雪印メグミルク、「スライスチーズ」全品の包材印刷にバイオマスインキを使用 マイライフニュース Mylife News Network 雪印メグミルクは、現在発売中の「スライスチーズ」全9品をバイオマスインキ(植物由来の資源を原料の一部に使用した製造したインキ)で印刷した .

雪印メグミルク、「スライスチーズ」全品の包材印刷にバイオマスインキを使用
雪印メグミルクは、現在発売中の「スライスチーズ」全9品をバイオマスインキ(植物由来の資源を原料の一部に使用した製造したインキ)で印刷した .

ビール工場排水由来のバイオガスを活用した燃料電池発電の実証事業を開始

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)の独立研究子会社であるアサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社(社長 佐見学)は、CO2排出量削減の新たなモデルとして、ビール工場排水由来のバイオメタンガス(以下、バイオガス)を利用した燃料電池による発電の実証事業を、アサヒビール茨城工場にて開始します。この実証事業において、三菱日立パワーシステムズ株式会社(社長 河相健、以下MHPS)は、固体酸化物形燃料電池(Solid Oxide Fuel Cell、以下SOFC)『MEGAMIE(メガミー)』を納入します。また、三井住友ファイナンス&リース株式会社(社長 橘正喜、以下SMFL)は、リーススキームによるファイナンスサービスを提供します。今回の実証事業は、環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」で実施しており、SMFLは申請代表者として事業全体の取り纏めを行います。この設備が稼働すると、発電出力200kWとして年間発電量約160万kWh(一般世帯約350戸分)の電力を供給することが可能となり、これにより年間1,000トン程度のCO2排出量削減が見込まれます。
 なお設備の運転開始は2020年10月を予定しています。

■CO2排出量削減のための新技術を工場に導入、実用化に向けた最終試験を開始
 アサヒグループではCO2排出量削減を目指し、工場稼働のためのベース電力を確保できるよう、エネルギー変換効率の高い燃料電池による発電設備導入に取り組んできました。燃料電池のカーボンニュートラルな動力源として、ビール工場の排水処理化工程で発生するバイオガスを用いるため、2018年6月までにガスを高純度に精製するプロセスを開発しました。精製したバイオガスを用いて小規模のSOFCで発電する試験を実施、2019年5月には1万時間の連続発電に成功しています。
 今回、世界最高クラスの発電効率を誇るMHPSのSOFC『MEGAMIE』をアサヒビール茨城工場に導入し、実用化に向けた最終試験を開始します。2017年より商用販売を開始した『MEGAMIE』は、通常都市ガスを燃料としてCO2発生量の少ないクリーンな電力および熱を供給するものですが、今回の事業ではビール工場排水由来バイオガスを燃料として利用する初めてのケースとなり、バイオガスの精製設備と組み合わせることで、大幅なCO2排出量の低減が期待できます。
 事業完了までに、工場排水から得られるバイオガスを動力源とした燃料電池発電技術の確立を目指します。

■技術の社会実装をめざした具体策を検討
 今後各社は技術の社会実装のために具体的なスキームを検討していきます。
 アサヒグループでは、食品業界をはじめ技術を活用可能な業界へ幅広く普及させるため、今回の実証事業で得られたバイオガス精製や設備導入に必要な技術に関して、特許を取得することなく、可能な限り情報を公開して参ります。
 MHPSでは、今回の実証事業より得られたデータをもとに、ビール工場はもとより、様々な未利用のエネルギー源を活用できる発電システムへの展開をはかります。また、『MEGAMIE』の性能や利便性のさらなる向上にも取り組み、脱炭素社会構築にふさわしいエネルギー創出に貢献していきます。
 SMFLは、リースをはじめとする各種ファイナンスサービスを提供することで、設備投資にかかる資金提供や初期費用の抑制など、燃料電池の普及を支援していきます。

 アサヒグループ、MHPS、SMFLは、それぞれの強みを活かし、SOFCをはじめとするCO2排出量削減のための技術開発、および普及を促進させ、持続可能な地球環境の実現に貢献していきます。

■参考:各社の環境への取り組み
 アサヒグループでは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”において、行動指針の一つとして「事業を通じた持続可能な社会への貢献」を掲げています。また「アサヒグループ環境ビジョン2050」においては、気候変動への対応として温室効果ガス排出量削減の中長期目標「アサヒカーボンゼロ」を設定し、2050年に温室効果ガス排出量をゼロとすることを目指しています。「アサヒカーボンゼロ」の達成を目指した取り組みの一貫として、これまでに、自立型水素エネルギー供給システムや、CO2分離回収試験装置を導入し、実証試験も行っています。今後も「自然の恵み」を享受しながら事業を営む企業として、様々な環境課題に対し積極的な取り組みを推進していくことで「自然の恵み」を次世代に引き継ぐことを目指していきます。
 MHPSは「優れた技術・製品で社会に貢献する」という企業理念のもと、高効率な発電システムや資源の有効活用、環境負荷の低減を実現することができる製品を世界各国に数多く納入しており、電力の安定供給や環境負荷を抑えた発展に貢献しています。
 SMFLは、再生可能エネルギーや省エネルギーの設備投資に様々なファイナンスサービスの提供や各種補助金の共同申請を行っています。また、再生可能エネルギー発電事業に参入するとともにオンサイトでの自家消費太陽光発電サービスを提供しています。クリーンエネルギーの普及促進や企業の脱炭素経営を支援するソリューションを提案することで、地球温暖化の防止と循環型社会の実現に貢献していきます。

一般競争入札一覧(伊豆森林管理署)

造林事業

担当部署公告日入札日件名備考
伊豆森林管理署令和元年12月25日令和2年1月30日令和元年度 岩上地区造林(地拵外)請負事業 
伊豆森林管理署令和元年12月19日令和2年1月22日入札公告の取消(令和元年度 岩上地区外造林(地拵外)請負事業)入札取消

その他物役

担当部署公告日入札日件名備考
伊豆森林管理署令和元年10月10日令和元年11月12日長九郎(滝見)林道外3維持修繕業務

一般競争入札一覧(庄内森林管理署)

造林事業

担当部署公告日入札日件名備考
庄内森林管理署令和元年12月6日令和2年1月16日新林地区第二保安林整備事業(本数調整伐)総合評価落札方式
庄内森林管理署令和元年12月6日令和2年1月16日松くい虫防除事業請負(伐倒くん蒸)最低価格落札方式

ヤンマーエネルギーシステム、廃棄物バイオマス発電などの提案を強化 環境ビジネスオンライン

ヤンマーエネルギーシステム、廃棄物バイオマス発電などの提案を強化
ヤンマーエネルギーシステム(大阪府大阪市)は、従来の省エネ機器の販売に加えて、廃棄物を活用したバイオマス電やエネルギーマネジメントシステムなどの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
オリックス インドの風力発電会社を完全子会社化へ
同社は、国内でも再生可能エネルギーによる発電事業を積極的に展開しており、設備容量合計約1GWの太陽光発電事業や、風力、地熱、バイオマス発電事業を ..

【ひと】竹バイオマス活用のトマト栽培を探る元製鉄所エンジニア 佐々木悠二(ささき ゆうじ)さん 47NEWS 製鉄所を建設するエンジニアから農家に転身して1年半。古里の福岡県古賀市で、独自のフルーツトマト栽培システムづくりに取り組む。ビニールハウスの暖房に

【ひと】竹バイオマス活用のトマト栽培を探る元製鉄所エンジニア 佐々木悠二(ささき ゆうじ)さん
製鉄所を建設するエンジニアから農家に転身して1年半。古里の福岡県古賀市で、独自のフルーツトマト栽培システムづくりに取り組む。ビニールハウスの暖房に

<原発のない国へ 福島からの風> 飼料作物から発電 東京新聞 二〇一一年三月に大事故を起こした東京電力福島第一原発から七キロの福島県富岡町で、飼料作物であるソルガム(コーリャン)によるバイオガス発電の実証 ...

<原発のない国へ 福島からの風> 飼料作物から発電
二〇一一年三月に大事故を起こした東京電力福島第一原発から七キロの福島県富岡町で、飼料作物であるソルガム(コーリャン)によるバイオガス発電の実証 ...

大熊町がバイオマス事業 国内初、発電用作物を栽培 福島民報 大熊町は二〇二二年度にも、東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域の特定復興再生拠点で育てた植物を基にバイオマス発電を始める。町によると発電 ...


大熊町がバイオマス事業 国内初、発電用作物を栽培
大熊町は二〇二二年度にも、東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域の特定復興再生拠点で育てた植物を基にバイオマス発電を始める。町によると発電 ...

NEDOと3社、タイでバガスを原料とした世界最大規模の実証プラントを完成 エネクトニュース (プレスリリース) 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東レ株式会社、三井製糖株式会社、三井物産株式会社の3社は7月6日、タイでバガス( ...

NEDOと3社、タイでバガスを原料とした世界最大規模の実証プラントを完成
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東レ株式会社、三井製糖株式会社、三井物産株式会社の3社は7月6日、タイでバガス( ...

2018-6-23


バイオマス
毎日更新  2018年6月23日
ニュース 
電源開発と共同でバイオマス発電用燃料の供給会社設立へ 住友林業
国内の林地未利用木材などをバイオマス発電用燃料として活用、国内最大級の木質ペレット供給体制を検討し、21年の事業化を目指す。 新会社の名称はSJ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
中部プラントと多気町、協定書 /三重
多気町西山の多気クリスタルタウン工業ゾーンで、木質バイオマス発電所「多気バイオパワー」を運営する中部プラントサービス(本社・名古屋市)と多気町が20 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ホホジロザメの謎を解明、「暖水渦」に長期滞在
ニューヨーク・タイムズ紙によれば、世界中のトワイライトゾーンのバイオマス(生物量=一定範囲内の生物の現存量、ここでは魚の量のこと)は、地球上の海産物 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
三菱自動車「株主の皆様、会場の電力はすべて再生可能エネルギーです」
今回購入した「グリーン電力証書」は、バイオマス発電によるグリーン電力(発電電力量25,000kWh)を使用したとみなされる。同社は、日本自然エネルギー(東京 ...
Google PlusFacebookTwitter


【徳島】藤崎電機グループ(阿南市辰己町1ノ38)は、竹を使ったバイオマス発電所の2号機について、山口県山陽小野田市の1号機の掘削を6月に入り開始


バイオマス
毎日更新  2018年6月16日
ニュース 
藤崎電機 バイオマス発電2号機は来年以降
【徳島】藤崎電機グループ(阿南市辰己町1ノ38)は、竹を使ったバイオマス発電所の2号機について、山口県山陽小野田市の1号機の掘削を6月に入り開始したこと ...
Google PlusFacebookTwitter


ゲンボク(徳島市)がバイオ発電所 未利用材燃料に発電


発電方法はガスエンジン方式を採用した。乾燥棟で木材を砕いてチップ化し、乾燥させた上で、発電棟で燃やす。その際発生する水素と一酸化炭素の混合ガスで発電機を駆動させる。

 チップを燃やして水を熱し、発生した蒸気でタービンを回して発電させる一般的な蒸気タービン方式に比べ、設備が小規模でも発電効率が高いという。また、発電過程で出る熱で空気を温めてチップの乾燥に使い、コスト削減につなげる。

 チップの素材となる木材は、那賀町の山林で切り出された丸太のうち、通常なら使われない端材や、山林に放置された材木などを買い取って使う。

バイオマス利用関連微生物


私達が食物として利用できない未利用バイオマス。
それがリグノセルロース系バイオマスです。

その半分以上を占めるセルロースやヘミセルロースを効率よく分解することで、私達の生活に必要なエネルギーを作り出すことができます。その自然エネルギーは、再生可能で結果として二酸化炭素の排出を抑制できます。その技術の鍵を握るのが、自然界の微生物に倣い、微生物を利用するバイオテクノロジーです。

NBRCは、それらのバイオマス利用に役に立つ微生物と付加情報をご提供いたします。

バイオマス利用を知る

ページトップへ

バイオマス利用に役に立つ微生物を探す

ページトップへ

バイオマス利用関連微生物にあるページ一覧

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター  産業連携推進課  バイオ

バイオマス廃材で枕木、耐久性検証 智頭急行 毎日新聞

バイオマス廃材で枕木、耐久性検証 智頭急行
同県境港市の「日新バイオマス発電」が、産業廃棄物になる灰を有効活用しようと開発。理論上は列車が通っても安全性に問題はないといい、1年間の実験で耐久性を実証し、建築材として販売したい考えだ。 町内の駅で今月、従来の枕木の隙間(すきま)に6本を設置した。関係者らは安全な運行が続いて、事業が軌道に乗る ...
Google Plus Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
産廃再利用:バイオマス廃材で枕木、耐久性検証 智頭急行
バイオマス発電で出る木質チップの灰に骨材を混ぜて作ったコンクリートの枕木の強度を確かめる実験が、鳥取県智頭町の第三セクター・智頭急行で始まった。同県境港市の「日新バイオマス発電」が、産業廃棄物になる灰を有効活用しようと開発。1年間の実験で耐久性を実証し、建築材として販売したい考えだ。 この記事を ...

ごみ収集日一部変更 東海日日新聞 豊橋市は4日、家庭ごみの収集日


バイオマス(生物由来資源)発電に向け、市は昨年4月から生ごみの分別収集を開始。ごみ収集の手間が増えた影響で、週1回だったプラマークごみの収集日が隔週水曜日に減り、市民から「家にごみが溜まる」など不満の声が市に多数寄せられた。