バイオマス由来の「次世代ガソリン」、昭和シェル石油が2025年に実用化へ clicccar.com(クリッカー) バイオ燃料はカーボン


バイオマス原料からガソリン基材として利用可能なヘキセンの生成に成功、同技術を2025年までに確立するそうです。

「ヘキセン」は石油由来のガソリン中に存在する成分であり、今回生成したヘキセンのガソリンへの混合可否を調査したところ、混合可能である事を確認したそうです。