木質バイオマス 利用増も伸び鈍化 初期投資抑制が課題 日本農業新聞 農業分野の木質バイオマスエネルギーの利用量(2018年)は3万1963トンで、前年から1361トン増えたことが林野庁の調べで分かった。17年に続いて3万トン ..

木質バイオマス 利用増も伸び鈍化 初期投資抑制が課題
農業分野の木質バイオマスエネルギーの利用量(2018年)は3万1963トンで、前年から1361トン増えたことが林野庁の調べで分かった。17年に続いて3万トン ..

〔マレーシア・パーム油〕反落=リンギ高が重し(13日) みんなの株式 反落。リンギ高に加えて、パーム油生産の減少幅が予想を下回ったことが嫌気された。ただ、供給逼迫(ひっぱく)や、インドネシアやマレーシアでのバイオ ..

EXCLUSIVE-インド政府、マレーシア産パーム油のボイコットを呼びかけ
ムンバイ 13日 ロイター] - 複数の関係筋によると、インドのパーム油輸入業者は、マレーシアからの輸入を事実上すべて中止した。 マレーシアのマハティール首相 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
〔マレーシア・パーム油〕反落=リンギ高が重し(13日)
反落。リンギ高に加えて、パーム油生産の減少幅が予想を下回ったことが嫌気された。ただ、供給逼迫(ひっぱく)や、インドネシアやマレーシアでのバイオ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
欧州最大のチョコの祭典「Eurochocolate」東京・名古屋・大阪で開催
他にも有機・オーガニック材料にこだわったチョコレートや、環境に配慮したパーム油不使用のものなども用意されています。各会場、日程については公式サイトに 

環境省の補正予算の主要事項

【気候変動×防災(気候変動の緩和と気候変動への対応の両面作戦の展開)】
(1)自律分散型エネルギーによる災害に強い地域社会づくり
1.公共性の高い業務用施設のZEB強靭化支援 10億円
2.激甚化する災害に対応したエネルギー自給エリア等構築支援事業 6億円
3.自然公園×防災拠点×RE100(再生可能エネルギー100%での運営) 64億円

(2)気候変動対応型インフラ整備
1.一般廃棄物処理施設の強靭化と災害時の拠点化の推進 483億円
2.災害対応の観点も含めた浄化槽整備の一層の高速化 10億円

(3)災害廃棄物処理を次のステージへ
1.災害など廃棄物の処理・廃棄物処理施設の復旧 535億円
→2019年激甚災害に係るもの

【気候変動×社会変革(ESG/SDGs/テクノロジー)】
(1)経済社会システムのイノベーション
1.環境イノベーションを支える金融メカニズム 1.2億円

(2)ライフスタイルのイノベーション
1.レジ袋有料化の前倒し実施を後押しする広報戦略の展開 4億円

(3)技術のイノベーション
1.世界を牽引するイノベーション確立のための部材や素材の社会実装・普及展開加速化事業 3億円
2.脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業 3億円

シェア菜園、バイオマスストーブ… 2050年の佐賀市を議論 47NEWS 持続可能な開発目標(SDG

シェア菜園、バイオマスストーブ… 2050年の佐賀市を議論
持続可能な開発目標(SDGs)について考えるワークショップが10日、市役所で始まった。大学生や企業関係者ら約50人が、市民が利用できる菜園作りなど地球 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シェア菜園、バイオマスストーブ… 2050年の佐賀市を議論
参加者からは「有明海の干満の差を生かした環境に優しい発電の開発を」「地元のバイオマス資源を生かしたストーブの利用を進めよう」などと地域色豊かな ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ごみを炭化、肥料に 明和工業がケニアで装置事業
環境設備メーカーの明和工業(金沢市)はケニアで、有機ごみを肥料にするバイオマス炭化装置の事業化を目指している。都市化で増えていくごみを資源に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
消滅可能性都市”を再生可能エネルギーで活性化 大阪・能勢町の高校生
そこで「バイオマスといわれる木くずなどの自然資源を再生可能エネルギーとして活かすことで、持続可能な町づくりをしようと高校生たちが動き出しています。

12月のパーム原油備蓄量、19年の最低水準に NNA.ASIA マレーシア・パーム油委員会(MPOB)が発表した2019年12月のパーム油の備蓄量(速報値)は前月比11.0%減の200万7,124トンと、単月では19年最低となっ ...

12月のパーム原油備蓄量、19年の最低水準に
マレーシア・パーム油委員会(MPOB)が発表した2019年12月のパーム油の備蓄量(速報値)は前月比11.0%減の200万7,124トンと、単月では19年最低となっ ...