バイオマスの有効利用へ 微生物使い有用化学物質を高効率で生産 神戸大など 財経新聞

バイオマスの有効利用へ 微生物使い有用化学物質を高効率で生産 神戸大など
神戸大学、理化学研究所、科学技術振興機構は15日、バイオマスから微生物を使いナイロンの原料に簡単に転換できるムコン酸等の有用な化学物質を、高効率 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
氷河の中から未知の古代ウイルスが発見される(チベット)
バイオマスが少ないので、外界にあるもので汚染されると、氷床コアの中のものより外のものばかりが目立ってしまいます」と、米ボーリング・グリーン州立大学の ..

商品関係の週間予定(1月20〜25日) みんなの株式

商品関係の週間予定(1月20〜25日)
米CBOTの夜間取引(エタノールを除く)は「キング牧師生誕日」のため休場=現地19日(COMEX・NYMEX・CBOTエタノールは48時間取引=現地21日付)
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
氷河の中から未知の古代ウイルスが発見される(チベット)
1万5000年前、チベット高原の水が凍結し、氷河となった。そのとき、無数の微生物がそこに閉じ込められた。その多くはもはや死んでしまったが、そのゲノムは .

バイオマス発電所も新設 日本経済新聞

バイオマス発電所も新設
銘建工業は製材の中で生じた木くずを使ったバイオマス発電に取り組む。出力1950キロワットの発電所があり、日量約160トンの製材端材や間伐材などから出た ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自然電力グループ初となるバイオマス発電所開発
本発電所で使用する燃料の木質チップは、併設されるさつま町バイオマス燃料合同会社(以下、本燃料会社)で製造いたします。本燃料会社は、1月16日付で ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
藻類培養用地の売却計画、1年遅れる見通し 佐賀市・バイオマス事業
佐賀市は16日、バイオマス事業で市清掃工場北側の大和町に整備中の用地約21ヘクタールを藻類培養拠点として企業に売却する計画が、当初予定していた ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
災害停電時、バイオマス発電活用 発電会社など EVで電力「配達」
災害停電時、バイオマス発電活用 発電会社など EVで電力「配達」 ... 台風などの自然災害による広域停電に備え、真庭バイオマス発電所(真庭市目木)の運営 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大腸菌の代謝系を改変し、ナイロン原料の生産性8倍 神戸大など
神戸大学大学院工学研究科の田中勉准教授らと理化学研究所の研究グループは14日、大腸菌の代謝系を改変して生物資源(バイオマ)を与え、ナイロン原料 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
九電みらいエナジー株式会社:北九州市響灘洋上風力発電事業の進捗と一般海域での展開に向けた課題 ...
当社は、これまで電気事業で培ってきた技術・ノウハウを活かしながら、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの5つの電源開発に取り組んでいます。 今回は、