日本企業の現状は“広く浅く”、SDGs本格化へ大事なこと ニュースイッチ Newswitch 持続可能な開発目標(SDGs)は目標17で企業や行政、市民社会のパートナーシップを求めている。実際にSDGs


持続可能な開発目標(SDGs)は目標17で企業や行政、市民社会のパートナーシップを求めている。実際にSDGsが接点となって新たなパートナーと出会い、ビジネスやイノベーションのチャンスが広がる事例が生まれている。SDGs研究の第一人者である慶応義塾大学大学院の蟹江憲史教授にパートナーシップの効果や日本のSDGsの方向性を聞いた。

 ―蟹江教授が所属する慶大SFC研究所(神奈川県藤沢市)は2018年6月、企業14社、自治体3団体と連携する「xSDGコンソーシアム」を立ち上げました。狙いは。

 「SDGsは進め方に決まった“型”はなく、自分なりの活動でも世界とつながる。このような活動は過去になく、企業はどう取り組んでいいのか戸惑っていた。そこで産学官の共同研究で優良事例を示すことが大事と感じた。また“やっているふり”が目につき、(うわべだけ取り繕った)“SDGsウォッシュ”の批判も出てきた。しっかりとした取り組みの基準も発信したいと思い、コンソーシアムを立ち上げた」

posted by Mark at 16:02SDGs