ヤシ殻を炭化し発電燃料に 日系企業、インドネシアで試験生産 SankeiBiz

ヤシ殻を炭化し発電燃料に 日系企業、インドネシアで試験生産
アブラヤシの殻を再利用して発電用の燃料に-。東京の企業がパーム油を生産する過程で捨てられるこの殻を炭化させ、バイオマス燃料とする際の新技術を開発 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
舞鶴市・パーム油発電 熱帯雨林伐採、人権侵害も 原産国・インドネシアの現状学ぶ/環境NGO「“悪い ...
バイオマス産業社会ネットワーク」の泊みゆき理事長はパーム油発電の温室効果ガスを大量に排出する問題について解説。国は固定価格買取制度(FIT)で「再生 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
フタムラ化学 生分解性フィルム販売強化 青果、食品パッケージに 価格抑え主力品へ
包装用フィルムのトップメーカー、フタムラ化学(名古屋市中村区名駅、長江泰雄社長、電話052・565・1212)は、生分解性バイオマスフィルムの販売を強化する