <9780> ビステム JQ -10.3 2951. 6. <6166> 中村超硬 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
本日のランキング【値下がり率】 (6月26日)
<7895> 中央化学 JQ -17.7 461バイオマスプラスチック関連. 3. <9318> アジア開発 東証2 -14.3 6. 4. <6067> インパクト 東証M -13.0 4120 インド関連. 5.
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
本日のランキング【約定回数 増加率】 (6月26日)
<7895> 中央化学 JQ 9.7倍 ( 3,265) 461 ( -17.7 )バイオマスプラスチック関連. 11. <4444> インフォネ 東証M 9.6倍 ( 8,903) 3075 ( -17.8 ) 人工知能関連.

への分析

マレーシアがブロックチェーンスペシャリスト誘致のため短期ビザプログラムを導入
マレーシアの新しい「ブロックチェーンビザ」は、特にパーム油輸出や果物や野菜の輸入の際の信頼性および透明性の担保に活用が見込まれるブロックチェーン ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
チリとの経済連携協定、8月に発効
によると、チリ側の関税のうち、即時撤廃されるものは、パーム油のほか、一部の紙、靴、繊維製品、タイヤ、水産物(エビ、ツナなど)など。自動車部品は5年間で ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
オリーブオイル市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2018-2023への分析
Increasing需要の上にそれに追加の付加価値の利点を与えます。コーン油、パーム油、ヤシ油、落花生油、カラシ油、およびヒマワリ油は、代替製品であり、低 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオポリオール市場レポート,売上高と成長率2018
バイオポリオールを製造するのに使用される一般的な天然油の一部は、ヒマシ油、大豆油、ヤシ油、パーム油、およびコーン油です。アナリストは、期間2018年 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
離乳食期のカレーデビュー!安心安全でおいしいお子さまカレー
原材料:ばれいしょでん粉、デキストリン(タピオカでん粉)、果糖、カレー粉、かぼちゃ、植物性油脂加工食品(デキストリン(タピオカでん粉)、パーム油)、てん菜糖

First Sustainable Palm Oil Dialogue (SPOD) held in Europe

First Sustainable Palm Oil Dialogue (SPOD) held in Europe

RSPO, the European Palm Oil Alliance and IDH - The Sustainable Trade Initiative, convened a multilateral meeting of members and stakeholders to debate how Europe will meet its target of 100% sustainable palm oil by 2020

READ MORE

Cross-Industry Collaboration Proves Beneficial for Biodiversity

RSPOmember’s zoo partnership demonstrates the conservation potential of palm oil

READ MORE

Moving Towards Deforestation-Free Supply Chains in India

Earlier this month, ISEAL Alliance,RSPO, WWF-India and the Forest Stewardship Council (FSC), co-organised a strategic dialogue and workshop with key stakeholders on the topic of moving towards deforestation-free supply chains in India.

READ MORE

Striking a Balance Between Smallholder Inclusion and Rigorous Sustainability Commitments

The upcomingRSPOIndependent Smallholder (ISH) Standard seeks to simplify overall system and approach to certification for greater smallholder inclusion, whilst still maintaining coreRSPOprinciples.

READ MORE
posted by Mark at 14:30RSPO

Public Consultation: Jurisdictional Approach for RSPO Certification


RSPO has embarked on a journey to develop an approach that will allow the RSPOPrinciples and Criteria (P&C) to be applied at the jurisdictional level for the State of Sabah, Malaysia; District of Seruyan, Central Kalimantan, Indonesia and Ecuador. This approach is referred to as the Jurisdictional Approach to Certification (JA for short).

The JA aims to address environmental and social issues by strengthening stakeholders’ engagement and ensuring smallholder inclusion through strong government involvement, and enabling a wider impact area than that of single producer certification.

In March 2018, the RSPO Board of Governors (BoG) endorsed the establishment of a Jurisdictional Working Group (JWG) for the development of the approach, centered around local applicability, acceptance by the market, and pragmatic development over time through ensuring alignment and learning experiences with current RSPO JA landscapes.

The draft of the approach is now open for public consultation. The public consultation period​ will last for 6​0 days, from 24 June through to (and including) 23 August 2019. 

You can download the draft text of the RSPO Jurisdictional Approach for Certification below:
ENGLISH
For other languages, please visitwww.rspo.org

You can also download the background slides below:
ENGLISH
For other languages, please visitwww.rspo.org

To provide and submit your feedback on the draft text of the RSPO Jurisdictional Approach for Certification, please access the online survey below.
ENGLISH
For other languages, please visitwww.rspo.org
posted by Mark at 14:29RSPO

RSPO Releases Industry-First 'Decent Living Wage' Guidance for Oil Palm Workers

RSPOReleases Industry-First 'Decent Living Wage' Guidance for Oil Palm Workers



Last week,RSPO launched a ground-breaking guidance document for certified sustainable palm oil companies to determine the Decent Living Wage for all workers.
 
 

RSPOScores Higher Than Other Sustainable Palm Oil Standards According to New Report


A new report by IUCN Netherlands benchmarking key palm oil certification standards against one another findsRSPOshows best results.
 
 
 
posted by Mark at 14:28RSPO

RSPO Shared Responsibility Task Force Recommendations Public Consultation is now open!

RSPOShared Responsibility Task Force Recommendations Public Consultation is now open!

The Shared Responsibility Task Force (STRF) draft document is now open for public consultation. This is your opportunity to provide feedback on the SRTF recommendations, enabling all members to align and multiply efforts for collective action and to drive impact.
 
 
 

Amendment: Missing Attachment inRSPODrainability Assessment Procedure Announcement


This is to announce that theRSPODrainability Assessment Procedure document was missing as an attachment in our previous announcement sent on 11 June 2019. Please see the documenthereand apologies for the inconvenience caused.
 
 
 

RSPO Drainability Assessment Procedure

The RSPO Secretariat is pleased to introduce the RSPO Drainability Assessment (DA) Procedure, developed by the Peatland Working Group 2 (PLWG2) over the course of the past 18 months. This procedure is applicable to all RSPOmembers with existing and/or future acquisitions of existing Oil Palm (OP) plantations on peat. In line with the requirements of indicator 7.7.5 of the 2018 Principles and Criteria (P&C), this procedure is to be conducted 5-years prior to the replanting of existing OP planted peat area, and will provide companies with the remaining years before reaching the drainage base (ground water level), with the intention of providing companies with ample time to improve peat management and/or phase out OP on peat (refer figure 2).

Companies are required to phase out OP and/or rehabilitate the assessed area at least 40 years prior to reaching the drainage base.


Figure 1: Example showing a plantation required to phase out OP after completing 3 OP cycles, leaving a buffer of 40-years prior to reaching the ‘drainage base’.

12 Month Implementation Period
Grower members will have a period of 12 months from the date of the introduction of the RSPO Drainability Assessment Procedure to implement this procedure. During this implementation period, companies are encouraged to use this procedure in the initial drainability assessment (see transition arrangements) and provide feedback. All assessments conducted during this period (including feedback) shall be sent to the RSPO Secretariat for internal review and amendments may be made where necessary. Submissions are to be sent by email to the RSPO Secretariat at ghg@rspo.org 

Transition Arrangements
Companies planning to replant OP on existing peatland areas  between 2019 - 2023 are required to conduct an ‘initial drainability assessment’ for these areas, during the 12 month implementation period.
Figure 2: Transition arrangements for the Drainability Assessment Procedure

The proceeding action required by the company will depend on the result of the drainability assessment, Drainage Limit Time (DLT).

i. DLT > 40 years – Replanting may proceed as per the original planned replanting year
ii. DLT ≤ 40 years – Replanting may be deferred for 2 years OR until 2024 (whichever earlier).

For point (ii) above, during the deferment period, companies are required to improve their peat management and gather additional subsidence date in the assessed areas, with the aim to reduce peat subsidence. The drainability assessment may then be reconducted, of which, phasing out and/or rehabilitation is required if the DLT from the second assessment is <40 years (see figure 2).

Applicability of RSPO Drainability Assessment Procedure
All replanting of OP in peat areas from 3 June 2019 onwards will require a prior drainability assessment to be conducted for the replanting area, using either:

i. RSPO Drainability Assessment Procedure; OR
ii. Any other RSPO recognised methods.

For point (ii) above, companies are required to submit their drainability assessment report to the RSPO Secretariat for review prior to any land clearing of existing OP for replanting. Failure to submit  the assessment to RSPO for review will result in the company having to conduct the drainability assessment using the RSPO Drainability Assessment Procedure. The assessment report may be submitted to the RSPO Secretariat by emailing ghg@rspo.org
posted by Mark at 14:26RSPO

RSPO Commits to Human Rights and Social Standards

RSPOCommits to Human Rights and Social Standards

A Q&A with Kamini Visvananthan highlights the changes made toRSPOPrinciples & Criteria.

READ MORE

India Continues National Interpretation ofRSPOPrinciples and Criteria 2018

India Sustainable Palm Oil Coalition members and Indian National Interpretation Working Group review consumption and trade of palm oil in India, agree to definition of ‘smallholders’ and application of Independent Smallholder Standard, Group Certification, and Supply Chain Certification.

READ MORE

RSPOCertification for First Oil Palm Plantation in Africa 

Olam International achievesRSPOcertification for its Mouila Lot 3 palm plantation in Gabon, Africa.

READ MORE

5 Steps to Reduce Deforestation

WWF International outlines how companies can and should meet their deforestation targets.

READ MORE
posted by Mark at 14:25RSPO

タクマ、福岡のバイオマス発電受注 日刊工業新聞

タカフジ、九電みらいなど4社-大分市で木質バイオマス発電事業を実施へ
タカフジ(大分市)、九電みらいエナジー、大分瓦斯、三菱UFJリースの4社は24日、大分県大分市で木質バイオマス発電事業に乗り出すと発表した。事業主体は4 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
タクマ、福岡のバイオマス発電受注
残り:149文字/本文:149文字). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する · ログインして記事本文を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
[注目トピックス 日本株]【M&A速報:2019/06/25(2)】東京海上HD<8766>、メディカルノートとヘルスケア ...
*16:47JST 【M&A速報:2019/06/25(2)】東京海上HD<8766>、メディカルノートとヘルスケア領域で資本業務提携□東京海上HD<8766>、メディカルノートと ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【M&A速報:2019/06/25(2)】東京海上HD<8766>、メディカルノートとヘルスケア領域で資本業務提携
東京海上HD<8766>、メディカルノートとヘルスケア領域で資本業務提携. □新生銀行<8303>、昆虫を用いたバイオマスリサイクルシステム開発のムスカに出資

全体的な木製の餌の市場2019-25 アンドリッツAG, ツつ”ツづゥツ, ウェスター-ベルト-カンパニー おもちゃ屋パーク 2019グローバル木材ペレット市場の状況、洞察、分析、予測を2025に. グローバルというタイトルの新しく発行されたレポート木材ペレット市場2019-2025独特の ...

全体的な木製の餌の市場2019-25 アンドリッツAG, ツつ”ツづゥツ, ウェスター-ベルト-カンパニー
2019グローバル木材ペレット市場の状況、洞察、分析、予測を2025に. グローバルというタイトルの新しく発行されたレポート木材ペレッ市場2019-2025独特の ...

糖蜜市場2019年の世界のエタノールトップメーカーのシェアと成長率、主要データ2025

糖蜜市場2019年の世界のエタノールトップメーカーのシェアと成長率、主要データ2025
2019糖蜜市場の状況からのグローバルエタノール,洞察,2025への分析と予測. グローバルというタイトルの新しく発行されたレポート糖蜜市場からの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
[注目トピックス 日本株]コニシ Research Memo(6):化成品事業では塗料、化学工業向けが低調ながら ...
*15:36JST コニシ Research Memo(6):化成品事業では塗料、化学工業向けが低調ながら、自動車、電子・電機が伸びをけん引□コニシ<4956>の業績動向

北海道にバイオマス発電設備、タクマが受注 国内最大級 神戸新聞

北海道にバイオマス発電設備、タクマが受注 国内最大級
環境装置メーカーのタクマ(兵庫県尼崎市)は、大規模なバイオマ発電設備を受注したと発表した。発電出力は約7万5千キロワットで、木質バイオマスのみを ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス電力市場:2019年から2026年の間の業界調査、成長傾向および機会
バイオマス電力市場規模:. 「グローバルバイオマス電力市場2019」という調査レポートには、世界全体に関連するバイオマス電力市場 の詳細な概要が表示され ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヤシの殻に熱視線 バイオマス燃料に活用 ジェトロ商談会
日本貿易振興機構(ジェトロ)ジャカルタ事務所は18日、中央ジャカルタでパームヤシ殻(PKS)に関する商談会を初開催した。計約50社が参加し、バイオマス電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<注目銘柄>=タケエイ、今期以降大型投資の回収期入りへ
一方、再生可能エネルギー事業では、グループ3カ所目となる大仙バイオマスエナジーが、4月から本格稼働を果たしたほか、4カ所目の横須賀バイオマス ...

ヤシの殻に熱視線 バイオマス燃料に活用 ジェトロ商談会 じゃかるた新聞 日本貿易振興機構(ジェトロ)ジャカルタ事務所は18日、中央ジャカルタでパームヤシ殻(PKS)に関する商談会を初開催した。計約50社が参加し、バイオマス発電 ...

ヤシの殻に熱視線 バイオマス燃料に活用 ジェトロ商談会
日本貿易振興機構(ジェトロ)ジャカルタ事務所は18日、中央ジャカルタでパームヤシ殻(PKSに関する商談会を初開催した。計約50社が参加し、バイオマス発電 ...
posted by Mark at 00:47PKS

バイオマス=独バイオエタノール販売増、インドがバイオ燃料輸入制限 リム情報開発 独バイオエタノール工業協会(BDBe)は5月末、2018年のドイツのバイオエタノール生産量は61.3万トンで、前年比で8.9%減少したと発表した。18年のガソリンの ... シンポジウム「2030年の日本のエネルギー政策への提言~バイオ燃料が実現する環境対策と経済成長 ... - PR TIMES (プレスリリース

バイオマス=独バイオエタノール販売増、インドがバイオ燃料輸入制限
独バイオエタノール工業協会(BDBe)は5月末、2018年のドイツのバイオエタノール生産量は61.3万トンで、前年比で8.9%減少したと発表した。18年のガソリンの ...

おにぎり包装、全て植物性に=石油原料の使用削減-セブン-イレブン
セブン-イレブン・ジャパンは24日、全てのおにぎりの包装を、植物由来原料を一部含む「バイオマスプラスチック」に切り替える方針を明らかにした。石油由来 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電力政策の「難しさ」露わに 廃止へ向かう「固定価格買い取り制度(FIT)」の7年
太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスのいずれかで発電した電気を、電力会社が購入する制度だが、あらかじめ決められた高い価格で一定期間の全量買い取り ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
[注目トピックス 日本株]新興市場銘柄ダイジェスト:中央化学はストップ高、オプトエレクトがストップ安
一部メディアが「セブン—イレブン・ジャパンは7月中をメドに、おにぎり全品の包装を植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材に切り替える」と報じて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JASDAQ平均は小反発、米中会談控え、模様眺めムード強まり小動き/JASDAQ市況
... 高の74円と大幅に上伸し、セブン-イレブンが7月中をメドに、おにぎり全品の包装を植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材に切り替えると報じた ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位に中央化学
... 手のセブン―イレブン・ジャパンは7月中をメドに、おにぎり全品の包装を植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材に切り替える」と報じられた

ヤシ残さでバイオ発電 青森の再生エネ会社 東奥日報

ヤシ残さでバイオ発電 青森の再生エネ会社
残さは、パーム油工場からベルトコンベアーで発電所に運び込む。パーム油を絞った後に残る「空果房(くうかぼう)」と呼ばれる繊維質の皮の部分を主な燃料とし、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
静岡の梅ケ島温泉観光協会、温泉水でせっけん
温泉水を24%配合しているほか米ぬか油、パーム油オリーブ油などを加えた。同温泉はアルカリ単純硫黄泉で、神経痛や慢性的な皮膚病、リウマチに効果が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
海外=ネステが米公社とジェット燃料で連携、ユナイテッドが試験飛行
このほか、インドネシア政府は6月半ば、パーム油を30%配合したバイオディーゼル燃料(B30)の走行試験を開始したことを明らかにした。インドネシアは2020年、
posted by Mark at 00:44EFB

海外=ネステが米公社とジェット燃料で連携、ユナイテッドが試験飛行 リム情報開発 他方、米国のエタノール団体である「グロース・エナジー」は6月11日、米国のE15(エタノール15%配合)ガソリンを使用した総走行距離が100億マイルに達した

海外=ネステが米公社とジェット燃料で連携、ユナイテッドが試験飛行
他方、米国のエタノール団体である「グロース・エナジー」は6月11日、米国のE15(エタノール15%配合)ガソリンを使用した総走行距離が100億マイルに達した

MOMO4号機 クラウドファンディング このプロジェクトは、コミュニティ方式(定額課金制)です。 選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

MOMO4号機
このプロジェクトは、コミュニティ方式(定額課金制)です。 選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

徳山事業所におけるバイオマス発電の事業化を決定 ニコニコニュース 出光興産株式会社(トレードネーム:出光昭和シェル、以下当社)は、徳山事業所 (所在地:山口県周南市)におけるバイオマス発電の事業化を決定したことを

徳山事業所におけるバイオマス発電の事業化を決定
出光興産株式会社(トレードネーム:出光昭和シェル、以下当社)は、徳山事業所 (所在地:山口県周南市)におけるバイオマス発電の事業化を決定したことを

バイオマスプラスチックとは CO2排出削減も期待 日本経済新聞

バイオマスプラスチックとは CO2排出削減も期待
バイオマスプラスチック サトウキビなどのバイオマス(生物資源)を原料につくられるプラスチックを指す。微生物が分解する「生分解性プラスチック」と2つを ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東洋スチレン バイオマスプラを上市、CO2排出量を削減
すでにバイオマスプラスチックの登録を取得しており、ポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリストにも登録済みだ。射出用・シート用をそろえ、食品包装分野を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマスプラスチック CO2排出削減も期待
サトウキビなどのバイオマス(生物資源)を原料につくられるプラスチックを指す。微生物が分解する「生分解性プラスチック」と2つを合わせ、「バイオプラスチック」と ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
FUJIKOが大幅高、環境テーマと自社株買い評価で上値追い鮮明
同社は建設廃棄物の中間処理や食品系廃棄物処理に展開し、新電力分野ではバイオマス発電で実績を重ねている。5月初旬に自社株買い発表を材料視して急 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電「対応に苦慮するほど引き合いが増えている」(シーメンス日本法人社長)
シーメンス(東京都品川区)の藤田研一社長は、都内で開いた事業説明会でガス&パワー事業の国内展開について「今後、年4―5件の中型発電設備を受注 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヤシ残さでバイオ発電 青森の再生エネ会社
同社によると、同制度を利用しインドネシアでバイオマス発電を手掛けるのは、日本企業で初めて。 現地の発電事業者と、公営のパーム油製造会社の3社で組み、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
おにぎり全品を環境包装 セブン、植物性プラ採用
コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは7月中をメドに、おにぎり全品の包装を植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
セブン おにぎり包装植物由来に
コンビニエンスストア大手のセブン—イレブン・ジャパンは、7月中にも、おにぎり全品の包装を、サトウキビを原料に配合した「バイオマスプラスチック」と呼ばれる

47NEWS

バイオマス発電所、十日町で年内にも着工 東京の企業、間伐材燃料に
新潟県十日町市で木質バイオマス発電所を建設する計画が進んでいる。東京のエネルギー関連企業によるもので、早ければ年内にも着工し、来年末の操業開始 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
含水バイオマスを太陽光で濃縮する技術開発、筑波大
(a)一般的な藻類含水バイオマスの脱水・乾燥工程、(b)太陽光を用いた水蒸発メカニズムと(c)階層構造を持つグラフェン。(画像:筑波大学発表資料より)[写真 ...

顔が見える農業 毎日新聞 インドネシアはパーム油などのプランテーション以外は小規模農家が多く生産性は高くない。組織化による農家の所得向上は農協の得意とするところだ

顔が見える農業
インドネシアはパーム油などのプランテーション以外は小規模農家が多く生産性は高くない。組織化による農家の所得向上は農協の得意とするところだ

野菜の大規模栽培施設、笠岡で稼働 サラ 日本経済新聞 野菜の大規模栽培を手掛けるサラ(岡山県笠岡市)は21日、同市内の干拓地に整備していたガラスハウスとバイオマス発電所の竣工式を開いた。18.3ヘクタール ...

野菜の大規模栽培施設、笠岡で稼働 サラ
野菜の大規模栽培を手掛けるサラ(岡山県笠岡市)は21日、同市内の干拓地に整備していたガラスハウスとバイオマス発電所の竣工式を開いた。18.3ヘクタール ...

シンガポール株21日 小幅に4日続伸、資金流入期待で パーム油大手が上昇 日本経済新聞

マレーシア機撃墜、ロシア当局者ら4人起訴へ マハティール首相「ばかげている」
そうした発言が、マレーシアの経済を支えるパーム油の取引と関係しているのかと質問されると、関係を否定した。マレーシアのメディアは、政府がロシアから戦闘 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シンガポール株21日 小幅に4日続伸、資金流入期待で パーム油大手が上昇
【NQNシンガポール=依田翼】21日のシンガポール株式相場は小幅に4日続伸した。主要株価指数ST指数の終値は、前日比6.89ポイント(0.20%)高の3321.40 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東南アジア株式・引け=まちまち、来週の統計発表待ち
パーム油生産のサイム・ダービー・プランテーションと、ホンリョン銀行が同指数を押し上げた。 バンコク市場のSET指数は0.04%安の1717.14。レンジ相場で ...