岩手県「大船渡バイオマス発電所」営業運転開始のお知らせ PR TIMES (プレスリリース)

岩手県「大船渡バイオマス発電所」営業運転開始のお知らせ
本発電事業は、太平洋セメントが発電所運営を行い、イーレックスが発電した電力を全量購入します。また、両社協力し、バイオマス燃料の調達・供給を行います。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地域活用要件の施行 低圧太陽光は20年4月、その他再エネは22年度から
なお、小水力・小規模地熱・バイオマス発電については、リードタイムが長い電源であることから、今回、地域活用要件を求める可能性がある規模が示され、小水力 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
室蘭バイオ発電向け、PKS第1船到着。商船三井近海が輸送
国内最大級の木質バイオマス専焼発電所「室蘭バイオマス発電所」(北海道室蘭市)が初輸入するPKS(パームヤシ殻)1万トンが12月中旬、室蘭港に到着した。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光買い取りも視野 宇都宮市、新電力会社を2021年設立
市内の清掃工場ごみ焼却熱や下水処理場の汚泥を使ったバイオマスの環境配慮型電力の買い取りのほか、将来的には一般家庭の太陽光発電による電力の .

室蘭バイオ発電向け、PKS第1船到着。商船三井近海が輸送 日本海事新聞 国内最大級の木質バイオマス専焼発電所「室蘭バイオマス発電所」(北海道室蘭市)が初輸入するPKS(パームヤシ殻)1万トンが12月中旬、室蘭港に到着した。

室蘭バイオ発電向け、PKS第1船到着。商船三井近海が輸送
国内最大級の木質バイオマス専焼発電所「室蘭バイオマス発電所」(北海道室蘭市)が初輸入するPKS(パームヤシ殻)1万トンが12月中旬、室蘭港に到着した。
posted by Mark at 18:47PKS

パーム油環境認証、農園全体の6割強が取得 NNA.ASIA

パーム油環境認証、農園全体の6割強が取得
マレーシアで、同国独自のパーム油環境認証「マレーシア・サステイナブル・パーム・オイル(MSPO)認証」を取得したパーム農園が、昨年末時点で全体の62.3% ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
マレーシア輸出、11月は前年比?5.5% 4カ月連続減
また、液化天然ガス(LNG)、パーム油およびパーム油由来製品の輸出減により、鉱業と農業部門の輸出が減少した。 輸出先別では、東南アジア諸国、香港、

バイオマスブリケット燃料 市場 2020:製品タイプ、アプリケーション、市場動向、メーカー、地域分析:2024年 SNAP!

バイオマスブリケット燃料 市場 2020:製品タイプ、アプリケーション、市場動向、メーカー、地域分析:2024年
バイオマスブリケット燃料市場レポートは、業界の詳細な分析を提供し、今後4年間の市場規模の予測を提供します。バイオマスブリケット燃料市場は、バイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
海洋汚染防止の最後の砦(とりで)、究極の分解性と製品特性を両立
多くの生分解性プラスチックは植物などに由来する「バイオマスプラスチックでもあるが、石油由来であっても生分解性プラスチックなら海洋ごみ問題に有効だ。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
グローバル血漿成分分離器マーケット2020売上分析、成長予測、今後のトレンドの機会に関する詳細な洞察
血漿成分分離器市場レポートは、業界の詳細な分析を提供し、今後4年間の市場規模の予測を提供します。 血漿成分分離器市場は、血漿成分分離器の需要に

パームメチルエステル誘導体 市場 2020の収益、新興の主要企業、需給、投資の実現可能性と予測 SNAP!

パームメチルエステル誘導体 市場 2020の収益、新興の主要企業、需給、投資の実現可能性と予測
パームメチルエステル誘導体市場レポートは、業界の詳細な分析を提供し、今後4年間の市場規模の予測を提供します。 パームメチル ... 原油パーム油(CPO)
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ルーメンバイパス油脂 市場 2020:製品タイプ、アプリケーション、市場動向、メーカー、地域分析:2024年
ルーメンバイパス油脂市場レポートは、業界の詳細な分析を提供し、今後4年間の市場規模の予測を提供します。 ルーメンバイパス油脂市場は、ルーメンバイパス

RSPO BOARD OF GOVERNORS APPOINT BAKHTIAR TALHAH INTERIM CEO

RSPO BOARD OF GOVERNORS APPOINT BAKHTIAR TALHAH INTERIM CEO


 
KUALA LUMPUR, 3 DECEMBER 2019: The Board of Governors of the Roundtable on Sustainable Palm Oil (RSPO) announced today that Chief Operating Officer, Bakhtiar Talhah, will assume the role of Interim Chief Executive Officer, effective today.

In an announcement shared with the RSPO Secretariat, Co-Chairs of the Board of Governors, Ms Anne Rosenbarger and Dato’ Carl Bek-Nielsen stated, “Bakhtiar has the full support of the Board and we are confident he will provide the organisation and RSPO members with a strong sense of leadership and stability throughout this period of transition.” 

The Board of Governors also reassured the Secretariat and membership that all existing RSPO projects will continue under the purview of Mr Bakhtiar Talhah and that there would be no change to the daily operations of the organisation.

Bakhtiar Talhah joined the RSPO Secretariat as the Chief Operating Officer in January 2017 and has been instrumental in strengthening RSPO’s credibility through the establishment and management of RSPO’s Investigation and Monitoring Unit (IMU), the establishment of the Geographic Information System (GIS) Unit, and various other initiatives. He holds degrees from Princeton University and from Université Paris-Sorbonne. Prior to RSPO, he was the Regional Director at the Institution of Chemical Engineers (IChemE) based in Kuala Lumpur. He has also worked with various international advisory firms such as PFC Energy and Nexant specialising in downstream oil, after having started his career at Petronas. Bakhtiar actively works on public health issues in Malaysia, and currently serves in the Malaysian AIDS Council and several grassroots NGOs. 

The Board of Governors once again thanks Datuk Darrel Webber for his service to the RSPO as Chief Executive Officer and for all of the contributions he has given to help realise RSPO’s shared vision of making sustainable palm oil the norm. 
posted by Mark at 17:46RSPO