Enviva announces first wood pellet shipment to Japan

Envivaによる持続可能な木質ペレットの最初の出荷は、フロリダ州パナマシティ港から日本の岩国港に向かう途中です。
最初の出荷では、米国南東部で調達された低価格の木材から作られた約28,000トンの木質ペレットが運ばれました。
石炭の代わりに持続可能なペレットを使用することで、日本の熱および電力生産者はライフサイクルベースで炭素排出量を85%以上削減でき、グリッドの安定性を提供しながら、世界で5番目に大きい温室効果ガス排出者の排出量を大幅に削減できます。
「現在、気候変動の緩和に役立つ再生可能ソリューションに対する世界的な需要は非常に大きくなっています」と、エンビバの会長兼CEOであるジョンケプラーは述べています。
「私たちは、米国南東部での事業と、石炭に取って代わる製品を安全、安定、確実に提供し、日本のような国が最も費用効果の高い方法で気候変動の目標を達成できるようにする輸出ターミナルを非常に誇りに思っています。信頼性が高く、ディスパッチ可能なエネルギー生成を保証します。
「私たちは、日本の顧客が気候変動を緩和するこのような重要なプロジェクトへの再生可能燃料のコアサプライヤーであるという信頼と責任を私たちに与えてくれたことを光栄に思い、彼らの成功の一部となることを光栄に思います。」
日本の再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、100の石炭火力発電所を閉鎖または脱炭素化するという政府の公約とともに、300万トンを超える木質ペレットの長期需要をEnvivaが契約することを可能にしました。同社の日本の顧客とのそのような契約のほとんどは、2040年以降にまで及びます。
フロリダ州議会議員のニールダン医学博士は、次のように述べています。「パナマシティ港とエンビバによる持続可能なバイオマスの日本への最初の出荷は、フロリダ州の第2下院選挙区にとって大きなマイルストーンです。
「エンビバとパナマシティ港の間のこのパートナーシップは、地方および州の経済を後押しするだけではありません。国際的に従来の電源に代わるものを提供します。」