最低賃金を西ビサヤ地方が引き上げ、マニラ首都圏は1年間変動なし ジェトロ(日本貿易振興機構) 西ビサヤ地方の非農業分野の1日当たりの最低賃金は295~365ペソ(約620~767円、1ペソ=約2.1円)から310~395ペソに、プランテーションを運営する農業 .

最低賃金を西ビサヤ地方が引き上げ、マニラ首都圏は1年間変動なし
西ビサヤ地方の非農業分野の1日当たりの最低賃金は295~365ペソ(約620~767円、1ペソ=約2.1円)から310~395ペソに、プランテーションを運営する農業 .

バイオマス発電の外資規制撤廃へ ジェトロ(日本貿易振興機構

バイオマス発電の外資規制撤廃へ
フィリピンエネルギー省(DOE)はバイオマス発電所の所有と運営に係る外資規制を撤廃し、外資系企業による100%の出資を認めるためのガイドラインを作成 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
竹でバイオマス発電 熊本で実証開始 山の荒廃防止と一石二鳥図る
竹を燃料とするバイオマス発電の実証実験が、竹の産地・熊本県南関町で10月から始まった。竹の活用を目指す地元企業と新エネルギー・産業技術総合開発 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界最大の洋上風力発電......イギリス、再生可能エネルギーが化石燃料発電を上回る
今年の第3四半期(7月、8月、9月)、風力、ソーラーパネル、バイオマス、水力など「再生可能エネルギー」による発電は、29.5テラワット時に達した。同時期、化石 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
兵庫県内の原木生産5年連続増 バイオマス発電拡大で
兵庫県内の原木(丸太)生産量が2018年に約46万9千立方メートルと、5年続けて増えたことが県のまとめで分かった。大規模木質バイオマス発電所の燃料 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
被災地の浸水米、レジ袋原料に活用
水害に遭った農家のショックを少しでも和らげたい-。新潟県南魚沼市でコメ由来のバイオマスプラスチック原料を生産する「バイオマスレジン南魚沼」は28日、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地域新電力「気仙沼グリーンエナジー株式会社」へ出資
市内の木質バイオマス発電所や太陽光発電所といった地産電源(再生可能エネルギー)の調達と、公共施設を初めとする地域の民間企業や家庭への電力供給

イロコス最賃、30日から日額17~30ペソ上げ NNA.ASIA 農業分野は、プランテーション農場が30ペソ上昇の295ペソ、非プランテーション農場が26ペソ上昇の282ペソとなる。 前回の賃金命令(WO)第19号は、1月25日 ...

イロコス最賃、30日から日額17~30ペソ上げ

フィリピン北部のイロコス地域の最低賃金が、今月30日から日額17~30ペソ(約36.9~65.1円)上昇し、273~340ペソとなる。地域賃金生産性委員会(RTWPB)が12日、新たな最低賃金を規定した賃金命令(WO)第20号を4月30日に施行すると明らかにした。

労働雇用省イコロス地域支部よると、WO第20号は15日付地元紙に掲載し、15日後に発効する。非農業分野の新たな最低賃金は、従業員30人以上の企業が30ペソ上昇の340ペソ、同10~29人が25ペソ上昇の310ペソ。同10人未満は17ペソ上昇の282ペソ、同10人未満で現行の最低賃金が256ペソの企業(資産規模300万ペソ以下)は273ペソで、6カ月後の10月30日から282ペソとなる。

農業分野は、プランテーション農場が30ペソ上昇の295ペソ、非プランテーション農場が26ペソ上昇の282ペソとなる。

前回の賃金命令(WO)第19号は、1月25日に1年間の有効期間が終了した。