おかやまコープ、真庭バイオマス発電所から電力調達へ 電気の地産地消実現 環境ビジネスオンライン

おかやまコープ、真庭バイオマス発電所から電力調達へ 電気の地産地消実現
また、真庭市は「SDGs 未来杜市(みらいとし)」として、地域資源を活用した循環型社会の実現に取り組んでいる。2015年からは「木質バイオマス資源」を活用して ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
宮城県で国内最大級のバイオマス専焼発電設備 建設プロジェクトを受注
プロジェクトの詳細は、下記の通りです。 1. 契約先. 合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジー. (株式会社レノバ、東京ガス株式会社 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2020年度のFIT買取価格を決定 再エネ賦課金の負担額はいくら増える?
一般木材等バイオマス発電(10,000kW未満)は、2019年度の買取価格を据え置き24円/kWh。一般木材等イオマス発電(10,000kW以上)・バイオマス液体 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
環境省グリーンファンド、熊本の木質ガス化熱電併給発電に2億円を出資
この「木質バイオマスガス化熱電併給発電事業」は発電出力1,750kW。電気工事業を営むイワハラ(宮崎県宮崎市)がメインスポンサーとなり、地元関係者とともに ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
木質バイオマス発電事業への参画について
本事業会社が運営する石巻ひばり野バイオマス発電所は、木質ペレットやパーム椰子殻を燃焼して発電するもので、発電出力は74,950kWです。 東京ガス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2020年度のFIT価格が正式決定、「地域活用要件」など太陽光市場に大きな変化
1万kW未満の一般木材等によるバイオマス発電は、2019年度と同じ24円/kWhが適用される。1万kW以上やバイオマス液体燃料(全規模)の買取価格は入札 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2026年までに予測されるバイオアンモニア市場の生産、収益、ビジネスステータス– SynGest ...
トウモロコシバイオマスからのアンモニア木質バイオマスからのアンモニア. アプリケーションに基づいて、グローバルバイオアンモニア市場は次のように分割され