ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約 NNA.ASIA POICを運営する公営POICサバとの20年間の長期契約で、バイオマス燃料となるパームやしの実の殻(PKS)の集荷施設を建設する。自社向けに供給する計画 .

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約
POICを運営する公営POICサバとの20年間の長期契約で、バイオマス燃料となるパームやしの実の殻(PKSの集荷施設を建設する。自社向けに供給する計画 .

MSPO規格

MSPO規格、MS2530:2013シリーズ、およびMSPO認証スキームで使用されるサプライチェーン認証規格は、マレーシアのアブラヤシ業界の持続可能性とトレーサビリティの要件を満たす一連の国内規格です。
 
 マレーシアのパーム油認証審議会(MPOCC)によって採択された規格設定およびレビュー手順(https://www.mpocc.org.my/scheme-documents)の基本原則に沿って、MSPO規格(MS2530:2013シリーズ)  MSPO認証スキームの下で使用されているサプライチェーン認証規格)は現在、体系的な見直しが必要です。 これは、本基準の定められた持続可能性の目的を達成する上で継続的な関連性と有効性を確保するためのものです。
 
 MPOCCは、マレーシア規格省(Standards Malaysia)と密接に協力して、MSPO規格のレビューを行うことを任務としています(http://www.jsm.gov.my/)。 レビューは2020年末までに完了する予定です。
 
 2019年8月1日から2019年9月30日まで(マレーシア時間:午後5時)までの60日間続くMSPO基準のレビューに関する第1回パブリックコメントにご参加ください。 このパブリックコメントの詳細については、ここをクリックしてください(https://www.mpocc.org.my/1st-public-comment-1-aug-30-sept-20)。
 
 この発表を、マレーシア国内のアブラヤシ産業に直接または間接的に関わっている人々と共有することをお勧めします。
 
 何か質問があればMSPO Standards Review(standards_review@mpocc.org.my)に連絡してください。

【マレーシア】10-12月期GDPは前年同期比+4.7%-輸出持ち直しで5期連続の景気減速を回避 株式会社ニッセイ基礎研究所 ... 原油(同23.0%増)が好調、また前期に低迷していた液化天然ガス(同18.3%増)が大きく改善した一方、パーム油・同製品(同18.0%減)は引き続き減少した


【マレーシア】10-12月期GDPは前年同期比+4.7%-輸出持ち直しで5期連続の景気減速を回避
... 原油(同23.0%増)が好調、また前期に低迷していた液化天然ガス(同18.3%増)が大きく改善した一方、パーム油・同製品(同18.0%減)は引き続き減少した