RSPOおよび世界の緑の成長の協会は理解の覚書に署名します

ジャカルタで5年間の覚書が調印され、持続可能なパーム油セクターの主要な活動と組織の協力と資金を強化しました
ジャカルタ、2020年1月15日:今日、持続可能なパーム油に関する円卓会議(RSPO)事務局およびグローバルグリーン成長研究所(GGGI)が5年間の覚書(MoU)に署名し、2030年を支援するための協力と協力の枠組みを提供しました持続可能な開発とパリ気候協定の議題。
RSPOの最高経営責任者であるDatuk Darrel WebberとGGGIの副局長であるSusanne Pedersonによって署名された5年間の覚書は、パーム油セクターおよび関連するビジネス機会におけるGGGIメンバーのイニシアチブを調整することが期待されていますグリーンな雇用を創出し、グリーンな投資を世界的に動員する。 GGGIとRSPOは、持続可能なパーム油開発の実現を含む共通の目標に向けて協力し、ステークホルダーがグローバル市場へのアクセスを確保し、責任あるパーム油起業家が認証された持続可能な製品のプレミアム価格を取得できるよう支援します。
GGGI副局長のSusanne Pedersonは次のように述べています。「グリーン成長の発展を促進する国際的な政府間組織として、GGGIは森林伐採を止め、泥炭地を保護し、人権と社会的責任のある開発を実施するRSPOのコミットメントを支援します。 GGGIは、温室効果ガスの排出削減に貢献するパーム油セクターの重要な役割と、地球規模の気候と持続可能な開発の目標を達成するための取り組みも認識しています。 GGGIは、RSPOの経験から学んだ教訓を活用して、全国のパーム油認証スキームを開発および/または強化し、加盟国が政策や計画で学んだこれらの教訓を採用および実施するのを支援することに関心があります。
RSPOのCEOであるDarrel Webberは、このパートナーシップの重要性を次のように語っています。「気候危機に直面している今、GGGIやRSPOなどの国際組織間の連携を強化することが重要です。両方の組織は、公共部門と民間部門にわたって多くのグローバルな利害関係者を招集し、共通の使命を共有しています。コラボレーションを通じて、共有地域やプログラムへの影響を増幅し、ソリューションをより適切に提供できます。」
このパートナーシップは、比較優位を構築し、補完性と相互強化を確保することにより、パーム油サプライチェーンに関与するGGGI加盟国の国家決定貢献の達成に貢献します。当事者は、パーム油生産者、金融投資家、およびGGGI加盟国のその他の利害関係者と協力して、特に持続可能なモデルを構築し、認証された持続可能なパームの市場へのアクセスを増やすことにより、パーム油の持続可能な成長と生産を促進します石油(CSPO)およびCSPOへの市場コミットメント。 RSPOは、パイプラインプロジェクトとRSPO認証への管轄のコミットメントとの連携を支援するために、認証への管轄アプローチに関する既存のケーススタディの知識を共有します。
RSPOについて:
持続可能なパーム油に関する円卓会議(RSPO)は、信頼できる世界的な基準と利害関係者の関与を通じて持続可能なパーム油製品の成長と利用を促進する目的で2004年に設立されました。 RSPOは、非営利の国際的な会員組織であり、アブラヤシ生産者、パーム油加工業者またはトレーダー、消費財メーカー、小売業者、銀行および投資家、環境または自然保護など、パーム油産業のさまざまな分野の利害関係者を結び付けています。 NGO、および社会的または発展的NGO。
このマルチステークホルダーの代表はRSPOのガバナンス構造に反映されており、理事会、運営委員会、ワーキンググループの議席が各セクターに公平に割り当てられています。このように、RSPOは、各利害関係者グループに平等な権利を与え、コンセンサスによって意思決定に到達するために従来の敵対する利害関係者を支援し、持続可能なパーム油を標準にするというRSPOの共有ビジョンを達成することにより、「円卓会議」の哲学を実践します。
協会の所在地はスイスのチューリッヒ、事務局は現在クアラルンプールにあり、ジャカルタ(ID)、ロンドン(英国)、ズーテルメール(NL)、北京(CN)、ボゴタ(CO)にサテライトオフィスがあります。
Global Green Growth Institute(GGGI)について:
ソウルに拠点を置くGGGIは、開発途上国政府が環境的に持続可能で社会的に包括的な経済成長モデルへの移行を支援する政府間組織です。 GGGIは、技術サポート、キャパシティビルディング、ポリシーの計画と実装、および銀行可能なグリーン投資プロジェクトのパイプラインの構築を支援することにより、36の加盟国でプログラムを提供しています。 GGGIのイベント、プロジェクト、出版物の詳細については、www.gggi.orgをご覧ください。 GGGIをフォローすることもできます
posted by Mark at 21:43RSPO

ニチレイフーズ、主力品で環境対応策 バイオマス、再エネ化へ 食の情報源

ニチレイフーズ、主力品で環境対応策 バイオマス、再エネ化へ
冷食最大手ニチレイフーズは、主力商品で環境対応策を具体化する。4月からNB商品の一部包材について、化石資源を使わないバイオマス原料に順次 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
プラスチックごみの環境課題解決に向けて取り組みを開始 オーガニック味噌、オーガニック即席みそ汁を ...
オーガニック味噌のパッケージは、バイオマスカップにリニューアル 当社は食品メーカーとして、おいしく安心安全な商品を皆様にお届けすることはもちろん、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
プラスチックごみの環境課題解決に向けて取り組みを開始 オーガニック味噌、オーガニック即席みそ汁を ...
バイオマスプラスチックは、生物由来の有機資源を原料につくられるプラスチックです。当社が採用したバイオマスプラスチックは、さとうきびを原料につくられてい ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物 ...
「世界の合成ガス&誘導体市場:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別(石炭、天然ガス、石油副産物、バイオマス/廃棄物)、用途別(化学、燃料、電気)、地域 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
植物ミルクでつくったラテ飲料 新発売!「PLANT TIME」 SOY MILK TEA「PLANT TIME」 SOY LATTE ...
アサヒ飲料]. アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、植物ミルク※を使用した新ブランド「『PLANT TIME』ソイミルクティー」PET415mlを2020年3 

〔マレーシア・パーム油〕大幅反発=大豆油高とリンギ安で(20日) みんなの株式 パーム油は先週9.5%安

〔マレーシア・パーム油〕大幅反発=大豆油高とリンギ安で(20日)
パーム油は先週9.5%安と、週間ベースで2008年11月以来の大幅下落を記録。マレーシア産パーム油に対するインドの輸入制限などが響いた。インドは ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
4年ぶり12万台減 103万、回復途切れる 自動車販売台数
インドネシア自動車工業会(ガイキンド)は20日までに、2019年通年の自動車販売台数(出荷ベース、速報値)が、前年比約12万台減の約103万だったと明らか ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
WWF「東京五輪・パラの調達コードに重大な欠陥」
要望書では、木材、水産物、紙、パーム油などの商品の調達基準に「重大な欠陥がある」と指摘している。(オルタナ副編集長=吉田広子). WWFジャパンによる ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
京都生まれのスキンケアシリーズ「和えか」から天然由来成分91%の贅沢な洗顔石けんが新発売
心の潤いは肌の潤い」をモットーに「私らしく生きる」ことが美容と健康には不可欠であると提案している(株)京LOCOから柚子の香りのスキンケアシリーズ【和えか】 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日刊工業新聞社「十大新製品賞」に選ばれた花王の衣料用洗剤「アタック ZERO」のスゴイところ!
さらに、バイオIOSは、炭素量が多く、これまで界面活性剤に不向きとされてきたアブラヤシの実から食用パーム油を採取する際のしぼりカスを原料とすることに

脱炭素による経済成長促進を後押しする議員懇談会」自由民主党政務調査会長、経済産業大臣、農林 ... 時事通信 当協会理事である慶應義塾大学大学院経営管理研究科の岩本隆特任教授は有識者として第一回会合へ出席し、「脱炭素による経済成長~バイオエタノールの ..

脱炭素による経済成長促進を後押しする議員懇談会」自由民主党政務調査会長、経済産業大臣、農林 ...
当協会理事である慶應義塾大学大学院経営管理研究科の岩本隆特任教授は有識者として第一回会合へ出席し、「脱炭素による経済成長~バイオエタノールの ..