J―オイルミルズ、マレーシアの油脂加工会社に出資

J―オイルミルズは9日、マレーシアで油脂加工事業を手掛けるプレミアム・ニュートリエンツ(本社はシンガポール)と資本・業務提携を結んだと発表した。同社の製造販売子会社2社に計約13億円を出資する。東南アジアでマーガリンなどの新製品を共同開発し、市場を開拓する。

2社が実施する第三者割当増資を引き受け、11月上旬に株式を取得する予定だ。うちマーガリンなどの製造販売会社では約3億5千万円で株式の51%を取得し、連結子会社とする。アイスクリームやマーガリンなどに使われる油脂の製造販売会社では約9億6千万円で株式の20%を取得し、持ち分法適用会社とする。

東南アジアではパンなどの食事をする消費者が増え、市場が拡大している。パンにつけるマーガリンや菓子の原料に使う油脂製品などの需要も伸びている。J―オイルミルズは日本でマーガリンなどに強みを持ち、今回出資する現地企業の販路やノウハウを生かすことで海外市場に攻め込む。