バイオガス発電で食品リサイクル、廃棄物が1500世帯分の電力に ITmedia アーキアエナジーは総工費約35億円をかけて、小牧市内でバイオガス発電所の建設を進めている

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/17/news027.html アーキアエナジーは総工費約35億円をかけて、小牧市内でバイオガス発電所の建設を進めている。日量80トンの食品残渣(さ)を近隣および愛知県内から受け入れ、発酵させたガスを利用して発電し、中部電力に売電する計画だ。出力は1575kW(キロワット)を予定しており、一般家庭約1500世帯分に相当する年間773万kWh(キロワット時)の発電量を見込んでいる。発電開始は2019年夏を予定している。