地震倒木を燃料に 厚真町が再エネ発電所 廃熱でイチゴ栽培も 47NEWS

ジェネック、バイオマス燃料強化。大分・中津に営業所
ジェネックでは、バイオマス発電の燃料に使用するパームヤシ殻(PKS)、木質ペレットの取り扱いを強化している。来年初めに豊前市(福岡)でバイオマス発電所が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
浪江にバイオマス発電所 いわき産の間伐材使用
浪江町に木質バイオマス発電所と木質チップ製作所が建設される。年間発電量は約一万六千メガワット時で一般家庭約三千五百世帯分の年間消費電力量に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
昭和産業 バイオマスごみ袋の実験開始 プラ使用量、CO2排出抑制へ
昭和産業は自社バイオマスを有効活用した清掃作業用ごみ袋のフィールド実験を船橋市役所で開始した。 フィールド実験に使うごみ袋は原料にバイオマス(非 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
セブンイレブン/沖縄で環境配慮型プラ使用スプーン・フォーク導入
今回さらに、弁当などの販売時に添付する「スプーン」「フォーク」に、植物由来の素材を30%配合したバイオマスプラスチックで作られた製品を導入する。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
宮城丸森町の災害ごみ受け入れ
福島県相馬市と仙台市は5日、台風19号で甚大な被害が出た宮城県丸森町の災害廃棄物を受け入れると発表した。相馬市は倒木を引き取って木質バイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
コープみらい、首都圏3店舗をFIT電気100%に 木質バイオ発電から調達
再生可能エネルギーで発電したFIT電気は、コープデリ生活協同組合連合会(埼玉県さいたま市)が出資・協力している横須賀バイオマスエナジー(神奈川県 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レジ袋有料化が7月に開始 配合率25%のバイオプラ・厚手の袋など除外に
バイオマスプラスチック製袋については、消費者に分かりやすい表示と、配合率を徐々に高めてくことを求める。また。海洋生分解性プラスチックについては、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地震倒木を燃料に 厚真町が再エネ発電所 廃熱でイチゴ栽培も
昨年9月の胆振東部地震で被災した胆振管内厚真町は本年度中に、町内で太陽光発電所と木質バイオマス発電所の整備に着手する。全域停電(ブラックアウト) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
新開発のごみ袋 船橋市役所で実験 工場長ら市長訪問
開発したごみ袋を、松戸徹市長(中央)に示す河津大輔工場長(右から2人目)ら=船橋市役所でバイオマスを活用して昭和産業(東京都千代田区)が開発した ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レノバの第2四半期決算の発表と共に、通期業績予想を上方修正
また、2019年3月期に着工した、徳島県 徳島市における出力74.8MWの大型バイオマス発電所に関し、着工後の一定のマイルストーンを達成したことから、2019