バイオマス発電、FIT価格引き上げへ NNA.ASIA ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、バイオマス発電の固定価格買い取り制度(FIT)の新価格を決定した。コジェネレーション(熱電併給)方式

バイオマス発電、FIT価格引き上げへ
ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、バイオマス発電の固定価格買い取り制度(FIT)の新価格を決定した。コジェネレーション(熱電併給)方式

バイオマス発電、FIT価格引き上げを提案 NNA.ASIA

バイオマス発電、FIT価格引き上げを提案
ベトナム商工省はこのほど、バイオマス発電の固定価格買い取り制度(FIT)の新たな価格案を政府に提出した。価格を引き上げて投資活性化を狙う。20日付VN ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
コマツ茨城工場、バイオマスボイラー導入
建設機械大手コマツの茨城工場(ひたちなか市長砂)はこのほど、溶接職場などの空調設備の熱源に利用する木質バイオマス温水ボイラーを導入した。同所で「 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
もみ殻ボイラーで二酸化炭素を削減 三種の温泉施設が導入
秋田県三種町大口の町有温泉施設「ゆめろん」に22日、もみ殻を燃料とするバイオマスボイラー1基が設置された。源泉の加温に使っていた燃料の灯油を一部 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
地域内木質バイオマス利用を背景とした里山林未利用樹種ネズミサシの高付加価値化 * 山場淳
はじめに. 木質バイオマス利用は,もともと,地域で発生する副. 産物をその場で有効に利用しようとする発想から始まっ. たもの(福田 2018)であり,“カスケード

減速傾向強まるASEAN経済 2019年第3四半期、ベトナムやフィリピンを除き低調 ジェトロ

減速傾向強まるASEAN経済 2019年第3四半期、ベトナムやフィリピンを除き低調
GDPに占める輸出の比率が高くないインドネシアでも、米中貿易摩擦の影響が出ている。1つの事例として、パーム油と自動車販売の関係がある。景気が低迷する ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
サステナビリティは日本と好相性の概念です~不二製油グループ本社・清水洋史社長【後編】
当社はサステナブルが問題視されやすいパーム油やカカオに頼っていますから、相当な危機感や課題意識を持っています。それで今年からMOS経営を導入 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
〔週間見通し〕RSS、ポジション調整売りで下振れも=バーグインベスト・吉中氏
もっとも、世界的なカネ余りの中で、ゴムやパーム油コーヒーなどのソフトコモディティーが投資マネーの受け皿の一つになっている点は見逃せない。そうした世界 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
くせ毛の方のためのヘアケア商品「YOU TOKYO」全国のロフトにて発売決定
他にも髪の栄養素と言われる、ミネラル、ビタミンをメインとした多く含む、シルク・シアバター・パーム油・メープルウォーターで髪への栄養を補い、高い保湿効果を

生産量を拡大 50年まで 段階的に43% (1/2ページ) SankeiBiz 調査

ベトナム、再生エネルギー生産量を拡大 50年まで 段階的に43% (1/2ページ)
調査によると、ベトナムでは30年までに、小規模水力発電により約8000メガワット、風力発電で200メガワット、バイオマス発電で3000メガワット、太陽光発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
国内初!食品廃棄物から発電、電力を施設で活用する循環型エコシステムを導入
... を活用する『創電割(R)』スキーム (下)民間事業者国内初導入、ゼロエミッションを目指し食品廃棄物で発生したバイオマス発電からも充電するEVパッカー車

ホーチミン市前トップのタン被告、3件目の汚職で捜査 VIETJOベトナムニュース 東北部地方フート省のエタノール工場建設案件に関するペトロベトナムグループ(PVN)傘下の石化・バイオ燃料株式会社(PVB)における規定違反事件で、公安省 .

ホーチミン市前トップのタン被告、3件目の汚職で捜査
東北部地方フート省のエタノール工場建設案件に関するペトロベトナムグループ(PVN)傘下の石化・バイオ燃料株式会社(PVB)における規定違反事件で、公安省 .

経済産業省 ベトナムにおける二国間クレジット制度(JCM)プロジェクト クレジット発行 ---2件のプロジェクトで合計1139tのクレジットが発行されました。

経済産業省 ベトナムにおける二国間クレジット制度(JCM)プロジェクト クレジット発行

    ---2件のプロジェクトで合計1139tのクレジットが発行されました。

    http://www.meti.go.jp/press/2018/08/20180816001/20180816001.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

平成30年8月15日に、ベトナムとの間で、JCMプロジェクトとしてクレジット発行(合計:1139tされました。

同国との間でJCMを開始して以来、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業として、

初のクレジット発行となります。

 

○プロジェクト概要

対象国:ベトナム社会主義共和国

 

プロジェクト名(1):国営病院における省エネ/環境改善によるグリーンホスピタル促進事業

事業概要:ベトナムのハノイとホーチミンの国営病院に、高効率性能のインバーターエアコンを設置し、

それらを最適に制御するエネルギー・マネジメント・システム(EMS)を用いた技術実証を行うものであり、

病院内の空気の質の改善も同時に行うことで、「グリーンホスピタル」の確立・促進を目指す。

病院全体での省エネ効果は35%。

プロジェクト実施者:NEDO(三菱電機株式会社、三菱商事株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレーに委託)

クレジット発行量:878t

 

プロジェクト名(2):ベトナム版V-BEMS開発によるホテル省エネ促進実証事業

事業概要:ベトナムにおける一般的なホテルのエネルギー消費割合の85を占める、

空調・給湯・照明の3つの用途に対して省エネ施策を効果的に実施するため、

ビルエネルギーマネジメントシステム(BuildingEnergyManagementSystem,BEMS)、

高効率蒸気ボイラー、ヒートポンプ給湯器及びLED照明器具を導入し、省エネの有効性を検証する。

プロジェクト実施者:NEDO(日比谷総合設備株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレーに委託)

クレジット発行量:261t

 

──────────────────────────────

≪お問合せ先≫

産業技術環境局 地球環境連携室長

担当:川口

TEL03-3501-1511

──────────────────────────────