バイオマスのヘンフアット、ヤシ繊維メーカーを買収 アジアエックス

バイオマスのヘンフアット、ヤシ繊維メーカーを買収
ココヤシ繊維などバイオマス(生物資源)製品を生産販売するヘンフアット・リソーシズ・グループは9月5日、ココヤシ繊維メーカーのサブット・ケラパ・ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
クラレ コーヒー展に出展、生分解性バリア材など紹介
展示するのは、バイオマス由来のバリア材「プランティック」、ガスバリア性(気体遮断性)樹脂「エバール」、スライド式スティックジッパー「エニーロック」、「クラ 

2019:ソルガム小麦粉市場の売上高,収益,成長率,業界の概要と分析 SNAP!

2019:ソルガム小麦粉市場の売上高,収益,成長率,業界の概要と分析
グローバルソルガム小麦粉 Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供します ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
害虫のガ サトウキビ食害 石垣島で国内初確認 農薬散布、防除呼び掛け
同月30日には、石垣島の緑肥用ソルガムでも7匹が確認されており、計20匹になった。沖縄県は、週明けにも石垣島で追跡調査を行い、農家に対してサトウキビ 

析 SNAP!

2019:バイオマスストーブ市場業界の概要,販売,収益,アプリケーションと分析
グローバルバイオマスストーブ Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供し ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
舞鶴市・パーム油発電所計画 「建設用地紹介」「港湾計画変更」京都府が後押し/京都議定書発効の地 ...
府エネルギー政策課によると、一連の経過の中で、検討されてきた発電所の種類は、輸入パーム油を用いたバイオマス発電所だったと説明しています。

舞鶴市・パーム油発電所計画 「建設用地紹介」「港湾計画変更」京都府が後押し/京都議定書発効の地 ... 京都民報Web 大量の温室効果ガス排出が問題視されているパーム油を燃料に用いた発電所建設計画が舞鶴市の舞鶴港で進められている問題で、京都府が建設用地の紹介や

舞鶴市・パーム油発電所計画 「建設用地紹介」「港湾計画変更」京都府が後押し/京都議定書発効の地 ...
大量の温室効果ガス排出が問題視されているパーム油を燃料に用いた発電所建設計画が舞鶴市の舞鶴港で進められている問題で、京都府が建設用地の紹介や

ブチルエタノール の市場:2023年に製造業者、地域、製品タイプ、主要な適用分析及び予測による全体的 ... SNAP! グローバル ブチルエタノール Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供します

 
 
ブチルエタノール の市場:2023年に製造業者、地域、製品タイプ、主要な適用分析及び予測による全体的 ...
グローバル ブチルエタノールIndustry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供します

国内初、サトウキビでも被害 外来害虫のガ 石垣島で確認 毎日新聞 8月30日には同島の緑肥用のソルガム畑でも幼虫と食害が確認された。ソルガムの被害は鹿児島県、宮崎県に次いで3件目となる。今月3日に那覇植物防疫事務

国内初、サトウキビでも被害 外来害虫のガ 石垣島で確認
8月30日には同島の緑肥用のソルガム畑でも幼虫と食害が確認された。ソルガムの被害は鹿児島県、宮崎県に次いで3件目となる。今月3日に那覇植物防疫事務

マレーシアなど、EU提訴を検討 パーム油禁輸で対立 日本経済新聞 ... 月にはインドネシアのバイオ燃料の生産者が補助金や税制優遇を受けているとして、パーム油などの輸入バイオ燃料に最大18%の相殺関税を課すと決めた

マレーシアなど、EU提訴を検討 パーム油禁輸で対立
... 月にはインドネシアのバイオ燃料の生産者が補助金や税制優遇を受けているとして、パーム油などの輸入バイオ燃料に最大18%の相殺関税を課すと決めた

鳥取県プラスチック資源循環等支援事業補助金 鳥取県 昨今、廃プラスチックを巡る問題が大きくクローズアップされている中、本県におけるプラスチックの再生利用、生分解性プラスチックの導入・活用を推進するため

鳥取県プラスチック資源循環等支援事業補助金
昨今、廃プラスチックを巡る問題が大きくクローズアップされている中、本県におけるプラスチックの再生利用、生分解性プラスチックの導入・活用を推進するため

舞鶴港にバイオ発電所 パーム油利用し国内最大規模、22年開業 京都新聞 京都府舞鶴市喜多地区と舞鶴港喜多埠頭(ふとう)の府


パーム油
毎日更新  2019年9月10日
ニュース 
舞鶴港にバイオ発電所 パーム油利用し国内最大規模、22年開業
京都府舞鶴市喜多地区と舞鶴港喜多埠頭(ふとう)の府有地計約3・8ヘクタールに、民間発電事業者がパーム油を燃料としたバイオマス発電所の建設を計画して ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
パーム油在庫が13カ月で最低、輸出好調で
国内のパーム油在庫が8月末に222万トンとなり、1カ月前から7.1%減少した。ロイター通信が生産者や輸出業者に対して行った調査の結果分かったもので、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
[ワールドリポート] 炎に包まれる地球
この火災はパーム油の生産と深く関係しており、アブラヤシ農園の増加に伴い24万㎢の森林が消えた。NYTは「2015年に10万人を犠牲にした煙が、今年になって ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
アクシアタとテレノール、事業の合併交渉が決裂
インドネシアは世界最大のパーム油生産国だが、ノルウェー議会は2017年、森林破壊などを理由にパーム油の輸入を規制する決議を採択した。こうしたことから、 ...
FacebookTwitter

世界のバイオマス暖房システム市場は2019-2025年に高収益を得るためにビジネスを加速 おもちゃ屋パーク


バイオマス
毎日更新  2019年9月7日
ニュース 
世界のバイオマス暖房システム市場は2019-2025年に高収益を得るためにビジネスを加速
この調査報告書では、一次および二次研究方法論のリストをしっかりと使用して、バイオマス暖房システム業界に関連するさまざまなセグメントをレビューしてい ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
鹿児島銀行、環境省のESG金融促進事業に採択 家畜糞尿バイオマス発電支援
採択された案件は、肝付町などが実施する「バイオマス発電による地域課題解決とエネルギーの地産地消モデル構築事業(仮称)」。畜産が主要産業である肝付町 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
アフリカが抱える2つの問題 廃棄物の電力化が解決策に?
環境に優しい生活を送ることは、ゴミを捨てることを意味するのかもしれない──。南アフリカのケープタウンでは廃棄物発電所を活用し、埋め立てられる廃棄物を ...
FacebookTwitter

印でCPO需要拡大も、精製品の関税上がり NNA.ASIA マレーシア・パーム油振興評議会(MPOC)は、インドでマレーシア産パーム原油(CPO)の需要が拡大するとの見通しを示した。インド政府が国内製油事業の拡大

印でCPO需要拡大も、精製品の関税上がり
マレーシア・パーム油振興評議会(MPOC)は、インドでマレーシア産パーム原油(CPO)の需要が拡大するとの見通しを示した。インド政府が国内製油事業の拡大

グローバルトリエタノールアミン(TEA)市場がビジネスを加速し、2019-2025年に高い収益を獲得 おもちゃ屋パーク Global トリエタノールアミン(TEA)というタイトルの新しい研究レポート市場 2019-2025。この研究報告書では、一

グローバルトリエタノールアミン(TEA)市場がビジネスを加速し、2019-2025年に高い収益を獲得
Global トリエタノールアミン(TEA)というタイトルの新しい研究レポート市場 2019-2025。この研究報告書では、

バイオマスペレット市場業界の概要,アプリケーションと2019-2023への分析 SNAP! バイオマスペレット 2019 市場 調査報告書 は バイオマスペレット 市場 に投資しており、


バイオマス
毎日更新  2019年9月6日
ニュース 
バイオマス由来原料25%以上 ツルハ、20年中にレジ袋を変更 環境負荷、コスト低減
ツルハホールディングス(HD、札幌)は2020年中に、国内のグループ店舗で使うレジ袋を植物由来のバイオマス成分配合品に変更する。バイオマス由来原料 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バイオマスペレット市場業界の概要,アプリケーションと2019-2023への分析
バイオマスペレット 2019 市場 調査報告書 は バイオマスペレット 市場 に投資しており、事業を拡大したい投資家にとって非常に便利です。直感と経験は常に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
農水省、再エネ導入・食品ロス削減などに18億円計上 2020年度概算要求
バイオマス・再生可能エネルギー導入の推進に関しては、前年度の7億8800万円から約2.3倍となる、18億1100万円を計上した。再生可能エネルギーによる ...
FacebookTwitter

ステアリン酸の市場規模と事業計画、2024年までの緩やかな成長を見せるイノベーション おもちゃ屋パーク ステアリン酸は一般


パーム油
毎日更新  2019年9月6日
ニュース 
ステアリン酸の市場規模と事業計画、2024年までの緩やかな成長を見せるイノベーション
ステアリン酸は一般にパーム油に由来しますが、水にほとんど溶けないワックス状の固体であるトウモロコシなどの他の源にも由来します。 グローバルなステアリン ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
7月の輸出1.7%増、電気・電子が伸びる
マレーシア統計局が4日発表した貿易統計によると、2019年7月の輸出額は前年同月比1.7%増の879億6250万リンギ(約2兆2200億円)だった。増加は2カ月 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バルブのキッツ、同業ユニメックと資本業務提携
東南アジアや中国を中心に幅広い販売網、調達力を有し、特にマレーシアとインドネシアのパーム油工業など軽工業向けに強みを持つという。資本金は1億789万 ...
FacebookTwitter

「クソほどうんこ出る」という名前のシリアル、ネタ商品かと思いきや便秘解消効果が抜群すぎて人気に エキサイトニュース 「Poop Like a Champion」はトウモロコシふすまとオオバコ、ソルガムきび粉、イヌリンが入っており、1/2カップ

「クソほどうんこ出る」という名前のシリアル、ネタ商品かと思いきや便秘解消効果が抜群すぎて人気に
「Poop Like a Champion」はトウモロコシふすまとオオバコ、ソルガムび粉、イヌリンが入っており、1/2カップ

生産量を拡大 50年まで 段階的に43% (1/2ページ) SankeiBiz 調査

ベトナム、再生エネルギー生産量を拡大 50年まで 段階的に43% (1/2ページ)
調査によると、ベトナムでは30年までに、小規模水力発電により約8000メガワット、風力発電で200メガワット、バイオマス発電で3000メガワット、太陽光発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
国内初!食品廃棄物から発電、電力を施設で活用する循環型エコシステムを導入
... を活用する『創電割(R)』スキーム (下)民間事業者国内初導入、ゼロエミッションを目指し食品廃棄物で発生したバイオマス発電からも充電するEVパッカー車

【植物油(ポンガミア)で発電実験開始】 省エネ触媒の製造販売を手掛ける株式会社エコアドバンスジャパン ... エキサイトニュース


パーム油
毎日更新  2019年9月5日
ニュース 
【植物油(ポンガミア)で発電実験開始】 省エネ触媒の製造販売を手掛ける株式会社エコアドバンスジャパン ...
同発電設備」は数種類の「植物油」で夫々動作確認するもので、既にジャトロファ、パーム油、等でも実験を行い今回は「ポンガミア」での実験を実施したものです。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バルブメーカーのキッツ、マレーシア同業と資本業務提携
Unimechは「ARITA」ブランドの製品を中心にマレーシア、インドネシアのパーム油工業など軽工業向けに強みを持つ。2018年12月期売上高約69億円。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
貿易額が2カ月連続前年割れ 7月、輸出は1.7%増に好転も
マレーシア統計局が4日発表した2019年7月の貿易統計(速報値)で、輸出額は前年同月比1.7%増の879億6,300万リンギ(約2兆2,210億円)だった。品目別 ...
FacebookTwitter

ソルガム市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2019-2025への分析 SNAP! グローバル ソルガム Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供します

ソルガム市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2019-2025への分析
グローバル ソルガム Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供します

ニュース 化粧品業界を変革する「畑で生まれたエタノール」 Forbes JAPAN


エタノール
毎日更新  2019年9月5日
ニュース 
化粧品業界を変革する「畑で生まれたエタノール
ファーメンステーションは日本有数の米どころ、岩手県奥州市にある。夏には辺り一面新緑に囲まれる工場で、休耕田でできた米など「未利用資源」からエタノール ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
「農家とエタノール業界の提案拒否を」、米石油業界が政権に要請
ニューヨーク 3日 ロイター] - トランプ米大統領が先週、エタノールに関し政権が「大きなプログラム」を計画していると述べたことに関して、米石油協会(API)は3 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
産業用エタノール 市場|業界グローバル分析レポート2018-2025
最近追加された グローバル 産業用エタノール 市場 レポート 投稿 値 市場調査には、業界の網羅的な分析と、サイズ、シェア、成長要因、傾向、業界の見通し、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
エタノール価格引き上げ、製糖業界に追い風
インドの内閣経済問題委員会(CCEA)は3日、国営石油会社が製糖業者からエタノールを調達する際の価格を引き上げる案を承認した。砂糖と異性化糖の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
トウモロコシ政治学=福本容子
実はアメリカで生産されるトウモロコシのうち、食用は2割しかない。4割が家畜用飼料だが、残る4割はガソリンに混ぜて使用されるエタノール燃料用である。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
「サッポロチューハイ99.99クリアユズ」数量限定発売
(注1)エタノール以外の有機物割合が0.01%未満のウォッカを純度99.99%と当社として規定 1.商品名 サッポロチューハイ99.99クリアユズ 2.パッケージ
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
“環境にやさしい研究室“のイメージソングを制作〜明治大学理工学部 永井一清研究室〜
... の分離回収、クリーンエネルギーである水素(H2)の精製、石油ガス分離、天然ガス処理、バイオエタノール分離回収のためのガス分離膜、(2)コンタクトレンズ、 ...
FacebookTwitter

鹿児島銀、畜産ふん尿でバイオマス発電 環境省の支援事業に 日本経済新聞 鹿児島銀行は3日、鹿児島県南部の肝付町で畜産ふん尿をバイオマス発電原料として活用する事業構想が、環境


バイオマス
毎日更新  2019年9月4日
ニュース 
鹿児島銀、畜産ふん尿でバイオマス発電 環境省の支援事業に
鹿児島銀行は3日、鹿児島県南部の肝付町で畜産ふん尿をバイオマ発電原料として活用する事業構想が、環境省の支援事業に選ばれたと発表した。環境省が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
竹を有効利用したORC熱電併給設備実証開始へ
2019年8月29日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、同社のバイオマスエネルギー導入促進プロジェクトにおいて、バンブー ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
イーレックスは商い増勢のなか急反発、業容拡大への布石進む
イーレックス<9517>が売買高を膨らませ4日ぶり急反発。1200円台復帰を目前に捉えている。余剰電力を買い取り顧客に再販する新電力の一角でバイオマスの ...
FacebookTwitter

車の内装がベタベタ… 古い車などで起こるダッシュボードのベタつきの原因とは carview! 薬局などで薬用の消毒液として販売されている『無水エタノール』を使うことで、ベタベタを除去できます。色々なリムーバーなども試してみたのですが、コスト的に

車の内装がベタベタ… 古い車などで起こるダッシュボードのベタつきの原因とは
薬局などで薬用の消毒液として販売されている『無水エタノールを使うことで、ベタベタを除去できます。色々なリムーバーなども試してみたのですが、コスト的に

MSPO標準MS2530:2013シリーズ、およびMSPO認証スキームで使用されるサプライチェーン認証標準は、マレーシアのアブラヤシ産業の持続可能性およびトレーサビリティ要件に対応する国家標準のセットです

MSPO標準MS2530:2013シリーズ、およびMSPO認証スキームで使用されるサプライチェーン認証標準は、マレーシアのアブラヤシ産業の持続可能性およびトレーサビリティ要件に対応する国家標準のセットです。
マレーシアのパーム油認証委員会(MPOCC)によって採用された標準設定およびレビュー手順の指針に沿って、MSPO認証スキームで使用されるMSPO標準(MS2530:2013シリーズおよびサプライチェーン認証標準)は、 系統的レビュー。 これは、規格の定められた持続可能性目標を達成する上で、継続的な関連性と有効性を確保するためです。
MPOCCは、マレーシア標準局(Standards Malaysia)と緊密に協力して、MSPO標準のレビューを実施することを任務としています。 レビューは2020年末までに完了する予定です。
現在、パブリックコメントが公開されている次の標準を発表します。
マレーシアの持続可能なアブラヤシ(MSPO)パート1:一般原則(MS 2530-1:2013)ここをクリック
マレーシアの持続可能なパーム油(MSPO)パート2:独立小自作農の一般原則(MS 2530-2:2013)ここをクリック
マレーシアの持続可能なパーム油(MSPO)パート3:アブラヤシのプランテーションと組織化された小規模農家の一般原則(MS 2530-3:2013)ここをクリック
マレーシアの持続可能なパーム油(MSPO)パート4:パーム油工場の一般原則(MS 2530-4:2013)ここをクリック
重要なお知らせ:Webサイトに添付されている標準および/またはドキュメント(MS2530:2013 –パート1〜パート4)は著作権の対象であり、改訂目的でのみ使用されます。 これらの文書は機密扱いとし、マレーシア標準局からの同意なしにそれ以上配布しないでください。
5. MSPOサプライチェーン認証基準(MSPO SCCS)ここをクリック
2019年8月1日から2019年9月30日(マレーシア時間:午後5時)まで、60日間続くこのパブリックコメントにご参加ください。
下記のレビューフィードバックフォームをダウンロードして、フォームにフィードバックを直接追加してください。 技術的な側面、または現在のMSPO規格の実装に関連するその他の事項についてフィードバックを提供してください。 標準ごとに、個別のフォームを使用してください。 ダウンロードするにはこちらをクリック
記入済みのレビューフィードバックフォームを、2019年9月30日(マレーシア時間:午後5時)以前にMSPO標準レビュー(standards_review@mpocc.org.my)に送信してください。 あなたのフィードバックは大歓迎です。
マレーシア内のアブラヤシ産業に直接的および間接的に関与している人とこの発表を共有することをお勧めします。
ペンガムマンウラサンウムペルタマMS 2530
(Final_01082019)Pengumuman Ulasan Umum
ムアットトゥルン-Versi Bahasaマレーシア
posted by Mark at 14:38RSPO

燃料に不向きな「竹」を使える、国内初のバイオマス熱電供給プラントが実証稼働へ ITmedia 国内に豊富に存在する資源であるものの、燃焼時の特性から一般にはバイオマス


バイオマス
毎日更新  2019年9月3日
ニュース 
燃料に不向きな「竹」を使える、国内初のバイオマス熱電供給プラントが実証稼働へ
国内に豊富に存在する資源であるものの、燃焼時の特性から一般にはバイオマス燃料としては不向きとされている竹。この竹をバイオマス燃料として活用できる ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バイオマスの大規模利用という「誤謬」
緊急連載:バイオマス発電の限界と可能性(下). 日本で稼働が始まった3カ所のパーム油発電所では、一部で油の流出事故や騒音、異臭の問題が起き始めた。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
京都大学の旧実験圃場に太陽光設置
太陽光、地熱、小水力、木質バイオマス発電など多数の発電所建設・運営の実績を持ち、本事業においても、そのノウハウを生かして京都大学並びに周辺地域へ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
〈議会だより〉佐賀市議会
3、4、6、10、26、30日=委員会▽12、13、17~20、24、25日=一般質問▽10月2日=議会運営委員会▽4日=バイオマス産業都市調査特別委員長中間 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
植物由来原料を50%使用したラミネートチューブを開発/大日本印刷
この「GREEN PACKAGING」の主要製品のひとつが、サトウキビから砂糖を精製した際の副産物(廃糖蜜)等の植物由来原料を一部に使用したバイオマス ...
FacebookTwitter

軽油の標準品、来年1月にB10へ変更 NNA.ASIA タイのエネルギー政策行政委員会(EPAC、委員長:ソンティラット・エネルギー相)は8月30日、軽油の標準品を2020年1月1日付でパーム油7%混合のバイオ

軽油の標準品、来年1月にB10へ変更
タイのエネルギー政策行政委員会(EPAC、委員長:ソンティラット・エネルギー相)は8月30日、軽油の標準品を2020年1月1日付でパーム油7%混合のバイオ
posted by Mark at 13:37タイ

メチルエタノールアミン市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2019-2023への分析 SNAP! グローバル メチルエタノールアミン Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供

メチルエタノールアミン市場キープレーヤー、業界の概要、アプリケーションと2019-2023への分析
グローバル メチルエタノールアミン Industry 2019調査レポートは、市場規模、シェア、トレンド、成長、コスト構造、容量、収益、2020年の予測に関する情報を提供

バイオマスの大規模利用という「誤謬」 オルタナ 日本で稼働が始まった3カ所のパーム油発電所では、一部で油の流出事故や騒音、異臭の問題が起き始めた。「バイオマス」という名前は自然由来で聞こえは

バイオマスの大規模利用という「誤謬」
日本で稼働が始まった3カ所のパーム油発電所では、一部で油の流出事故や騒音、異臭の問題が起き始めた。「バイオマス」という名前は自然由来で聞こえは

国内初、竹によるORC熱電併給設備を組み合わせたバイオマスプラントが完成 環境ビジネスオンライン


バイオマス
毎日更新  2019年9月2日
ニュース 
国内初、竹によるORC熱電併給設備を組み合わせたバイオマスラントが完成
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とバンブーエナジー(熊本県玉名郡)は8月29日、熊本県南関町のバンブーグループ敷地内に、国内初の竹 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バイオプラスチック開発に挑む、若手研究者の群像
非可食性バイオマスから高機能・高性能な高分子材料を製造できれば、木質系の産業廃棄物の有効利用と石油などの枯渇資源からの脱却に貢献できる」ー。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
コム デ ギャルソン、自然に還るバイオプラ製ショッピングバッグを導入
三菱ケミカル(東京都千代田区)は8月29日、自然環境への負荷が少ない生分解性バイオマスプラスチック「BioPBSTM」製のショッピングバッグとラッピング袋が、 ...
FacebookTwitter

カシューナッツの殻が無色透明材料に 廃棄バイオマスの活用 東京農工大 財経新聞

募集:グローバル・シーはベトナムからこの研究で使われるカシューナッツ
シェルオイル(CNSL)を月に1万5000トン輸入できます。 
記事の詳細は下記です。

東京農工大学大学院の兼橋真二助教、荻野賢司教授、下村武史教授は、
廃棄バイオマスであるカシューナッツの殻から得られる天然油より、
バイオベースポリマーを開発した。

 このポリマーは、材料形成時に環境や人体に有害なホルムアルデヒドや
重金属触媒などの化合物を使用しない。さらに、室温で塗料、フィルム
などへの無溶剤形成が可能で、耐熱性・柔軟性がある。

カシューオイル製品で達成が困難であった光学的無色透明化および物性の
経時変化の抑制に成功している。

■再生可能な非可食バイオマスの利用
 地球温暖化や化石燃料の枯渇などの環境問題を受け、持続可能社会を
実現するために、低炭素社会やバイオマスとの共存を目指すようになった。
中でも量に限りのある化石資源に依存しない、カーボンニュートラル
(炭素循環量が中立であること)かつ再生可能なバイオマスの有効利用が
期待されており、非可食のバイオマスはなおさら注目の的である。

■カシューオイルの光重合
 今回の研究では、カシューナッツのうち非可食であるナッツの殻から
得られる「カシューオイル」に着目している。これを光重合し、室温で
形成可能なバイオベースポリマーを開発した。

 このポリマーは摂氏350度まで熱的に安定で、柔軟性にも富んでいる。
また、これまでのカシュー製品は無色透明化が難しく、物性の継時変化が
大きいという実用的課題があったが、これらの解決にも成功した。

■今後の展開
 この度のバイオベースポリマーは、通常利用されない廃棄バイオマスで
あるカシューナッツの殻を使用したものであった。

そしてホルムアルデヒドや重金属触媒、それに有機溶剤を使用していない。

さらに室温で材料形成可能で透明、柔軟、耐熱、速乾であると大変機能的である。

 そのため、これまでに使用されてこなかった様々な分野での開発や
新規材料開発への展開が期待される。東京農工大学大学院は、未利用
バイオマスを豊富に有する新興国において、新規バイオマス事業の開発に
よる技術支援・経済支援も展開するとしている。

京都・宮津にバイオマス発電所 丸紅火力と中部電が検討 京都新聞 丸紅火力(東京都)と中部電力(名古屋市)が日本冶金工業大江山製造所(京都府宮津市須津)の敷地内にバイオマス発電所の建設を検討していることが30日

京都・宮津にバイオマス発電所 丸紅火力と中部電が検討
丸紅火力(東京都)と中部電力(名古屋市)が日本冶金工業大江山製造所(京都府宮津市須津)の敷地内にバイオマス発電所の建設を検討していることが30日

インドネシア、悲願の首都移転構想 日経ビジネス電子版 米中貿易摩擦のあおりを受けて石炭やパーム油など資源の輸出が低迷しており、経済成長に減速懸念が出ているからだ。 それにもかかわらず、ジョコ大統領が

インドネシア、悲願の首都移転構想
米中貿易摩擦のあおりを受けて石炭やパーム油など資源の輸出が低迷しており、経済成長に減速懸念が出ているからだ。 それにもかかわらず、ジョコ大統領が