ハンター、旧石炭火発をバイオマス発電所に NNA.ASIA オーストラリアの発電会社ハンター・エナジーは、ニューサウスウェールズ州ハンターバレーの旧レッドバンク石炭火力発電所をバイオマス発電所に転換し、

ハンター、旧石炭火発をバイオマス発電所に
オーストラリアの発電会社ハンター・エナジーは、ニューサウスウェールズ州ハンターバレーの旧レッドバンク石炭火力発電所をバイオマス発電所に転換し、

マベノマスク納入業者の扱う木質ペレットから読み解く怪しげなバイオマス発電

マベノマスク納入業者の扱う木質ペレットから読み解く怪しげなイオマス発電
もともとバイオマス発電によるFIT価格は、奇妙な点がいくつもある。その一つが、燃料を出所によって区分していることだ。「未利用材」「一般木質バイオマス」「 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
逆風の石炭火力発電所、バイオマス混焼に転用を コンサル会社が提言
既存の設備を活用したコストミニマムな再生可能エネルギーの導入施策を志向する必要がある」とし、バイオマス混焼が「現実的な選択肢」だと指摘している。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
当別町におけるバイオマス熱電併給事業の決定について
2020年4月30日. 当社が出資している北海道バイオマスエネルギー株式会社(本社:上川郡下川町)が、石狩郡当別町において、バイオマス熱電併給プラントの .

喜多地区パーム油バイオマス発電所立地計画 説明資料

≪目 次≫ 頁 1 事業計画の概要 1 1.1 喜多地区パーム油バイオマス発電所計画の概要は? 1 1.2 喜多地区パーム油バイオマス発電所の事業主体は? 2 1.3 合同会社による事業形態とは? 2 1.4 建設、運営・保守を担う事業者は? 2 2 市の見解・方針 3 2.1 計画の開始時期 3 2.2 喜多地区を選択した経緯 3 2.3 パーム油燃料に対する認識 3 2.4 市が計画を促進する理由 3 2.5 市のこれまでの役割 3 2.6 近隣市の事象による影響 4 2.7 R1.10.6 住民説明会 4 2.8 市主催による住民説明会の開催 4 2.9 市の今後の対応 4 3 パーム油関連 5 3.1 パーム油バイオマス発電所の必要性 5 3.1.1 エネルギーミックスとは? 5 3.1.2 パーム油燃料の FIT での位置づけは? 5 3.1.3 再生可能エネルギーにおけるバイオマスの位置づけは? 6 3.1.4 パーム油とはどのようなものか? 6 3.1.5 パーム油の優位性は? 6 3.1.6 木質バイオマス発電が理想ではないのか? 6 3.2 パーム油発電による温室効果ガス排出抑制について 7 3.2.1 カーボン・ニュートラルの考え方とは? 7 3.2.2 輸入燃料のため輸送過程で CO2 を排出するのではないのか? 7 3.2.3 エネ庁の試算では CO2 排出量はLNGを上回る結果になっているが? 7 3.2.4 ヨーロッパではパーム油の輸入を禁止しているのではないか? 8 3.3 パーム油燃料調達の持続性・安定性 9 3.3.1 エネ庁によるバイオマス持続可能性ワーキンググループの内容は? 9 3.3.2 パーム油の持続可能性基準を満たす認証制度とは? 10 3.3.3 喜多地区での発電所計画で使用するパーム油は認証を取得するのか? 10 3.3.4 RSPO認証を取得すればどうなるのか? 11 3.3.5 RSPO認証とはどんな内容か? 11 3.3.6 RSPO認証では温室効果ガス排出量を確認しているのか? 11 3.3.7 パーム油を燃料用として栽培・輸入すれば、食料用と競合するのでは? 11 3.3.8 仮に持続可能性が担保されたとしても、間接的な影響が生じるのでは? 11 3.4 燃料供給会社の生産能力 12 3.4.1 燃料を供給する企業は? 12 3.4.2 GAR社のパーム油生産能力は? 12 3.4.3 燃料タンカーの規模と入港頻度は? 12 3.4.4 GAR社による環境保全への取り組みは? 12 4 喜多地区での立地 13 4.1 立地場所(喜多港湾用地・喜多ふ頭)の選定理由は? 13 4.2 喜多港湾用地の土地利用計画、臨港地区、都市計画指定の経緯 13 4.2.1 土地利用計画、臨港地区、都市計画指定の経緯は? 13 4.2.2 喜多港湾用地は、いつ、どんな用途に指定されたのか? 13 4.2.3 「工業港区」と「工業専用地域」とのちがいは? 14 4.3 京都府による喜多港湾用地の賃借に至る経緯は 14 5 発電所誘致の目的 15 5.1 舞鶴市へのメリットは? 15 5.2 地域経済への波及効果 15 5.2.1 具体的な経済効果は? 15 5.2.2 雇用創出効果は? 16 5.2.3 税収効果は? 16 5.3 京都舞鶴港エネルギー拠点化による都市ブランドの向上と地域メリット 16 5.3.1 エネルギー拠点化によるまちづくりとは? 16 5.3.2 喜多地区で描く構想と地域住民へのメリットは? 17 6 周辺環境への影響と対策 18 6.1 環境項目及び環境対策 18 6.1.1 環境対策における市の姿勢は? 18 6.1.2 事業者による環境対策は? 18 6.1.3 環境保全協定の内容は? 18 6.1.4 福知山の事象とのちがいは? 18 6.2 騒音対策 19 6.2.1 法的規制の有無および騒音協定値の考え方は? 19 6.2.2 設備設計による実際の騒音値は? 19 6.2.3 騒音 50dB とは実際どの程度か? 19 6.2.4 発電所全体での具体的な騒音対策は? 20 6.2.5 最も騒音が大きいエンジンの具体的な騒音対策は? 21 6.2.6 防音壁の設計は? 22 6.2.7 騒音の予測結果は? 22 6.2.8 更に騒音を低減することはできないのか? 23 6.3 振動対策 23 6.3.1 法的規制の有無および振動協定値の考え方は? 23 6.3.2 設備設計による実際の振動値は? 23 6.3.3 振動 50dB とは実際どの程度の振動か? 23 6.3.4 具体的な振動対策は? 24 6.4 低周波対策 24 6.4.1 法的規制の有無および低周波協定値の考え方は? 24 6.4.2 設備設計による実際の低周波値は? 24 6.4.3 低周波の予測結果は? 25 6.5 臭気対策 25 6.5.1 法的規制の内容および臭気指数協定値の考え方は? 25 6.5.2 設備設計による実際の臭気指数は? 25 6.5.3 パーム油自体の臭いは? 25 6.5.4 具体的な臭気拡散対策は? 26 6.5.5 ダウンウオッシュ発生の可能性があるのではないか? 27 6.5.6 低周波騒音は距離減衰が少ないのでは? 27 6.5.7 湿度が高いと臭いは強くなるのではないか? 27 6.6 大気質への対策 27 6.6.1 二酸化窒素(NO2)・窒素酸化物(NOx)の協定値の考え方は? 27 6.6.2 特殊な地形なので窒素酸化物(NOx)の排出量を更に軽減できないのか? 28 6.6.3 発電所周辺での二酸化窒素の寄与濃度と環境濃度の予測結果は? 28 6.6.4 二酸化硫黄(SO2)・硫黄酸化物(SOx)の協定値の考え方は? 30 6.6.5 二酸化硫黄(SO2)・硫黄酸化物(SOx)の実際の排出量は? 31 6.6.6 ばいじんの協定値の考え方は? 31 6.6.7 ばいじんの実際の排出量は? 31 6.6.8 大気質環境項目の協定値は? 31 6.6.9 黒煙、白煙が出るのではないか? 31 6.7 水質関係 32 6.7.1 排水処理の方法は? 32 6.7.2 油混入の対策は? 32 6.7.3 水質にかかる環境保全協定の考え方は? 32 6.8 送電線敷設に伴う電磁波による影響 32 6.8.1 送電線の敷設ルート、電圧、方法は? 32 6.8.2 電磁波にかかる国の基準は? 32 6.8.3 電磁波による健康への影響はないのか? 32 6.9 燃料輸送車両による影響 34 6.9.1 燃料輸送トラックの通行頻度はどのくらいか? 34 6.9.2 静寂な環境を壊すことになるのではないか? 34 6.10 災害への対策等 35 6.10.1 パーム油の海への流出対策は? 35 6.10.2 地震への対策は? 35 6.10.3 津波への対策は? 35 6.10.4 当該地は地盤が緩いため、液状化の対策は? 35 6.10.5 パーム油への引火による爆発等の対策は? 36 6.10.6 危険物や危険な薬剤などはどれくらい保有するのか? 36 6.10.7 アンモニア設備があるが危険物ではないのか? 36 6.11 建設工事 36 6.11.1 工事時間帯、工事車両ルート、工事車両ピーク時期は? 36 6.11.2 工事期間中の騒音は。 36 6.11.3 大量の土砂を運び出すのか。 36 7 その他 37 7.1 他都市でのパーム油バイオマス発電の事例

広がるエネルギー地産地消 自然生かし電力や熱自給 日本経済新聞 小水力発電や山林の間伐材を利用した木質バイオマス燃料、地中熱など、規模は小さいが自然環境を生かした試みが目立つ。再生可能エネルギーを活用する ...

広がるエネルギー地産地消 自然生かし電力や熱自給
小水力発電や山林の間伐材を利用した木質バイオマス燃料、地中熱など、規模は小さいが自然環境を生かした試みが目立つ。再生可能エネルギーを活用する ...

北の木質バイオ発電、出力増加中、間伐材確保に課題も asahi.com

北の木質バイオ発電、出力増加中、間伐材確保に課題も
苫小牧市の港湾地区に「苫小牧バイオマス発電」がある。発電施設に隣接する敷地に、直径30センチ以下の間伐材が長さをそろえ、5メートルほどの高さに積み上げ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
青森のアウラなど、カンボジアでハイブリッド発電
... 青森市)と太陽光パネル製造のWWB(東京・品川)は、2021年にカンボジアの精米工場でもみ殻を使ったバイオマス太陽光のハイブリッド発電を始める。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「良質肥料あります」 15kg入り1袋100円で販売
三浦バイオマスセンターの肥料は、し尿・浄化槽汚泥と農水産物残渣等を発酵させた農林水産大臣登録済みのバイオマス肥料”。一般の肥料に比べて窒素やリン ...

2019年度木質バイオマス資源活用促進事業の実施結果報告書を掲載しました jpubb.com

2019年度木質バイオマス資源活用促進事業の実施結果報告書を掲載しました
最終更新日:2020年4月15日(水). 平成31年度木質バイオマス資源活用促進事業(低コスト集荷・搬出拠点効果検証事業)の. 実施結果について. 北海道内の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
新潟県、自家消費型の再エネ発電・熱利用設備を導入する事業者に補助金
再エネ発電設備の対象は、要件を満たす風力・バイオマス・水力・地熱発電設備で、これらの設備と自家消費型の太陽光発電(補助対象外)と併せて導入する

九電みらいエナジー、石狩市で木質バイオマス発電事業に参

九電みらいエナジー、石狩市で木質バイオマス発電事業に参画
今後もバイオマス発電をはじめとする再エネを活用した事業を積極的に推進する考えだ。 024681-2. 石狩新港バイオマス発電所 所在地(出所:九電みらいエナジー).
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
持続可能な社会へ貢献、バイオマス発電所稼働 燃料は地元間伐材活用、1万5000世帯分電力販売 舞鶴 ...
燃料となる木質チップの大半は自社工場の合板端材で賄うが、地元の山林の間伐材を活用し、持続型社会に貢献するという。市によると、府内最大のバイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
2020年度FIT制度の買取価格と賦課金単価等を決定
なお、着床式洋上風力発電以外の風力発電、地熱発電、中小水力発電、一般木材等バイオマス発電とバイオマス液体燃料以外のバイオマス発電については、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
カルビー「フルグラとそのオーツ麦から生まれたベビー食器のセット」発売
今回、南会津に自生する笹竹を使い、福島県内でバイオマスプラスチック製ベビー食器を展開するマストロ・ジェッペット社とともに、オーツ麦を活用したバイオマス ...

丸ビルが再エネ60%に ビル2棟で木質バイオマス発電の電力調達、三菱地所 環境ビジネスオンライン

丸ビルが再エネ60%に ビル2棟で木質バイオマス発電の電力調達、三菱地所
これらのビルに供給される予定の電力は、川崎バイオマス発電(神奈川県川崎市)が発電する木質バイオマス由来の電気。 今回の再生可能エネルギー由来の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
佐賀市のバイオマス事業、国交省「下水道リノベ計画」に登録
佐賀市が取り組んでいる下水道資源を活用したバイオマス事業が、国土交通省の「下水道リノベーション計画」に登録された。国は下水道施設の改築や再編に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマスブリケット燃料マーケット2020分析、業界規模、シェアリーダー、主要ベンダーによる現状、および ...
深descriptionグローバルバイオマスブリケット燃料 市場もされた点を中心に市場規模-シェアキー 業種、技術の進歩、マーケティング戦術 供給チェーンのメカニズム ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ユーグレナ社は、環境省による「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」の ...
ユーグレナ社はこれまで、バイオマスの5F ※2の基本戦略に基づき、ユーグレナなどの微細藻類を活用して、食品をはじめとするヘルスケア事業やバイオ燃料 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
赤ちゃんもママにもうれしい「OYAKO GIFT」、カルビーから数量限定で発売
赤ちゃんにも環境にもやさしいバイオマスプラスチック食器は、自然由来素材を50%以上配合。ママにうれしい栄養にこだわった「フルグラ」は、食物繊維・鉄分を多く ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
パインタールの市場をリードするキープレーヤーAuson、Skandianグループ、Xinzhongxingバイオマス ...
Auson、Skandianグループ、Xinzhongxingバイオマス、ヴェルディの生命、ケメット、Lacq、. このレポートは、市場拡大ドライバー、市場拡大を規制および回避

NEDO、木質系バイオマス由来「CNF」社会実装を後押し 原料評価書公開 環境ビジネスオンライン

NEDO、木質系バイオマス由来「CNF」社会実装を後押し 原料評価書公開
今回公開したのは、木質系バイオマス(原料)の効率的選択を支援することを目的とした「セルロースナノファイバー利用促進のための原料評価書」と、CNFを ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JXTGエネ=川崎バイオマス発電所の供給電力を販売へ
今回販売する電気は、川崎バイオマス発電所の木質バイオマス由来再生可能エネルギー電気。同発電所は、2008年4月に住友共同電力や住友林業などの出資 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス発電市場のビジネス展望、分析および予測2020-2026
市場洞察レポートは 、と題し、リポジトリに新しい統計データの能力を得る出版したバイオマス発電市場。レポートは、読者が市場の範囲をより上手に測定できる .

河北春秋(3/23):気仙沼や仙台などで14のガソリンスタンド… 河北新報 翌日、手作業で給油する社員に、社長は創業時のDNAを見た▽木質バイオマスを

愛媛の企業が開発!お米が原料のエコ歯ブラシ
バイオマス素材を配合したアメニティーのシリーズ化は、業界初とのこと! 2月に出展した展示会でも好評を得ており、全国のホテルや旅館に提案していく予定なんだ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
河北春秋(3/23):気仙沼や仙台などで14のガソリンスタンド…
翌日、手作業で給油する社員に、社長は創業時のDNAを見た▽木質バイオマスを使った再生可能エネルギーのプラント稼働や、リサイクル施設の設置にも ...

木質ペレットの市場予測の分析2019年の推定 – 2025 InvestAsian 木質ペレット企業の市木質ペレット企業の市場2026の評価は、トレーダー、CEO、バイヤー、プロバイダー、およびcmfeinsights.comによって、他の多くの利害

木質ペレットの市場予測の分析2019年の推定 – 2025
木質ペレット企業の市木質ペレット企業の市場2026の評価は、トレーダー、CEO、バイヤー、プロバイダー、およびcmfeinsights.comによって、他の多くの利害

沖縄電力、金武火力発電所に木質バイオマス供給設備 離島へLNG導入も検討 環境ビジネスオンライン

沖縄電力、金武火力発電所に木質バイオマス供給設備 離島へLNG導入も検討
なお、具志川火力発電所(石炭火力発電所)では、すでに木質バイオマス燃料の混焼に取り組んでおり、両発電所の合計で、木質バイオマス燃料の使用量は約3万t ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
IHI、「幻の造船所」でバイオマス 脱モノ売り
IHIはかつて計画していた「幻の造船所」の土地でバイオマス電に乗り出した。これまで発電所向けのボイラー設備を得意とする機械メーカーの同社だが、初めて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
温暖化防止へ非常事態宣言 山形・飯豊町議会が採択
バイオマス資源など環境負荷が小さい再生可能エネルギーの積極活用や、他自治体への連携の働き掛けなど4項目の取り組みを誓う。 飯豊町は2018年6月、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告

バイオマス発電所落成式 「国内最大級7.5万キロワット」 豊前 /福岡 毎大出力は約7・5万キロワットで国内最大級 ... Facebook Twitter 関係のないコンテンツを報告

バイオマス発電所落成式 「国内最大級7.5万キロワット...
FacebookTwitter
<地球異変 挑戦する福島>(中)ススキ畑 未来ともす
バイオマス発電では、作物を発酵、蒸留させて作るバイオエタノールや、森林を伐採して木質チップを燃料にすることも検討された。だが、原発事故による放射能 

木質バイオマスガス化発電で地域創生/山梨・南部町の発電所が起工/長大 日刊建設通信新聞


バイオマス
毎日更新  2020年2月15日
ニュース 
木質バイオマスガス化発電で地域創生/山梨・南部町の発電所が起工/長大
長大が、木質バイオマスガス化発電を核とする地域創生のモデルケースとして取り組む、山梨県南部町の木質バイオマス発電所が13日に起工した。11月末の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
福島)バイオマスプラ容器を導入 ヨークベニマル
ヨークベニマル(本社・郡山市)は、環境保全に役立てるため100%植物由来の原料を使った「バイオマスプラスチック容器」を一部商品に導入した。年間で二酸化 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
バイオマス発電の輸入燃料が急増。日本の電力料金の海外流出は増えるばかり
2019年のバイオマス発電と石炭混焼発電用の木質ペレットとPKS(ヤシ殻)の輸入量の統計が発表されている。それによると、輸入木質ペレットは前年比1・5倍 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
1口5万円・利回り7.0%・25日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISLバイオマスブリッジローン ...
SBISLバイオマスブリッジローンファンドは、バイオマス発電事業者向けの貸付事業で運用するファンドだ。今回のファンドの借手は、木材を原材料としたバイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
2020-2026年のバイオマス暖房システム市場に関する実証レポート:2026年までのトレンド、需要、機会 ...
レポートの範囲には、現在のバイオマス暖房システム市場の状況と製造業者に関する重要な統計情報が含まれています。さまざまな側面、企業の方向性、および ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
オイシックス・ラ・大地、「Kit Oisix」外袋をバイオマスプラに変更
オイシックス・ラ・大地は、ミールキット「Kit Oisix」の外袋を、4月出荷分よりサトウキビ由来の植物原料を配合したバイオマスラスチック素材に順次切り替える。
FacebookTwitter

木質バイオマス 利用増も伸び鈍化 初期投資抑制が課題 日本農業新聞 農業分野の木質バイオマスエネルギーの利用量(2018年)は3万1963トンで、前年から1361トン増えたことが林野庁の調べで分かった。17年に続いて3万トン ..

木質バイオマス 利用増も伸び鈍化 初期投資抑制が課題
農業分野の木質バイオマスエネルギーの利用量(2018年)は3万1963トンで、前年から1361トン増えたことが林野庁の調べで分かった。17年に続いて3万トン ..

栗東トレセン「馬の寝床」でバイオマス発電…年に数千万円の売電収入も 読売新聞

栗東トレセン「馬の寝床」でバイオマス発電…年に数千万円の売電収入も
生物資源を燃やすバイオマス発電は、地球環境に優しい発電方式と注目されている。バイオマス燃料を燃やしても、原料の樹木や植物などが成長過程で吸収 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
森林バイオマス機器市場の洞察力2020-2025 Epsilon Kran GmbH, Eschlböck Maschinenfabrik ...
森林バイオマス機器市場. レポートは、アプリケーションと地域の観点から分類することで、世界森林バイオマス機器市場の全体像を把握しています。これらの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電所の屋上に、人工のスキー場が誕生。
2025年までにCO2排出量ゼロを掲げるコペンハーゲン。化石燃料からの脱却を目指し、廃棄物などのバイオマス資源を利用した発電所を2017年より稼働させて 

林野庁- 「平成30年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(確報)について

木質バイオマス利用実態調査 農林水産省

バイオマスの基礎知識』の連載開始。温室効果ガスの排出抑制に期待《PDF無料配布中》
ものづくり&まちづくりのBtoB情報サイト「Tech Note」を運営する株式会社イプロス(本社:東京都港区)は、バイオマスの基礎知識』の連載を開始いたしました。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ESAが世界初の「バイオマス地図」を発表世界の森林に蓄積されたCO2の変化を数値化
ESA(欧州宇宙機関)は、マドリードで開催中のCOP25におけるESAの気候変動イニシアチブで「バイオマス地図」を発表した。世界の森林や灌木地にイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
山林購入で実績伸長 グリーンマテリアル北陸
間伐材を発電に利用 木質バイオマス発電向けチップ製造のグリーンマテリアル北陸(射水市新堀・新湊、加治幸大社長)が、管理の難しくなった県内の山林を所有 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
バイオマス活用推進専門家会議
バイオマス活用推進専門家会議.バイオマス活用推進基本法第33条第2項に基づき設置されているバイオマス活用推進専門家会議の情報を掲載いたします。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
木質バイオマス利用実態調査
ホーム > 統計情報 · 分野別分類/その他(食料需給表、産業連関表、食品産業、環境など); 木質バイオマス利用実態調査 ...

エコなまち 和歌山県・有田川町で木質バイオマス発電 PR TIMES (プレスリリース)

エコなまち 和歌山県・有田川町で木質バイオマス発電
シン・エナジー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:乾 正博、以下当社)は、和歌山県 有田郡有田川町にて 900kWの木質バイオマス発電事業を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
木質バイオマス発電・太陽光発電 電力、地産地消で活況を 気仙沼市、民間と連携し供給 /宮城
市と民間企業共同出資の地域新電力会社が、市内の木質バイオマス発電などの電力を調達し、10月から市の一部公共施設に供給している。同社は今後、供給 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国際会議「Argus Biomass Asia Conference-アジアバイオマス会議」(Argus Media Singapore Group ...
先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年3月4-6日 シンガポールにて開催 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
伊藤忠、本社電力を全量再生エネに ESG投資にらむ
同ビルの電力需要は約2万6千キロワットで、群馬県にある木質イオマス発電所の電気を使っていることを保証する「非化石証書」をこのほど取得した。電気料金 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【串間市12月補正予算をピックアップ 】串間市の12月補正予算も成立しましたので、こちらも私な...
③臨時的経費・串間温泉いこいの里管理運営費 2203万円8千円→木質バイオマス施設設置工事、配管の布設変え、厨房機器の購入、館内清掃、配管洗浄に ..

発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドライン 林野庁 - 農林水産省

 

発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドライン(PDF:154KB)

発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドラインQ&A(PDF:765KB) 【平成27年7月10日更新】

発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドラインQ&A(竹の取扱について)(PDF : 65KB)【平成30年1月19日追加】

  (参考)平成24年8月版のQ&Aとの問番号の新旧対照表(PDF:72KB) 

「発電利用に供する木質バイオマス証明のためのガイドライン」等の適切な運用のための説明会について

平成29年12月4日に、「発電利用に供する木質バイオマス証明のためのガイドライン」及び「木材・木材製品の合法性、持続可能性証明のためのガイドライン」の適切な運用のための説明会を開催しましたので、当日の説明資料について掲載いたします。
 

「発電利用に供する木質バイオマス証明のためのガイドライン」説明会資料(PDF : 440KB)

「木材・木材製品の合法性、持続可能性証明のためのガイドライン」説明会資料(PDF : 222KB)

再生可能エネルギー関連情報

 再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度[外部リンク](別ウィンドウで開きます)

 農山漁村における再生可能エネルギーの導入促進[外部リンク](別ウィンドウで開きます)

 
令和 2 年度
応募者は、生物工学的技術を用いた主として草本系のバイオマス資源・ ... また、放射性物質を含むバイオマスを処理する場合の残渣の有効利用や安全性確保 .

県森林組合連と2者 木質チップ販売で連携 未利用木材を商品化 47NEWS

県森林組合連と2者 木質チップ販売で連携 未利用木材を商品化
... 製造の北越マテリアル(福島県会津坂下町)、専門商社の日立ハイテクマテリアルズ(東京)の3者は、木質バイオマス燃料に使われる「木質チップ」の販売で連 .
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
基準超える汚水流出、設備更新で対応へ タマネギ残さ処理施設
同市では農林水産省の「バイオマス利活用フロンティア整備事業」の補助を受けて、タマネギ残さの炭化処理をする施設を5カ所設置。ただ、燃料費の高騰などで ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東洋エンジ=愛知県で木質バイオ発電所建設を受注
プラント大手の東洋エンジニアリングは11日、愛知蒲郡バイオマ発電(愛知県蒲郡市)が同市内で計画する木質バイオマス専焼発電設備(5万kW)の建設を受注 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
パーム油発電が森壊す ボルネオで活動、NGO報告会 14日・下京 /京都
パーム油発電は再生可能エネルギーであるバイオマス発電の一つとされているが、原料となるアブラヤシ農園の開発で熱帯雨林が破壊され、オランウータンなど ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東北大、グラフェンの新しい合成法開発 よりクリーンに 水素も同時生成
【こちらも】含水バイオマスを太陽光で濃縮する技術開発、筑波大. 従来の合成方法であったCVD法やSiC分解法は高温の熱エネルギーを必要とするという課題が

再生可能エネ理解深めよう 金沢工大白山麓キャンパス 施設見学会 中日新聞 バイオマス発電設備は、地元の間伐材を木材チップとして燃料化して熱を発生させる仕組み。EVは災害時に「動く蓄電池」としても活用でき、参加者たちが理解を

再生可能エネ理解深めよう 金沢工大白山麓キャンパス 施設見学会
バイオマス発電設備は、地元の間伐材を木材チップとして燃料化して熱を発生させる仕組み。EVは災害時に「動く蓄電池」としても活用でき、参加者たちが理解を

日本製紙、最大級の木質バイオマス発電所 日本経済新聞

日本製紙、最大級の木質バイオマス発電所
木材などの生物資源を燃やして電気をつくるバイオマス発電所の国内の発電容量が2023年度末に約770万キロワットと、18年度末の1.9倍になることが日本経済 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レノバ・御前崎港バイオマス発電に中部電力らが出資 75MW、23年に稼働
レノバ(東京都中央区)は11月19日、同社が開発を主導するイオマス発電事業・御前崎港バイオマスエナジー(同)に対する最終投資決定を行い、プロジェクト ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<東証>太平洋セメが反発 「バイオマスの国内発電容量が増加」報道を好感
一時、前日比95円(3.0%)高の3210円まで上昇する場面があった。22日付の日本経済新聞朝刊は「木材などの生物資源を燃やして電気をつくるバイオマス発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス発電所 21年4月着工予定
【御前崎、牧之原】再生可能エネルギー事業を手掛けるレノバ(東京都中央区京橋2ノ2ノ1、木南陽介社長)は、御前崎港の西埠頭岸壁に計画している「(仮称) ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
これまでも地球環境を考えてきた「肌ラボ」 植物由来の原料を一部に用いたバイオマス容器・パウチに
肌ラボ」極潤・白潤(シロジュン)シリーズの下記アイテムにて、植物由来の原料を一部に用いたバイオマスパウチに変更を行っていきます。その他商品については ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
燃料ペレットの確保課題
バイオマス発電には燃料調達の難しさという課題がある。政府は国内の電源に占めるバイオマス発電の比率を現在の1.5%から2030年度に3.7~4.6%に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【参考資料】CSVの取り組み更なる環境負荷低減を目指し、容器資材全てに植物由来原料を使用した ...
本年は更なる環境負荷低減を目指し、バイオマスキャップの軽量化(対2018年比 樹脂使用量 10%削減)に加え、生産数量を約72万本に増やして発売します。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス火力加熱プラント 市場研究2019、地域分析、トップキープレーヤー、エンドユーザー分析および ...
バイオマス火力加熱プラントマーケット」に関する調査研究では、グローバルバイオマス火力加熱プラントマーケット2019のパフォーマンスを調査しています。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
見学ツアーで再生可能エネルギーに理解 富山市
... 見学ツアーが21日、同市岩瀬天池町の市エコタウン産業団地などで開かれ、市内の19人が再生可能エネルギーに理解を深めた。 水力や太陽光、バイオマス ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
見学ツアーで再生可能エネルギーに理解 富山市
... が21日、同市岩瀬天池町の市エコタウン産業団地などで開かれ、市内の19人が再生可能エネルギーに理解を深めた。 水力や太陽光、バイオマスなどの次世 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
東芝エネルギーシステムズ
東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)のグループ会社で発電事業を行うシグマパワー有明(SPAC)は、福岡県大牟田市でバイオマス発電所「大牟田第

ニュース 浪江で「木質バイオマス発電所」起工式 チップ製作所も建設 福島民友


バイオマス
毎日更新  2019年11月9日
ニュース 
浪江で「木質バイオマス発電所」起工式 チップ製作所も建設
エネルギー事業のトーヨー浪江バイオマス発電所(浪江町)と浪江バイオマスチップ製作所(同)は4日、浪江町立野で木質バイオマ発電所とチップ製作所の起工 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
愛知海運、新サービス展開 バイオマス燃料輸送 マレーシアに現法
港湾運送などを手掛ける愛知海運(本社名古屋市港区、原弘三社長)は、バイオマス発電用の燃料を東南アジアから日本国内へ輸送する新サービスを展開 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【バイオプラ特集・各社の動向】クラレ 植物由来ガスバリア材「PLANTIC」を展開
クラレはガスバリア材のラインナップの1つとして、バイオマス来の「PLANTIC」を展開している。 同社にはプラスチックの中で最高レベルのガスバリア性を ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
電気の「地産地消」で停電抑制
災害に強い電力システムを議論する8日の経産省の有識者会合で示した。電力の地産地消の取り組みでは、地元の木材を使ったバイオマス発電や太陽光発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
「説明前に報道」再エネ発電所案否決 厚真町議会
【厚真】胆振管内厚真町臨時議会は8日、胆振東部地震で発生した倒木を活用した木質バイオマス発電所などの整備事業費について、議会説明より新聞報道が ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
住民落胆「早期可決を」 厚真町議会の復興費含む補正予算案否決
【厚真】8日の臨時町議会で、胆振東部地震で大量に発生した倒木を活用した木質バイオマス発電所や被災者向けの公営住宅の整備費や福祉施設再建費などを ...
FacebookTwitter

木質バイオマス発電所に着工 新宮市、22年操業へ 紀伊民報

福岡県大牟田市においてバイオマス発電所建設に向けた地鎮祭を開
東芝エネルギーシステムズ株式会社のグループ会社で発電事業の運営を行うシグマパワー有明(SPAC)は、福岡県大牟田市におけるバイオマス発電所の建設 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
木質バイオマス発電所に着工 新宮市、22年操業へ
発電所を設けるのは、木質バイオマス発電事業に取り組んでいる「エフオン」(東京都)のグループ会社「エフオン新宮」。昨年、工業用地5万2823・15平方メートル ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ロハスフェスタ万博でバイオマス発電 ~飲食店の廃食油を発電に使用~
バイオディーゼル燃料とは、燃料から発生するCO2(二酸化炭素)を減少させることを目的とした燃料で、植物性油脂を原料につくられるバイオマスエネルギーの1つ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住友ゴム フラッグシップ低燃費タイヤ「ダンロップ エナセーブ NEXT Ⅲ」新発売
さらに、高機能バイオマス材料の素材「セルロースナノファイバー」を世界で初めてタイヤに採用し、「ライフサイクル・アセスメント」の観点からCO2削減など、環境 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
石炭・バイオマス水蒸気ガス化反応速度論に関する一考察
石炭・バイオマス水蒸気ガス化反応速度論に関する一考察. (岐阜大学院・自然科技)○藤田健人,須網暁,小林信介,中川 二彦, 板谷義紀. A consideration on 

福島・いわきでバイオマス 木質ペレットのみで国内最大級 日本経済新聞

福島・いわきでバイオマス 木質ペレットのみで国内最大級
エイブルエナジー合同会社(福島県広野町)は、同県いわき市の好間工業団地に木質バイオマス発電所を建設する。年間発電量は一般家庭約23万世帯にあたる ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、バイオマス発電所に45%出資=筆頭株主に
中部電力は30日、再生可能エネルギー発電を企画する会社が茨城県神栖市で計画しているバイオマス発電事業会社に出資すると発表した。45%を出資して ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電力など-茨城県神栖市で木質バイオマス発電所を開発
中部電力は30日、三菱UFJリース、バイオ燃料(東京・江東区)とともにソラリアント・キャピタル(東京・港区)が設立した「神栖バイオマス発電所合同会社」に出資 ...

ダイセン バイオマス発電の木質灰 リサイクル事業を全国展開 愛知、山梨で本格稼働、年内めど青森も 中部経済新聞 砕石や生コン製造、土木工事を手掛けるダイセン(本社西尾市吉良町、大山徳龍社長)は、バイオマス発電所から発生する木質灰のリサイクル事業で全国展開を ...

ダイセン バイオマス発電の木質灰 リサイクル事業を全国展開 愛知、山梨で本格稼働、年内めど青森も
砕石や生コン製造、土木工事を手掛けるダイセン(本社西尾市吉良町、大山徳龍社長)は、バイオマス発電所から発生する木質灰のリサイクル事業で全国展開を ...

仙台木質バイオ発電、2市で説明会 慰霊碑近い、輸入燃料問題…住民反対相次ぐ 河北新報

仙台木質バイオ発電、2市で説明会 慰霊碑近い、輸入燃料問題…住民反対相次ぐ
再生可能エネルギー開発のレノバ(東京)は8日、仙台市宮城野区蒲生北部地区で、2023年9月ごろの運転開始を目指す木質バイオマス発電所「仙台 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
血漿成分分離器マーケティング戦略分析に2019と予測に2025
血漿成分分離器 2019 市場 調査報告書 は 血漿成分分離器 市場 に投資しており、事業を拡大したい投資家にとって非常に便利です。直感と経験は常に役立つ

真庭のSDGs事例 米学生が視察 バイオマス発電など取り組み学ぶ 山陽新聞

真庭のSDGs事例 米学生が視察 バイオマス発電など取り組み学ぶ
新建材CLT(直交集成板)を生産する銘建工業の中島浩一郎社長の案内で、同社工場や官民で運営するバイオマス発電所を見学し、循環型林業を展開している ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
真庭のSDGs事例 米学生が視察 バイオマス発電など取り組み学ぶ
米国務省の「重要言語奨学金(CLS)プログラム」に基づいて岡山大が受け入れている米国の大学・大学院生25人が14日、国連の持続可能な開発目標(SDGs)