庄内森林管理署発注見通し

造林事業及び治山事業(森林整備)

製品生産事業及び造林事業

 

環境相としての手腕が試されている By River Davis

日本国内では、安倍政権を支持する大企業やエネルギー政策を担当する役人が、電力不足は許されないと主張している。小泉氏の政治家としての未来は、既存勢力を敵に回さずに脱炭素化の約束を前に進めることができるかどうかにかかっている。

 小泉氏が石炭問題への取り組みで政治的能力を示すことができれば、政治家として将来成功する可能性は十分にある、と高村ゆかり東京大学教授(環境法・国際法)は話す。

 小泉氏の地元である横須賀では、石炭火力発電所の建設計画が進んでおり、環境保護派が建設中止を求めている。

 しかし事業主体である発電会社JERA(ジェラ)の澤木敦生氏は「これからの石炭火力発電所をすぐにやめてしまうということはかなり難しい」と話す。

 小泉氏は最近の記者会見で石炭について聞かれると、ニューヨークで使った言い回しは避け、日本は「石炭火力を含む火力についてその依存度を可能な限り引き下げる」よう努力していると述べた。

 反石炭の立場を取る一部の国とは異なり、日本は天然資源に恵まれていないと小泉氏は指摘。「経済大国として多様な電源を必要としている。こういった事情を抱えていることもご理解いただきたい」と述べた。

 世界では、石炭を後押しし、環境規制が厳しすぎると主張する米国のトランプ大統領から、脱原発で石炭へ依存度が高まっているドイツのメルケル首相まで、各国の政治家が石炭の未来に立ち向かっている。


バイオマス 毎日更新 ⋅ 2019年2月17日 ニュース



中山間地ルネッサンス バイオマスに優先枠 雇用創出を後押し 19年度農水省
その上で、バイオマス施設の整備でも、優先枠を新たに設ける。農産物にとどまらない中山間地の資源を幅広く活用し、雇用創出などを後押しするのが狙い ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
旧柏村旅館をホステルに再生 白老町地域おこし協力隊の菊地さん
新たにオープンさせるホステルは、木質系バイオマス燃料を活用するなどして環境・社会性に配慮するとともに、地域の特徴を生かして料理に地元食材を使用。
Google PlusFacebookTwitter

アジア開発銀行による二国間クレジット制度日本基金を活用した第三号案件 承認 ---バングラデシュの南西部のプロジェクトが承認されました

アジア開発銀行による二国間クレジット制度日本基金を活用した第三号案件 承認

     ---バングラデシュの南西部のプロジェクトが承認されました。

    http://www.env.go.jp/press/105840.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

アジア開発銀行(ADB)が二国間クレジット制度(JCM)日本基金を活用した第三号案件として、

バングラデシュの南西部、バリサル(Barisal)-ゴパルガンジ(Gopalganj)間の

先進的な高効率送電線のプロジェクトを承認しました。

本プロジェクトでは、JCM日本基金を活用して、

送電ロスの少ない高温低弛度電線(HTLS電線)を導入することとしました。

 

○JCM日本基金の承認プロジェクトの概要

プロジェクト実施国・地域:バングラデシュ バリサル-ゴパルガンジ間

導入技術概要:高温低弛度電線(HTLS電線)

想定される排出削減量:約23,000tCO2/

 

──────────────────────────────

≪お問合せ先≫

環境省 地球環境局 国際連携課 国際協力・環境インフラ戦略室

担当:井上

TEL03-3581-3351

──────────────────────────────

 

FIT算定委員会、バイオマス発電に入札制、燃料に第三者認証


FSCなど第三者認証を求める

 バイオマス油脂(パーム油など)については、制度開始当初、想定しておらず、一般木材バイオマスに比べて「資本費が低く、燃料費が高い」というコスト構造の大きな違いがあることから、「別区分を設定すべき」とした。

 また、「一般木材等」区分の認定基準に規定されている「燃料の安定調達の確保」に関し、確認方法の見直し案が示された。変更点は、輸入材については、国内商社などとの安定調達契約書だけでなく、「現地燃料調達者との安定調達契約書を確認すること」、パーム油については木材同様、持続可能性(合法性)の確保の観点から「第三者認証による確認」が必要とし、これらの変更は既存案件にも適用すべきとの方向性が公表された(図3)。

図3●「燃料の安定調達の確保」「持続可能性」の確認手段
(出所:経済産業省)
[画像タップで拡大表示]

 木材に関してはFSC認証、パーム油に関しては、RSPOが例示された。こうした木材やパーム油の生産時における認証に加え、認証品が保管・物流・加工段階で他の未認証品と区別・管理されていることを確認するサプライチェーン認証の必要性も例示された。

 加えて、未稼働案件を防止する観点から、既存案件については、設備発注期限を認定日から2年、新規案件については認定日から4年を運転開始期限とする案が示された。また、石炭混焼バイオマス発電がFIT期間終了後に石炭専焼火力発電に転換することを防ぐ対策として、「バイオマス発電事業継続の確認」を行う案も提起された。

松くい虫の被害木、木質バイオマス発電に活用するモデル事業2件に補助金


市有林の松くい虫被害木などを伐採・搬出し、チップ化、木質バイオマス発電施設へ運搬する」事業

実施者は上田市。実施地区は、上田市下之郷や東山市の市有林ほか。

「道路、通学路沿いの被害木を伐採し、森林組合支所の土場まで運搬し、移動式大型チッパーによりチップ化する」事業

実施者は松本広域森林組合。実施地区は、松本市四賀穴沢地区。

森林づくり県民税活用の支援事業

なお、この事業は同県の森林づくり県民税を活用した「信州の木活用モデル地域支援事業」として行われる。両採択事業に交付される補助金の額は、それぞれ250万円ずつ。