バイオマス市場ータイプ別(木材、アルコール燃料、バイオマスガス)アプリケーション別(住宅 ... valuepress Research Nester Private Limitedは調査レポート「バイオマス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年9月 21日に発刊しました。

バイオマス市場ータイプ別(木材、アルコール燃料、バイオマスス)アプリケーション別(住宅 ...
Research Nester Private Limitedは調査レポート「バイオマス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年9月 21日に発刊しました。

石垣牛のふんを発酵させてメタンガス バイオマス発電、石垣島で来夏の稼働めざす 沖縄タイムス 農業生産法人ゆいまーる牧場(石垣市、金城利憲代表)と、バイオマス発電事業のテクノシステム(神奈川県、生田尚之代表)は、ゆいまーる牧場の敷地内に、

石垣牛のふんを発酵させてメタンガス バイオマス発電、石垣島で来夏の稼働めざす
農業生産法人ゆいまーる牧場(石垣市、金城利憲代表)と、バイオマス発電事業のテクノシステム(神奈川県、生田尚之代表)は、ゆいまーる牧場の敷地内に、

サトウキビがデニムに変身?! 搾りかすをジーンズ糸に 軽くて着心地バッチリ 琉球新報 沖縄県内外の若手の会社経営者7人で構成するさとうきび創生ラボ(浦添市)は、サトウキビの搾りかす(バガス)をすき込んだ「バガス和紙糸」を完成させ、県内で ..

サトウキビがデニムに変身?! 搾りかすをジーンズ糸に 軽くて着心地バッチリ
沖縄県内外の若手の会社経営者7人で構成するさとうきび創生ラボ(浦添市)は、サトウキビの搾りかす(バガス)をすき込んだ「ガス和紙糸」を完成させ、県内で ..

牛フン利用で国内最大級のバイオガス発電所 山形・飯豊で今月上旬着工 毎日新聞 町内で肥育する黒毛和種の約半数の牛フンを処理・活用する事業に、後藤幸平町長も「持続可能な地域社会を目指すバイオマス産業都市構想の一環として、町 ...

牛フン利用で国内最大級のバイオガス発電所 山形・飯豊で今月上旬着工
町内で肥育する黒毛和種の約半数の牛フンを処理・活用する事業に、後藤幸平町長も「持続可能な地域社会を目指すイオマス産業都市構想の一環として、町 ...

間伐材でガス発電 輪島でバイオマス発電所火入れ式 中日新聞 間伐材を利用して発電する輪島市三井町市ノ坂の輪島バイオマスガス化発電所の竣工(しゅんこう)式と火入れ式が十二日、同所で開かれ、関係者らが完成を ...

間伐材でガス発電 輪島でバイオマス発電所火入れ式 中日新聞 間伐材を利用して発電する輪島市三井町市ノ坂の輪島バイオマスガス化発電所の竣工(しゅんこう)式と火入れ式が十二日、同所で開かれ、関係者らが完成を ...

糸満市の下水処理場でバイオガス発電、FIT売電し排熱を製塩に活用 日経xTECH 発電した電力は固定価格買取制度(FIT)を活用して全量売電し、沖縄ガスNPを介して糸満市工業団地など、地元の需要家などに供給する。売電単価は39円/kW ...

糸満市の下水処理場でバイオガス発電、FIT売電し排熱を製塩に活用
発電した電力は固定価格買取制度(FITを活用して全量売電し、沖縄ガスNPを介して糸満市工業団地など、地元の需要家などに供給する。売電単価は39円/kW ...

メタンガス化が何かを知るための情報サイト

http://www.env.go.jp/recycle/waste/biomass/whatisbiogass.html バイオガスを用いる際に考えておくべき特徴 環境への配慮  ごみとして焼却されるはずだったものをバイオガスとして利用することで、ごみの焼却量を減らすことができますが、焼却施設とメタンガス化施設の両方を建設する必要があります。 エネルギーの回収  発生したバイオガスを発電に利用し、エネルギーを得ることができますが、原料となる生ごみ等の収集方法を検討する必要があります。 地産地消・循環型社会の形成  地元から集めた原料(家畜のふん尿や生ごみ、紙ごみなど)を利用してバイオガスを発生させた後、残った発酵残さを地域の農地に還元することできますが、利用できない場合は、処理が必要となります。

メタンガス化の技術:環境省

乾式・湿式メタン発酵槽の比較
  乾式メタン発酵槽 湿式メタン発酵槽
メリット
  • 排水処理量が少ない(湿式と比較)
  • 機械選別を導入することで、生ごみの分別収集を実施していない自治体でも利用可である
  • ガス発生量が多い(湿式と比較)
  • 設備費用が少ない(乾式と比較)
  • 稼動実績が多い
  • 規模・処理量のバリエーションが豊富
    (敷地面接の省スペースが可能、堅型も可能)
  • 残渣が少ない(下水処理場と連携させた場合)
処理量
  • 1槽あたり25~35t/dの処理量
  • 1槽あたり4~40t/dの処理量
建設面積/槽の大きさ
  • 1槽あたり6.4m×32m 程度
  • バリエーション豊富(例)2,210m2(処理能力20t/dの場合)、1,500m2(処理能力130t/dの場合)

沖縄県糸満市、下水処理場でバイオガス発電事業をおこなう企業募集


沖縄県糸満市は、同市内の糸満市浄化センターでの消化ガスを活用した再生可能エネルギー発電事業の事業者を、公募型プロポーザル方式にて募集している。締切りは12月22日。

下水処理から出るガスでバイオマス発電

この事業は、発電事業者が同センター内事業用地に発電施設を建設し、糸満市から供給される同センターで発生する消化ガスを購入して、固定価格買取制度によるバイオマス発電事業を行うもの。

市から事業者に供給する消化ガス量は、平均売却可能量で1,289Nm3(ノルマル・リューベ)/日。性状は、ガスクロマトグラフ法で測定したとき、メタンが59%、二酸化炭素が41%。測定値はいずれも2016年度の実績。

消化ガス圧力は、1.0~3.0kPa(キロパスカル)程度。募集要項では、同センターの月別・日別のガス発生量、年度ごとのガス量予測が公開されている。同センターの下水処理場面積は4.5ヘクタール、分流式で排除し、標準活性汚泥法で処理している。2016年末の処理能力は17,200立米/日。

ガス化プラントの需要が急拡大、バイオマス設備市場は堅調推移か

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1711/07/news034.html バイオマス利活用装置・プラント、関連製品を合わせた国内市場は、 2020年に2016年度比23%増の6009億円と、堅調に推移するとの予測だ。 特に食品廃棄物などから取り出したメタンガスを利用する、 バイオガス化装置・プラントの需要が同30.9%増の288億円に達すると 予想している。 バイオガス化(メタン発酵)およびバイオマス利活用装置・プラント市場も 堅調に拡大しそうだ。これは食品残さ、生ごみ、畜産排せつ物、し尿、 有機性汚泥などバイオマス資源の有機成分を嫌気条件下でメタン発酵させ、 バイオガスを発生させる設備を対象としている。