パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避 NNA.ASIA インド政府によるパーム油の輸入政策が波紋を呼んでいる

パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避
インド政府によるパーム油の輸入政策が波紋を呼んでいる。主要な輸入元であるマレーシアのマハティール首相が昨年以降、イスラム教徒などに対するインドの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
〔マレーシア・パーム油〕4日続落=需要懸念で(16日)
インド政府は先週、精製パーム油の輸入を制限し、同国の輸入業者にマレーシアからの購入を避けるよう非公式に指示した。この措置により、マレーシアからの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東南アジア株式・引け=おおむね上昇、バンコクは大幅高
... 通信株の上昇が消費者関連株の下げを相殺し、ほぼ横ばいで引けた。パーム油大手PPBグループと、競合相手のIOIコープは、それぞれ0.4%安、1.5%安。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農園FGV、認証手続き中断に不服申し立て
マレーシアの連邦土地開発公団(FELDA、フェルダ)傘下のパーム農園運営会社FGVホールディングスは15日、環境に配慮したパーム油の認定機関である国際 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アユーシュ省、職場にヨガ休憩の導入を提案
インドのアユーシュ(AYUSH、ヨガやアーユルベーダなど伝統医学の総称)省が職場でのヨガ休憩の導入を提案している。ヨガ休憩用に開発した5分間のストレッチ 

環境ビジネス 事業開発セミナー  安定収益を確保する『バイオガス発電』の事業戦略の立て方

2019年5月に食品ロス削減推進法が成立。
SDGsの観点からも食品ロスを減らす動きが活発になってきます
バイオガス発電は、食品廃棄物、下水汚泥、家畜ふん尿など有機性未利用資源を活用して発電です。

食品ロス削減は、ある一面では原料減にはなりますが、食品廃棄物のリサイクル手法のたい肥化の行き詰まりもあり、その受け皿として期待が高まっています。
また、自治体が所有する焼却炉や下水処理場の維持費の削減や老朽化に伴い、自治体が民間企業へ委託したり、公募をかけるなど、よりよい処理場運営をするためのインフラビジネスとしてバイオガス発電を利用するケースも出てきています。

【本セミナーでは・・・】
食品残さを活用したバイオガス事業を中心に、

■『バイオガス』の事業化に必要なチェックポイント
今から事業参入する余地はあるのか?
採算は会うのか?
モノの入り口と出口はどうするのか?
どのような設備を入れるのか?

■市場動向はどのようになっているのか
■食品廃棄物向け小規模バイオガスプラントのケーススタディの的確なデューデリジェンスをするための視点
■事業立上げ経験者による直面した現実と今後の展望
■なぜこの事業に着目したのか
などを実例を交えて解説します。

【講演者】
株式会社 アーセック
代表取締役 パートナー
三嶋 大介 氏

株式会社佐野環境都市計画事務所
岸本 悦也 氏

≪セミナー概要≫

環境ビジネス 事業開発セミナー 
安定収益を確保する『バイオガス発電』の事業戦略の立て方

【詳細はこちらから】

■詳細URL:https://www.kankyo-business.jp/event/detail.php?id=435

■日時:2020年2月19日(火)13:30~16:30
■場所:東京都新宿区大久保3丁目8-2  住友不動産新宿ガーデンタワー1階

低エタノール濃度で低刺激な手指消毒剤 日経メディカル 低エタノール濃度で刺激を抑えたジェル状の手指消毒剤。エタノール濃度を従来品の約80vol%から72vol%にまで抑え、手指衛生を行う際の皮膚への刺激を

エタノール濃度で低刺激な手指消毒剤
エタノール濃度で刺激を抑えたジェル状の手指消毒剤。エタノー濃度を従来品の約80vol%から72vol%にまで抑え、手指衛生を行う際の皮膚への刺激を

リム バイオマスレポート発刊のお知らせ リム情報開発 リム情報開発は1月23日、発電用の木質ペレットやPKS

リム バイオマスレポート発刊のお知らせ
リム情報開発は1月23日、発電用の木質ペレットやPKS(パームヤシ殻)の価格評価を始めます。この価格評価や市場動向などを網羅した週刊『バイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
安いバイオプラスチックの登場まで、海洋汚染の限界はもつのか vol.2
もうひとつが、バイオマスプラスチックです。バイオマスとは、生物量という意味です。つまり、生き物から作られるプラスチックということです。なので、生分解性が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
先端材料としてセルロースナノファイバーに高まる関心
この動画は教養動画メディア10MTVオピニオンで収録した講義映像:「セルロースナノファイバーとは(1)バイオマスと環境問題」(講師:磯貝明 )からお送りしてい ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【特集】「レジ袋有料化」関連株に上昇機運、プラごみ問題解決の序幕が上がる <株探トップ特集>
同社は紙袋への代替やバイオマスプラスチック配合レジ袋の需要増に備えるとともに、素材・原料メーカーとの新素材開発も含め営業・調達・生産の各部門協力の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三洋貿易は上値試す、20年9月期増益・増配予想
木質バイオマス関連は、実績豊富な木質ペレット製造装置(CPM社製)やガス化熱電併給装置(ブルクハルト社製)のプロジェクト受注を積み上げて、将来的には ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
【年頭所感・2020年:政策⑩】川中 正光(農林水産省 食料産業局バイオマス循環資源課 再生可能 ...
2020年を迎えました、本年もよろしくお願いします。農林水産省では、農山漁村に賦存するバイオマス、水、土地等の資源を活用する再生可能エネルギーの導入