電力・エネルギーに関する個別無料相談会実施~RAUL株式会社代表 江田健二「かんたん解説!! 1時間で ... エキサイトニュース RAUL株式会社代表の江田健二が、1時間でわかるシリーズの最新作「かんたん解説!! 1時間でわかる バイオマスエネルギー入門 Kindle版を5月17日に出版 ...

電力・エネルギーに関する個別無料相談会実施~RAUL株式会社代表 江田健二「かんたん解説!! 1時間で ...
RAUL株式会社代表の江田健二が、1時間でわかるシリーズの最新作「かんたん解説!! 1時間でわかるバイオマスエネルギー入門 Kindle版を5月17日に出版 ...

バイオエタノール市場グローバル成長地域別,製品の種類,主要なアプリケーション解析へ2018and予測へ ... SNAP! バイオエタノール の市場のレポートは市場の主要な運転者、機会、挑戦、企業の傾向および影響の完全な洞察力を提供する。 バイオエタノールの市場のレポート ...

バイオエタノール市場グローバル成長地域別,製品の種類,主要なアプリケーション解析へ2018and予測へ ...
バイオエタノールの市場のレポートは市場の主要な運転者、機会、挑戦、企業の傾向および影響の完全な洞察力を提供する。 バイオエタノールの市場のレポート ...

EPA改正 交渉継続へ ジョコウィ大統領 安倍首相と会談 じゃかるた新聞 ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は28、29両日に大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した。安倍晋三首相との対話では、日本・ ...

EPA改正 交渉継続へ ジョコウィ大統領 安倍首相と会談
ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は28、29両日に大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した。安倍晋三首相との対話では、日本・ ...

牛フン利用で国内最大級のバイオガス発電所 山形・飯豊で今月上旬着工 毎日新聞 町内で肥育する黒毛和種の約半数の牛フンを処理・活用する事業に、後藤幸平町長も「持続可能な地域社会を目指すバイオマス産業都市構想の一環として、町 ...

牛フン利用で国内最大級のバイオガス発電所 山形・飯豊で今月上旬着工
町内で肥育する黒毛和種の約半数の牛フンを処理・活用する事業に、後藤幸平町長も「持続可能な地域社会を目指すイオマス産業都市構想の一環として、町 ...

マレーシア政府がブロックチェーン開発促進で外国人エンジニアに短期ビザ発給へ

<Eパーソン>環境配慮の製品に力
これまでは界面活性剤の原料にパーム油の一部を使っていたが、新技術によりヤシの搾りかすなども丸ごと有効活用できるようになった。今後の商品にも応用 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
伸びるスプレッド・フィリング市場に向け、バラエティに富んだチョコレート油脂を提案
油脂のサスティナビリティについても言及。同社はRSPO認証ーム油の拡大をめざし、RSPOやトレーサビリティの現状を解説。世界のパーム生産量の12%を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
マレーシア政府がブロックチェーン開発促進で外国人エンジニアに短期ビザ発給へ
... マレーシアはブロックチェーン・ビザ計画によって、「デジタル移行(Digital Transitions)」を独自に加速する有利な立場になり、例えば計画中のパーム油の輸出 ...

マレーシア・パーム油〕一時的な大豆油高受け続伸=上値は限定的(7月2日)

マレーシア・パーム油〕一時的な大豆油高受け続伸=上値は限定的(2日)

投稿:2019/07/03 07:24
 続伸。一時的な大豆油高に足並みをそろえた。ただ、マレーシアの生産増見通しや輸出低迷に上値を抑えられた。
 9月きりは9リンギ(0.46%)高の1トン=1967リンギ($475/MT FOBマレーシア)で引けた。
 クアラルンプールのトレーダーは「取引後半に米大豆油高に幾分支援された。ただ、力強い生産見通しと弱い輸出が上げ幅を抑えた」と述べた。
 輸出が弱いため、大半のトレーダーはパーム油の上昇が一時的だとみている。
 貿易調査会社インターテック・テスティング・サービシズが6月28日に発表した同月のマレーシア産パーム油製品輸出は前月比19.9%減だった。
 パーム油生産は毎年第3〜4四半期に上向くことが多い。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社

5月の輸出2.5%増、パーム油など伸びる

マレーシア統計局が7月4日発表した貿易統計によると、2019年5月の輸出額は前年同月比2.5%増の841億4510万リンギ(約2兆1900億円)だった。2カ月連続の増加となり、伸び率は前月から拡大。パーム油や木材・木製品の輸出増が貢献した。ただ、主力の電気・電子製品は中国向けの不振で微増にとどまった。
 
 パーム油・パーム油製品は7.6%増加。輸出価格が16.1%低下したものの、輸出量が20.8%増と好調だった。木材・木製品の輸出額は15.0%増えた。電気・電子製品は0.5%増え、輸出全体の34.9%を占めた。中国向けは10.6%減だったものの、他地域のプラスでカバーした。一方、輸出量の減少で石油製品の輸出額は15.5%減、原油は20.0%減だった。
 
 輸出先別ではインド向けや米国向けの増加が大きかった。最大のシンガポール向けは2.6%増。石油製品の輸出が伸びた。中国向けは2.2%減少。電気・電子製品のほか、パーム油・パーム油製品も落ち込んだ。対日輸出は7.8%減少した。
 
 全体の輸入額は1.4%増の750億6270万リンギと2カ月連続のプラス。全体の6割を占める中間財が6.4%増えたほか、食品・飲料の増加などで消費財が10.9%増だった。貿易収支は90億8240万リンギの黒字だった。
 
 1〜5月は輸出額が前年同期比0.3%増の4053億6270万リンギ、輸入額が0.3%減の3485億1600万リンギ、貿易収支が568億9340万リンギの黒字だった。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

リベリア、中国「一帯一路」参加 副大統領表明 日本経済新聞 道路を中心とするインフラ整備で中国の協力を得て、鉄鉱石やパーム油といった天然資源の輸出拡大につなげていきたい考えだ。 都内で日本経済新聞の取材に

リベリア、中国「一帯一路」参加 副大統領表明
道路を中心とするインフラ整備で中国の協力を得て、鉄鉱石やパーといった天然資源の輸出拡大につなげていきたい考えだ。 都内で日本経済新聞の取材に

天然ゴムの動向、産地主導で3カ月ぶり安値 ゴム報知新聞NEXT パーム油など他の農産物生産にも適した気象環境が報告されている。 タイ、インドネシア、マレーシアの3カ国は、6月27日に会合を行い、輸出規制の高い

天然ゴムの動向、産地主導で3カ月ぶり安値
パームなど他の農産物生産にも適した気象環境が報告されている。 タイ、インドネシア、マレーシアの3カ国は、6月27日に会合を行い、輸出規制の高い 

パーム油の市場規模、株、需要、分析および予測レポート2025年まで

パームの市場規模、株、需要、分析および予測レポート2025年まで
レポートは、ビジネスストラテジストとパーム市場の競争分析のための有益なデータの貴重な情報源を提供します。それは成長分析と未来的なコスト、収益と他 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
農園、ゾウ回廊で共生へ マレーシア・ボルネオ島、アブラヤシ生産地の挑戦
アブラヤシの実は、世界で食品や洗剤などに使われる植物脂「ーム」の原料。農園は地元で経済や雇用のため重視される半面、生物多様性や地球温暖化 

Survey on RSPO Supply Chain Models

Survey on RSPO Supply Chain Models



RSPO in partnership with Copenhagen Business School (CBS) is conducting a study to identify ways to promote and increase the uptake of Certified Sustainable Palm Oil (CSPO). Take part in this short survey now.
 
 

RT17 Early Bird Registration Now Open!


RSPO is pleased to announce that early bird registration for the 17th Annual Roundtable Conference on Sustainable Palm Oil (RT17) in Bangkok is now open. Get your early bird tickets while they last!
 
 

Webinar: Interpretation of Indicator 7.12.2 and Annex 5

RSPO is hosting a webinar on the Interpretation of Indicator 7.12.2 and Annex 5 of the RSPO Principles and Criteria (P&C) 2018. We are pleased to invite you to join us for an interactive webinar to find out more. 
 
 
posted by Mark at 01:26RSPO

2019年度中のFIT認定の申請にかかる期限日について

過去の配信内容はこちらからご覧ください。

2019年7月5日号(2019年度中のFIT認定の申請にかかる期限日について(お知らせ) ほか) (PDF形式:177KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2019年5月20日号(FIT入札事業計画の受付開始 ほか) (PDF形式:159KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2019年4月5日号(2019年度の買取価格について、ほか) (PDF形式:152KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2019年3月1日号(パブリックコメントの実施について、ほか) (PDF形式:169KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2019年1月7日号(未稼働案件の適用除外に係る詳細運用等 ほか) (PDF形式:167KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2018年12月10日号(太陽光発電の未稼働案件への新たな対応の決定について、ほか) (PDF形式:175KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2018年10月25日号(施行規則の一部改正に係るパブリックコメントの実施、ほか) (PDF形式:147KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2018年4月3日号(事業計画策定ガイドラインの改訂について、ほか) (PDF形式:56.3KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2018年4月2日号(2018年度の買取価格について、ほか) (PDF形式:89.6KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年2月8日号(20kW未満風力発電の経過措置、ほか) (PDF形式:64.4KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年12月15日号(太陽光発電制度、設備メンテナンスセミナー(神戸市/奈良市)) (PDF形式:114KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年11月13日号(平成29年度中の認定申請等にかかる提出期限) (PDF形式:108KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年11月1日号(太陽光発電制度、設備メンテナンスセミナー(和歌山市)) (PDF形式:110KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年8月31日号(省令、告示の改正) (PDF形式:98.1KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年8月29日号(太陽光以外の定期報告の提出) (PDF形式:98.7KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年8月2日号(太陽光50kW未満の移行手続完了前の変更手続き) (PDF形式:73.1KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年7月25日号(定期報告の新システムでの提出) (PDF形式:69.1KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年7月21日号(移行手続完了前の変更手続き) (PDF形式:63.4KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年7月18日号(設備の設置場所について)(PDF形式:65KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年7月13日号(入札制度に係る事業計画の受付開始、設備の設置場所に係る審査基準等) (PDF形式:81KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年6月21日号(9月末認定の申請期限、審査遅延のお知らせ) (PDF形式:79.2KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年5月24日号(事業計画書の電子申請、費用報告システムの停止) (PDF形式:75.6KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

2017年4月3日号(事業計画提出の受付開始)(PDF形式:72.2KB)PDFリンク 新しいウィンドウで開きます

【採用情報】WWFジャパン個別契約職員募集のお知らせ(C&M室 助成金担当) WWFジャパン WWF ジャパンでは、C&M室 助成金グループ担当者(勤務地:東京)を募集します。

【採用情報】WWFジャパン個別契約職員募集のお知らせ(C&M室 助成金担当)
WWF ジャパンでは、C&M室 助成金グループ担当者(勤務地:東京)を募集します。
posted by Mark at 00:43RSPO

Public Consultation: Jurisdictional Approach for RSPO Certification

公開相談:RSPO認証のための管轄アプローチ

RSPOは、RSPOの原則と基準(P&C)をマレーシアのサバ州の管轄レベルで適用することを可能にするアプローチを開発する旅に着手しました。 セルヤン地区、中央カリマンタン、インドネシア、エクアドル。 このアプローチは、認定の管轄アプローチ(略してJA)と呼ばれます。

JAは、利害関係者の関与を強化し、強力な政府の関与を通じて小規模な所有者の参加を確実にし、単一生産者認証よりも広い影響範囲を可能にすることによって、環境および社会問題に取り組むことを目指しています。

2018年3月、RSPO理事会(BoG)は、現地での適用性、市場での受け入れ、および調整と学習の徹底による長期にわたる実用的な開発を中心とした、アプローチの開発のための管轄ワーキンググループ(JWG)の設立を承認しました。 現在のRSPO JAランドスケープでの経験。

このアプローチの草案は現在、公の協議のために公開されています。 公開協議期間は、6月24日から2019年8月23日までの6日間で終了します。

あなたは以下のRSPO認証のための管轄アプローチの原案をダウンロードすることができます:
Certification below:
ENGLISH
For other languages, please visit www.rspo.org

You can also download the background slides below:
ENGLISH
For other languages, please visit www.rspo.org

To provide and submit your feedback on the draft text of the RSPO Jurisdictional Approach for Certification, please access the online survey below.
ENGLISH
For other languages, please visit www.rspo.org

対面型のコンサルテーションワークショップも6つの場所で開催されます。 事前登録が必要になります。 この公開諮問期間中に予定されているすべての諮問ワークショップの概要は以下をご覧ください。
posted by Mark at 09:09RSPO