大王製紙、愛媛で約63MWのバイオマス発電施設を稼働 パルプ廃液を活用 環境ビジネスオンライン

大王製紙、愛媛で約63MWのバイオマス発電施設を稼働 パルプ廃液を活用
蒸気タービンの発電量は62,920kW。 同工場はこれまで、黒液をボイラーで燃焼させ、エネルギーとして活用するバイオマス発電を行ってきた。今回新たに黒 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
環境面に配慮した事業展開強化
バイオマス発電は、燃やしてもCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」の考えを基にしており、サプライチェーン全体で活用する木材の管理などが必要 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トーヨーケム、環境対応型粘着剤を次々と発表 ラベルやテープ関連分野へ訴求
またバイオマス粘着剤では開発が難しいとされる再剥離性を付与した製品を発表。シリーズともにバイオマス度は10%で、オリバインは中粘着と微粘着、 .