伏木海陸運送/2018年6月期の売上高7.0%増、営業利益4.4%減 LNEWS 主な輸移入貨物は、ウッドチップ、石炭、コンテナ貨物、オイルコークス、工業塩、原木・製材、アルミ地金、鋼材等。輸移出貨物は、コンテナ貨物とロシア向け ...


伏木海陸運送/2018年6月期の売上高7.0%増、営業利益4.4%減
主な輸移入貨物は、ウッドチップ、石炭、コンテナ貨物、オイルコークス、工業塩、原木・製材、アルミ地金、鋼材等。輸移出貨物は、コンテナ貨物とロシア向け ...

神戸の街路樹でウッドチップ 伐採木材を活用


神戸の街路樹でウッドチップ 伐採木材を活用
神戸市の街路樹再整備事業で伐採されたクスノキを有効活用しようと、木材関連コンサル会社「シェアウッズ」(同市灘区)がウッドチップに加工、販売している。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
Bubby's の New York 本店から最新メニュー&サマースペシャルメニューが続々上陸中!
NYで使用しているのと同じアップルウッドチップの香りと肉に合わせてスパイをも9~15種類をブレンドし、スモークされたお肉は、極上の柔らかさと、ジューシーさ ...

かけるだけで木質チップが乾燥するシート、バイオマス燃料品質向上へ

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1802/26/news031.html 他の国内事例におけるTOPTEXの乾燥効果として、保管開始時水分約45%W.B(湿量基準含水率)だったチップが、TOPTEXを掛けずに保管していたチップは約70%W.Bまで上がったのに対し、TOPTEXを掛けて保管していたチップは約25%W.B.まで下がったことも報告されているという。

フォレストエナジー、和歌山県新宮市に木質バイオマス発電事業を計画 PR TIMES (プレスリリース) 本プラントは、年間約2万トンの未利用


本プラントは、年間約2万トンの未利用木質バイオマス資源を主に紀南地域から集材後、ウッドチップに加工して燃料として使用し、約1,800kWの電気(約3,900世帯分)及び 約2,800kWの熱を供給します。

熱を乾燥機の熱源として再利用することで乾燥コストを 低く抑えることができるうえ、伐採したての木材を燃料として使うことができます。

燃料供給元で乾燥工程を負担することなく、間伐材・低質材の流通量が増えるため、地域の 素材生産会社及び林業者を通じて森林整備を促進するとともに、地域経済の活性化に役立つものと考えております。

熱供給事業については今後協議を進めていきます。