〔マレーシア・パーム油〕反発=大豆油市場につれ高(26日) みんなの株式 ただ、8月のマレーシアのパーム油輸出量が減少したことを示す統計が重しになり、上昇幅は限定的となった。 11月きりの清算値(終値に相当)は1 ... Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

〔マレーシア・パーム油〕反発=大豆油市場につれ高(26日)
ただ、8月のマレーシアのパーム油輸出量が減少したことを示す統計が重しになり、上昇幅は限定的となった。 11月きりの清算値(終値に相当)は1 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告

オーガニックスキンケア<ジュリーク>から、うるおわせながら手肌を清潔に保つ “ハーバル ... PR TIMES

オーガニックスキンケア<ジュリーク>から、うるおわせながら手肌を清潔に保つ “ハーバル ...
また、清潔な手肌のためにエタノールを60%程度配合 。場所を選ばず、いつでもどこでもオールシーズン手軽に使用できる便利なハンドジェルです。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
消毒ができるハンドミルク「薬用 消毒ハンドミルク」9月14日新発売
... 添加物 :エタノール、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ミツロウ、オリブ油、濃グリセリン、流動パラフィン、グリセリン脂肪酸エステル、ポリ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
消毒液、高温車内で火災の危険性 長時間放置で可燃性の蒸気発生
一方で、エタノールは揮発しやすく常温でも容易に引火する性質があり、消防法ではアルコール濃度67%以上の商品は「危険物」に該当するという。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
弊社除菌剤「LOHA Smile」がコロナウイルスを99.9%不活化させるエビデンスを取得しました
ノンケミカル、エタノールフリーの「人と環境に優しい」除菌・抗菌スプレー「LOHA Smile」. 2020年8月26日 13時00分 ニイヌマ株式会社. ニイヌマ ...

ビール工場排水由来のバイオガスを活用した燃料電池発電の実証事業を開始

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)の独立研究子会社であるアサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社(社長 佐見学)は、CO2排出量削減の新たなモデルとして、ビール工場排水由来のバイオメタンガス(以下、バイオガス)を利用した燃料電池による発電の実証事業を、アサヒビール茨城工場にて開始します。この実証事業において、三菱日立パワーシステムズ株式会社(社長 河相健、以下MHPS)は、固体酸化物形燃料電池(Solid Oxide Fuel Cell、以下SOFC)『MEGAMIE(メガミー)』を納入します。また、三井住友ファイナンス&リース株式会社(社長 橘正喜、以下SMFL)は、リーススキームによるファイナンスサービスを提供します。今回の実証事業は、環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」で実施しており、SMFLは申請代表者として事業全体の取り纏めを行います。この設備が稼働すると、発電出力200kWとして年間発電量約160万kWh(一般世帯約350戸分)の電力を供給することが可能となり、これにより年間1,000トン程度のCO2排出量削減が見込まれます。
 なお設備の運転開始は2020年10月を予定しています。

■CO2排出量削減のための新技術を工場に導入、実用化に向けた最終試験を開始
 アサヒグループではCO2排出量削減を目指し、工場稼働のためのベース電力を確保できるよう、エネルギー変換効率の高い燃料電池による発電設備導入に取り組んできました。燃料電池のカーボンニュートラルな動力源として、ビール工場の排水処理化工程で発生するバイオガスを用いるため、2018年6月までにガスを高純度に精製するプロセスを開発しました。精製したバイオガスを用いて小規模のSOFCで発電する試験を実施、2019年5月には1万時間の連続発電に成功しています。
 今回、世界最高クラスの発電効率を誇るMHPSのSOFC『MEGAMIE』をアサヒビール茨城工場に導入し、実用化に向けた最終試験を開始します。2017年より商用販売を開始した『MEGAMIE』は、通常都市ガスを燃料としてCO2発生量の少ないクリーンな電力および熱を供給するものですが、今回の事業ではビール工場排水由来バイオガスを燃料として利用する初めてのケースとなり、バイオガスの精製設備と組み合わせることで、大幅なCO2排出量の低減が期待できます。
 事業完了までに、工場排水から得られるバイオガスを動力源とした燃料電池発電技術の確立を目指します。

■技術の社会実装をめざした具体策を検討
 今後各社は技術の社会実装のために具体的なスキームを検討していきます。
 アサヒグループでは、食品業界をはじめ技術を活用可能な業界へ幅広く普及させるため、今回の実証事業で得られたバイオガス精製や設備導入に必要な技術に関して、特許を取得することなく、可能な限り情報を公開して参ります。
 MHPSでは、今回の実証事業より得られたデータをもとに、ビール工場はもとより、様々な未利用のエネルギー源を活用できる発電システムへの展開をはかります。また、『MEGAMIE』の性能や利便性のさらなる向上にも取り組み、脱炭素社会構築にふさわしいエネルギー創出に貢献していきます。
 SMFLは、リースをはじめとする各種ファイナンスサービスを提供することで、設備投資にかかる資金提供や初期費用の抑制など、燃料電池の普及を支援していきます。

 アサヒグループ、MHPS、SMFLは、それぞれの強みを活かし、SOFCをはじめとするCO2排出量削減のための技術開発、および普及を促進させ、持続可能な地球環境の実現に貢献していきます。

■参考:各社の環境への取り組み
 アサヒグループでは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”において、行動指針の一つとして「事業を通じた持続可能な社会への貢献」を掲げています。また「アサヒグループ環境ビジョン2050」においては、気候変動への対応として温室効果ガス排出量削減の中長期目標「アサヒカーボンゼロ」を設定し、2050年に温室効果ガス排出量をゼロとすることを目指しています。「アサヒカーボンゼロ」の達成を目指した取り組みの一貫として、これまでに、自立型水素エネルギー供給システムや、CO2分離回収試験装置を導入し、実証試験も行っています。今後も「自然の恵み」を享受しながら事業を営む企業として、様々な環境課題に対し積極的な取り組みを推進していくことで「自然の恵み」を次世代に引き継ぐことを目指していきます。
 MHPSは「優れた技術・製品で社会に貢献する」という企業理念のもと、高効率な発電システムや資源の有効活用、環境負荷の低減を実現することができる製品を世界各国に数多く納入しており、電力の安定供給や環境負荷を抑えた発展に貢献しています。
 SMFLは、再生可能エネルギーや省エネルギーの設備投資に様々なファイナンスサービスの提供や各種補助金の共同申請を行っています。また、再生可能エネルギー発電事業に参入するとともにオンサイトでの自家消費太陽光発電サービスを提供しています。クリーンエネルギーの普及促進や企業の脱炭素経営を支援するソリューションを提案することで、地球温暖化の防止と循環型社会の実現に貢献していきます。

グローバル・シーはバイオマス原料(PKS,ウッドペレット、ウッドチップ)を販売できます。

1.PKS
  インドネシア産PKSを月2-3万トン供給できます。
2.ウッドペレット
  ベトナム産ウッドペレットを月5千トン供給できます。
3.ウッドチップ
  アメリカ産ウッドチップを月25000-27500トン供給できます。
価格や品質等ご興味のある方は、グローバル・シーにお問い合わせください。

資源作物によるカーボンマイナスシンポジウム2020 初開催!バイオマス生産の新展開!新規作物 ... PR TIMES

資源作物によるカーボンマイナスシンポジウム2020 初開催!バイオマス生産の新展開!新規作物 ...
バイオマス生産の新展開!新規作物『エリアンサス』によるカーボンマイナスの可能性. 9月17日(木)13時~@GINZA SIX、オンライン配信 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
帯広のバイオマスリサーチ、ふん尿エネで農中と協定
バイオマスリサーチ(北海道帯広市)は25日、牛などのふん尿を発酵させ処理するバイオガスプラントの普及に向け、北海道信用農業協同組合連合 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レジ袋有料化って効果ある? 専門家の答えと、次世代「生分解性バイオマスプラスチック」とは
バイオマス」は、再生産可能な植物バイオマスを指し、有限である石油に対し、植物を原料にするため、半永久的に持続可能な素材というわけです。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本版グリーンリカバリーのキモは 「木質バイオマス」 欧州のマネは無意味
今回は、日本版グリーンリカバリーのキモが、日本特有の国土や地形を生かした「木質バイオマスにあることを解説したい。 日本も石炭火力から ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオ発電普及へ金融メニュー構築 農協系金融機関が協定
JA北海道信連、農林中央金庫、バイオマス利用コンサルティングバイオマスリサーチ(帯広)は25日、バイオガス発電の普及に向けた連携協定 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
グリーンボンド発行に関するお知らせ
資金使途:リサイクルPETの調達、バイオマスプラスチックの調達、再生可能エネルギーの購入、社有林「アサヒの森」の維持等主幹事証券会社: ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ソルガムとソルガムは2023年にあなたのビジネスを成長させるために市場上位企業の分析をシード ...
バイオマスモロコシ種は、世界中のバイオエネルギーの生産に広く使用されています。スイートソルガムは、主に、アルコール飲料や化学物質の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ダイセル 酢酸セルロース端材を再生、養生用敷板を開発
一方、WPTは、2008年の設立当初から同社周辺地域(鳥取県・岡山県)の森林資源(木質バイオマスを利活用することを目的として、木質 ...

バイオマス練炭燃料市場に関する調査(COVID-19の影響)2020-2026 ドイツのペレット, エンビバ ... おもちゃ屋パーク Enova エネルギーグループコリニス木質ペレットメインウッズのペレットアパラチアンウッドペレットベアマウンテンフォレスト製品アグロペレット ...

バイオマス練炭燃料市場に関する調査(COVID-19の影響)2020-2026 ドイツのペレット, エンビバ ...
Enova エネルギーグループコリニス木質ペレットメインウッズのペレットアパラチアンウッドペレットベアマウンテンフォレスト製品アグロペレット ...