新タック化成、稲わらやもみ殻、間伐材原料のバイオマス粘着紙を開発 ラベル新聞

バイオマス発電はFITに合わない」、バイオマス産業社会ネットワーク・泊みゆき理事長に聞く
泊 一概に「バイオマス発電」と言っても、様々な燃料や発電手法があり、それが議論を複雑にしています。現在、環境団体などが最も問題にしているのが、海外 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
新タック化成、稲わらやもみ殻、間伐材原料のバイオマス粘着紙を開発
新製品はバイオマス原料と古紙の混抄紙を基材とし、和紙風のデザインとなっている。永久接着タイプのエマルジョン粘着剤を採用し、剥離紙はPEをラミネート ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ワタミの宅食、バイオプラ導入・リサイクル実施エリア拡大 3万食対象に
ワタミ(東京都大田区)は10月14日より、日替わり夕食宅配を行う「ワタミの宅食」で関西・中京圏で提供する弁当や惣菜の容器を、バイオマス素材を含んだ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
企業Shengchang Bioenergy、Sinopeak、Mingkeによるバイオマス成形燃料市場調査2019
バイオマスモールディング燃料市場レポートは、いくつかの産業サービス、地域の展望、バイオマスモールディング燃料市場の状況を主要企業、地理的国、および ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界のバイオマス燃料熱量計市場レポート2019、競合状況、トレンド、機会
Big Market Researchによるバイオマス燃料熱量計市場に関する最新の調査レポートは、市場シェア、市場評価、収益推定、SWOT分析、およびビジネスの地域 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
木質バイオマス燃料の認証、RSPOとRSBに設定へ【経産省「バイオマス燃料持続可能性WG」】
バイオマス発電燃料の持続可能性に関する制度設計を議論する専門家WGの、10月に開催された第5回の会合で、中間整理案が事務局より提示された。議論の